朝ドラ「あさが来た」あらすじ・キャスト・視聴率を紹介


ここでは、朝ドラ第93作目である「あさが来た」について、あらすじ・キャスト・視聴率をまとめて紹介しています。

波瑠さん主演の「あさが来た」は、2015年9月28日~2016年4月2日までの半年間にわたり全156回が放送されました。

脚本は、テレビドラマ「カバチタレ!」「きみはペット」「不機嫌なジーン」「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」「未解決の女 警視庁文書捜査官」ほか、映画「恋文日和」「2番目の彼女」等で監督としても活躍する大森美香さんです。

気になるあらすじやキャスト、視聴率などをまとめて紹介します。


スポンサーリンク


朝ドラ「あさが来た」ってどんなドラマ?あらすじを簡単に紹介

女だてらに相撲が大好きだという少女・今井あさが主人公。

穏やかな江戸時代が過ぎ去ろうとしていた慶応元年、お転婆な15歳の乗除へと成長したあさは、姉・はつの結婚が決まり、気もちは複雑なまま、時間ばかりが過ぎていました。

それというのもあさの許嫁である大阪でも指折りの両替屋の息子・白岡新次郎から、何日待っても恋文の返事が届かなったのです。

そのころ、新次郎はあさのことを思いやるような余裕はなく、重篤だった兄が急逝したことで、あさとの祝言を延期にして欲しいとあさの両親に申し出るのでした。

その半年後、あさと新次郎はめでたく祝言を挙げ、晴れて夫婦となりますが、新次郎は道楽三昧。

あさは新次郎に代わって両替屋を切り盛りしますが、時代の波には勝てず、いつしか両替屋は火の車に…。

そんなある日、新次郎がもらした「これからは炭鉱の時代がくるらしいで」のひと言にあさはひらめくものがあり、九州に向かいますが、待ち受けていた男どもはお酒を飲むばかりでまったく働こうとしません。

嫁いだ両替屋が倒産し、夜逃げ同然だった姉・はつと再会したあさは姉夫婦に援助をも申し出ますが、姉はそれを拒否し、自分たちの力で再興すると誓うのでした。

ひょんなことから五代友厚と知り合ったあさは、銀行経営を引き受け、数多くの女性行員を育成していきます。

あさの頑張りを見ていた新次郎も、ようやく重い腰を上げ、あさと一緒に仕事を始めるようになります。

一人娘を嫁がせたあさは、日本最初の女子大学校(日本女子大学校)、現在の日本女子大学の設立を決意し、発起人の一人となります。

明治を駆け抜けた活発な少女・あさは、大正8年、69歳で短くも濃い人生を閉じています。


スポンサーリンク


メインキャスト

この投稿をInstagramで見る

#あさが来た#波瑠 #おもしろかった

渡辺正弘さん(@mshr0308)がシェアした投稿 –

今井(白岡)あさ・・・鈴木梨央、波瑠

今井(眉山)はつ・・・守殿愛生、宮﨑あおい

今井梨江・・・寺島しのぶ

今井忠興・・・升毅

今井忠政・・・林与一

今井久太郎・・・二宮輝生、興津正太郎
うめ・・・友近

ふゆ・・・清原果耶

白岡新次郎・・・南出凌嘉、玉木宏

白岡正吉・・・近藤正臣

白岡よの・・・風吹ジュン

山本雁助・・・山内圭哉

眉山惣兵衛・・・柄本佑

眉山菊・・・萬田久子

眉山栄達・・・辰巳琢郎

五代才助(五代友厚)・・・ディーン・フジオカ

萬谷与左衛門・・・ラサール石井

玉利友信・・・笑福亭鶴瓶

福沢諭吉・・・武田鉄矢

渋沢栄一・・・三宅裕司

成澤泉・・・瀬戸康史

大隈重信・・・高橋英樹

大隈綾子・・・松坂慶子

土方歳三・・・山本耕史


スポンサーリンク


スタッフ・主題歌

脚本・・・大森美香

音楽・・・林ゆうき

主題歌・・・AKB48「365日の紙飛行機」

語り・・・杉浦圭子

視聴率は?

全話の平均視聴率は23.5%。初回視聴率は21.2%、最高視聴率は27.2%、最終回は24.7%でした。

【平均視聴率】23.5%
1週目・・・20.3%
2週目・・・20.2%
3週目・・・21.4%
4週目・・・22.3%
5週目・・・22.8%
6週目・・・23.1%
7週目・・・24.0%
8週目・・・24.0%
9週目・・・23.8%
10週目・・・25.2%
11週目・・・24.3%
12週目・・・24.3%
13週目・・・24.1%
14週目・・・23.4%
15週目・・・23.3%
16週目・・・24.5%
17週目・・・24.7%
18週目・・・23.7%
19週目・・・24.8%
20週目・・・23.3%
21週目・・・24.4%
22週目・・・24.2%
23週目・・・24.1%
24週目・・・23.7%
25週目・・・23.5%
26週目・・・24.7%

まとめ

朝ドラ「あさが来た」のあらすじ、キャスト、視聴率を紹介しました。

主人公は、明治を代表する実業家であり、教育者、社会運動家としても活躍した広岡浅子さんです。

女に教育は不要といわれた時代に生まれた浅子さんですが、女性の身だしなみとされた裁縫や生け花よりも学問を愛した女性だったそう。

このドラマでブレイクを果たしたディーンフジオカさんは、今や飛ぶ鳥を落とす勢いですが、もうすぐ映画「記憶にございません!」「エンジェルサイン」公開予定です。