ここではNHK連続テレビ小説(朝ドラ)の歴代視聴率ランキングを紹介しています。

NHKが1961年から週6日、放送時間15分の枠で放送され続けてきた人気ドラマシリーズで、1983年に放送された「おしん」では、最高視聴率「62.9%」を記録した国民的ドラマとなりました。

そこで、ここではNHK連続テレビ小説(朝ドラ)の歴代視聴率をランキングで紹介したいと思います。


スポンサーリンク


朝ドラ歴代視聴率ランキング・ベスト10

順位 ドラマ名 平均視聴率 ヒロイン 放送時期
1位 おしん 52.6% 田中裕子 1983年
2位 繭子ひとり 47.4% 山口果林 1971年
3位 藍より青く 47.3% 真木洋子 1972年
4位 鳩子の海 47.2% 藤田美保子 1974年
5位 北の家族 46.1% 高橋洋子 1973年
6位 おはなはん 45.8% 樫山文枝 1966年
7位 旅路 45.8% 日色ともゑ 1967年
8位 あしたこそ 44.9% 藤田弓子 1968年
9位 澪つくし 44.3% 沢口靖子 1985年前期
10位 おていちゃん 43.0% 友里千賀子 1978年前期


「おしん」は、やはり平均視聴率も50%オーバーと圧倒的な数字を叩き出していました。

2位以下もトップ10まで40%超の視聴率で、1960年代から1980年代にかけての朝ドラの人気の高さが伺えるランキングでした。


スポンサーリンク


朝ドラ歴代視聴率ランキング・ワースト10

順位 ドラマ名 平均視聴率 ヒロイン 放送時期
1位 ウェルかめ 13.5% 倉科カナ 2009年
2位 つばさ 13.8% 多部未華子 2009年前期
3位 15.2% 榮倉奈々 2008年前期
4位 ちりとてちん 15.9% 貫地谷しほり 2007年後期
5位 だんだん 16.2% 三倉茉奈・三倉佳奈 2008年後期
6位 天花 16.2% 藤澤恵麻 2004年前期
7位 ファイト 16.7% 本仮屋ユイカ 2005年前期
8位 芋たこなんきん 16.8% 藤山直美 2006年後期
9位 わかば 17.0% 原田夏希 2004年後期
10位 純と愛 17.1% 夏菜 2012年後期


「ウェルかめ」が、ワースト1位とは意外な結果でした。

2000年代に入ってから、動画配信サービスが充実してきたことも朝ドラの視聴率低下の要因かも知れませんね。


スポンサーリンク


朝ドラ歴代視聴率ランキング・平成編

順位 ドラマ名 平均視聴率 ヒロイン 放送時期
1位 おんなは度胸 38.5% 泉ピン子・桜井幸子 1992年
2位 青春家族 37.8% いしだあゆみ・清水美砂 1989年前期
3位 ひらり 36.9% 石田ひかり 1992年後期
4位 京、ふたり 35.6% 山本陽子・畠田理恵 1990年後期
5位 ええにょぼ 35.2% 戸田菜穂 1993年前期
6位 凛凛と 33.9% 荻野目洋子 1990年前期
7位 和っこの金メダル 33.8% 渡辺梓 1989年後期
8位 かりん 31.4% 細川直美 1993年後期
9位 君の名は 29.1% 鈴木京香 1991年
10位 ふたりっ子 29.0% 岩崎ひろみ・菊池麻衣子 1996年後期


平成に入ってからのランキング1位は、「おんなは度胸」でした。

平成の視聴率ランキングも社会現象になるほどの人気を誇った作品ばかりですね。

個人的には、「ふたりっ子」の三倉茉奈さん、三倉佳奈さんが印象に残っています。

まとめ

朝ドラの歴代視聴率ランキングを紹介しました。

「平均視聴率総合トップ10」、「平均視聴率総合ワースト10」、「平成の平均視聴率トップ10」とそれぞれご紹介しましたが、どの視聴率を見ても今現在の民放を含めたドラマで、一桁台のドラマも軒並みある中、全て二桁台に入っていることで朝ドラの人気を改めて感じました。

ちなみに最新の「まんぷく」の平均視聴率は、「21.4%」(最終週前)でした。

2019年4月1日から始まる「なつぞら」が、どんな視聴率を叩き出すのかも楽しみですね。


朝ドラの歴代ヒロインをまとめました
朝ドラ歴代ヒロイン一覧(年齢も)最年長と最年少は?


スポンサーリンク