朝ドラ「わろてんか」あらすじ・キャスト・視聴率を紹介


ここでは、朝ドラ第97作目である「わろてんか」について、あらすじ・キャスト・視聴率をまとめて紹介しています。

葵わかなさん主演の「わろてんか」は、2017年10月2日~2018年3月31日の半年間にわたり全151回が放送されました。

脚本は、テレビドラマ「美女か野獣」「全開ガール」「カエルの王女さま」はじめ、映画「ホットロード」「アオハライド」「君の膵臓をたべたい」等、数多くの作品を担当している吉田智子さんです。

気になるあらすじやキャスト、視聴率などをまとめて紹介します。


スポンサーリンク


朝ドラ「わろてんか」ってどんなドラマ?あらすじを簡単に紹介

吉本興業の創業者である吉本せいさんをモデルにした、藤岡てんが主人公のドラマです。


時代は明治後期。

商人の町・大阪が画期盛んだったころ、この物語のヒロイン・藤岡てんは京都の老舗薬種問屋・藤岡屋で、厳格な父・藤岡儀兵衛、心優しい母・藤岡しずの長女として誕生しました。

小さなころから周囲を明るくする才能をもち、一度笑い始めると笑いが止まらなくなる笑い上戸でありましたが、ある日、父からその笑いを咎められ、笑うことを禁じられてしまいます。

そんな時、ひょんなことから出会った旅芸人・藤吉と仲良くなり、彼を愛するようになります。

父親の反対を受けたてんは、藤吉と駆け落ち同然で大阪へ。

藤吉の実家は、大阪船場の老舗米問屋・北村屋であり、彼は長男だったのです。

母親・北村啄子に女中扱いを受けながらも懸命に藤吉を支えるてんでしたが、藤吉が借金返済のために購入した電気式髪結い機が失敗に終わり「北村屋」は倒産。

てんは藤吉に「笑いを商売にしないか」と持ちかけ、風鳥亭を開業します。

二人の間に長男・隼也が生まれ、平穏で安定した毎日を過ごしていたてんでしたが、藤吉の事業欲はこれだけに留まりませんでした。

風鳥亭の看板芸人として、当代一の人気落語家・月の井団吾を出演させることに成功させた後、寄席を3か所に増やし、芸人を増やすことにも成功し、北村笑店として出発することとなりました。

その後、着々と寄せ、芸人を増やした藤吉は、道半ばにおいて脳卒中で倒れ帰らぬ人となります。

跡を継いだてんは女興行師てんとして、会社を切り盛りしますが、創立25周年の北村笑店祝賀パーティーにて息子である隼也を経営者に指名し、後継ぎとしての自覚を促します。

太平洋戦争が勃発した際もてんは寄席を続けますが、隼也ほか、芸人たちに赤紙が届き、北村笑店の解散を決めます。

終戦後、てんの姿は風鳥亭の焼け跡にありました。


スポンサーリンク


メインキャスト

北村てん・・・新井美羽、葵わかな

北村藤吉・・・大西啓翔、松坂桃李

武井風太・・・鈴木福、濱田岳

藤岡新一・・・千葉雄大

藤岡りん・・・中川江奈、堀田真由

秦野リリコ・・・広瀬アリス

川上四郎・・・松尾諭

キース・・・前田旺志郎、大野拓朗

アサリ・・・前野朋哉

寺ギン・・・兵動大樹

万丈目吉蔵・・・藤井隆

亀井庄助・・・内場勝則

喜楽亭文鳥・・・笹野高史

月の井団吾・・・波岡一喜

月の井団真・・・北村有起哉

お夕・・・中村ゆり

柳々亭燕団治・・・桂文枝

横山治平・・・西川きよし

伊能栞・・・高橋一生

藤岡しず・・・鈴木保奈美

北村啄子・・・鈴木京香

藤岡ハツ・・・竹下景子

藤岡儀兵衛・・・遠藤憲一


スポンサーリンク


スタッフ・主題歌

脚本・・・吉田智子

音楽・・・横山克

主題歌・・・松たか子「明日はどこから」

語り・・・小野文惠

視聴率は?

全話の平均視聴率は20.1%。初回視聴率は20.8%、最終回は20.5%でした。

【平均視聴率】20.1%
1週目・・・20.8%
2週目・・・19.4%
3週目・・・18.8%
4週目・・・20.4%
5週目・・・20.0%
6週目・・・20.0%
7週目・・・20.5%
8週目・・・19.6%
9週目・・・20.2%
10週目・・・20.0%
11週目・・・20.9%
12週目・・・20.2%
13週目・・・20.1%
14週目・・・18.4%
15週目・・・19.4%
16週目・・・20.2%
17週目・・・19.9%
18週目・・・21.0%
19週目・・・21.0%
20週目・・・20.5%
21週目・・・20.7%
22週目・・・20.2%
23週目・・・19.5%
24週目・・・20.5%
25週目・・・19.9%
26週目・・・19.9%

まとめ

朝ドラ「わろてんか」のあらすじ、キャスト、視聴率を紹介しました。

明治後期~第二次世界大戦終了後、混乱の世にある大阪の人々を笑いで元気にしたいと願った吉本せいさんの波乱万丈な人生の幕開けから50歳過ぎまでという長い人生を若干18歳という年齢で演じた葵わかなさん。

脇を固めた共演者もみなそれぞれに魅力的な人物像になっていた、見応えたっぷりの朝ドラでした。

吉本興業所属の芸人さんを楽しみに視聴された方も多かったのではないでしょうか。