ここではドラマ「この世界の片隅に」に登場する近江佳代とその役を演じる榮倉奈々さんについて紹介しています。

ドラマ版の「この世界の片隅に」では現代パートがあります。

そこに登場するのが榮倉奈々さん演じる近江佳代です。

一体どんな役どころなのでしょうか。

榮倉奈々さんのプロフィールや役どころを紹介したいと思います。


スポンサーリンク


近江佳代役に榮倉奈々

現在(2018年)に呉を訪れ、すず(松本穂香)の生活した場所を回る近江佳代役を榮倉奈々さんが演じます。

榮倉奈々さんは1988年2月12日生まれのタレント、女優です。

2002年の中学3年生のときに渋谷の109前で、スカウトされて芸能界入りし、女性向けファッション誌「SEVENTEEN」の専属モデルになります。

2004年に放送されたドラマ「ジイジ〜孫といた夏」で、片岡あたる役を演じて女優デビュー。

この時にモデル事務所「アデッソ」から現在の事務所「研音」に移籍。

2006年放送されたドラマ「ダンドリ。〜Dance☆Drill〜」では、主人公の相川 要役を演じてドラマ初主演。

2007年に放送されたドラマ「プロポーズ大作戦」で、 奥エリ役を演じて「日刊スポーツ・ドラマグランプリ助演女優賞」を受賞。

2008年のNHK朝の連続テレビ小説「」では、一本木瞳役を演じて主演。

2009年には「セブンティーン夏の学園祭」にて「SEVENTEEN」のモデルを卒業を発表。

2010年に公開された映画「余命1ヶ月の花嫁」で、長島千恵役を演じて瑛太さんとW主演を務めました。

「余命1ヶ月の花嫁」で「日本アカデミー賞新人俳優賞」を受賞。

2011年公開の映画「アントキノイノチ」では、久保田ゆき役を演じて岡田将生さんとW主演。

「アントキノイノチ」は「モントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門」で、「イノベーションアワード」を受賞。

2014年放送のドラマ「Nのために」で、杉下希美役を演じ主演。

2015年公開の映画「娚の一生」では、堂薗つぐみ役で豊川悦司さんとW主演。

最近では、2018年6月8日公開の映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」で、安田顕さんとW主演を務めています。



榮倉奈々さんは「怪獣映画」が好きなようで、ハリウッド映画の「キング・コング」や東宝の「ゴジラ」シリーズのファンであるみたいです。

私生活では、2016年に「Nのために」で共演した賀来賢人さんと結婚

2017年6月には第1子を出産しています。

これまで数々の主演作品がある榮倉奈々さんですが、ドラマ「この世界の片隅に」では「現在」を生きる近江佳代役ではどんな演技を見せてくれるのか楽しみです。

出産を経て久しぶりにドラマに出演している姿を見れてうれしいです。


スポンサーリンク


近江佳代の役どころは?

近江佳代は2018年の現在に恋人の江口浩輔(古舘佑太郎)を誘い、「ある理由」で呉を訪れて、戦時中のすず(松本穂香)の生活を辿っていきます。

主人公のすずは幼い時には「広島県広島市江波」に住んでいましたが、幼少期(昭和9年)に「人さらい」に誘拐されて後に夫となる周作(松坂桃李)と出会い、周作の機転で「人さらい」から逃れます。

その後、昭和18年のある日、周作は友人との会話で「結婚」の話しをしている際にふとすずのことを思い出し、結婚をするならあの人と思います。

そして、その年の秋にすずに「嫁に来て欲しい」と周作が江波の実家を訪れ、すずと周作の結婚の話しが進んでいき、「呉」の周作の実家「北條家」に嫁ぐことになりました。

そこですずと周作の「結婚生活」と「北條家」の人々との生活を中心に物語が進んでいきます。



近江佳代は「現在(2018年)」で恋人の江口浩輔を誘って「呉」に向かい、訪れた「呉」で「北條家」を見つけて中に入っていきます。

何故か、佳代はすずの「櫛(くし)」を持っており、「決めた。私ここで暮らそうと思う」と言い出しました。

すずと佳代の関係は今のところ不明ですが、ストーリーが進むにつれて明らかになっていくと思います。

近江佳代というキャラクターはおそらく原作、アニメには登場した記憶は無いので、ドラマオリジナルのキャラクターになるかと思います。

近江佳代とすずとの関係、榮倉奈々さんの演技に注目です。


スポンサーリンク


ドラマ「この世界の片隅に」近江佳代についてまとめ

ドラマ「この世界の片隅に」の近江佳代とそれを演じる榮倉奈々さんを紹介しました。

現代パートとすずがどう繋がっていくのか、まだわかっていませんが、やはり佳代とすずが親族関係なのではないかと思われます。

そのあたりの予想については、「この世界の片隅に・佳代とすずの関係は?」で書いていますので合わせて読んでみてください。


周作役の松坂桃李さんの出演情報はこちら
松坂桃李ドラマ出演一覧!おすすめの作品は?