朝ドラ「マッサン」あらすじ・キャスト・視聴率を紹介


ここでは、朝ドラ第91作目である「マッサン」について、あらすじ・キャスト・視聴率をまとめて紹介しています。

玉山鉄二さん主演の「マッサン」は、2014年9月29日~2015年3月28日までの半年間にわたり全150回が放送されました。

劇団昭和芸能舎を主宰し、映画「パッチギ!」「フラガール」「極道めし」ほか、テレビドラマ「とんび」「ダブルフェイス」「昭和元禄落語心中」「スパイラル~町工場の奇跡~」「白い巨塔」など、数々の作品を手がけている羽原大介さんが脚本を担当しています。

気になるあらすじやキャスト、視聴率などをまとめて紹介します。


スポンサーリンク


朝ドラ「マッサン」ってどんなドラマ?あらすじを簡単に紹介

物語は、平塚らいてうさんや市川房枝さんたちが新婦人協会を結成した大正9年。

主人公・亀山政春(玉山鉄二)はウイスキーの醸造技術学ぶために訪れていたスコットランドでその後妻となるエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)と出会い、結婚します。

エリーを連れて実家のある広島に戻り、両親・亀山政志(前田吟)早苗(泉ピン子)の反対を受け、職場「住吉酒造」のある大阪で新婚生活を始めることとなりますが、「住吉酒造」は経営不振のため、ウイスキー製造を断念。

退職に追い込まれた政春でしたが、「住吉酒造」の取引先社長・鴨居欣次郎(堤真一)に誘われ入社を決意し、亀山酒造の職人・八澤俊夫(八嶋智人)を呼びよせます。

ウイスキーづくりの拠点となる山崎工場が落成し、何かもがうまくいっていた政春とエリーでしたが、エリーが階段から落ちて流産。

医師から、エリーは子どもができにくい身体だと知らされた2人は悲しみに打ちひしがれる日々をおくりますが、前向きに生きることを決心し、養女・エマを迎えます。

山崎工場が稼働し平穏な日々でしたが、鴨井酒造にも不況の波が押し寄せ、鴨井と政春の間に亀裂が入り、政春はウイスキー製造者から営業へと部署の異動を命じられ、北海道へと営業に出かけます。

その北海道で出会った余市のニシン漁師・森野熊虎(風間杜夫)と余市の土地柄が、その後の政春の人生を変えたといっても過言ではありません。

政春は余市がウイスキー製造に適した地だと知り、もう一度ウイスキー製造の夢を実現しようと心に決め、鴨居に退職届を提出し、エリーとエマを連れて余市に向かいます。

余市では森野たちの協力を受け、納得のいくウイスキーを製造しようと模索しますが、なかなかうまくいきません。

そんなある日、広島から父と姉が訪ねてきます。

父から「肝をつかめ」とのアドバイスを受け、出資者たちから熱望された国産3級ウイスキー「余市の唄」が完成します。


スポンサーリンク


メインキャスト

亀山政春・・・神先朔也、南部綜汰、玉山鉄二

亀山エリー・・・エマ・バーンズ、シャーロット・ケイト・フォックス

亀山エマ・・・木南晴夏

亀山早苗・・・泉ピン子

亀山政志・・・前田吟

岡崎千加子・・・西田尚美

亀山すみれ・・・早見あかり

八澤俊夫・・・八嶋智人

島爺・・・高橋元太郎

和尚・・・神山繁

田中大作・・・西川きよし

田中佳代・・・夏樹陽子

田中優子(藤岡)・・・相武紗季

守谷長五郎・・・中村嘉葎雄

佐渡・・・佐川満男

藤岡正太郎・・・国広富之

森野熊虎・・・風間杜夫

森野ハナ(八澤)・・・荒田悠良、小池栄子

上杉龍之介・・・北大路欣也

鴨居英一郎・・・三澤瑠斗、浅香航大

黒沢・・・志賀廣太郎

鴨居欣次郎・・・堤真一


スポンサーリンク


スタッフ・主題歌

脚本・・・羽原大介

音楽・・・富貴晴美

主題歌・・・中島みゆき「麦の唄」

語り・・・松岡洋子

視聴率は?

全話の平均視聴率は21.1%。初回視聴率は21.3%、最終回は22.9%でした。

【平均視聴率】21.1%
1週目・・・21.3%
2週目・・・20.4%
3週目・・・20.6%
4週目・・・20.9%
5週目・・・20.0%
6週目・・・20.3%
7週目・・・20.4%
8週目・・・19.3%
9週目・・・19.9%
10週目・・・19.7%
11週目・・・19.1%
12週目・・・20.8%
13週目・・・20.5%
14週目・・・20.2%
15週目・・・20.4%
16週目・・・20.7%
17週目・・・21.8%
18週目・・・22.8%
19週目・・・22.2%
20週目・・・22.2%
21週目・・・21.9%
22週目・・・22.2%
23週目・・・22.6%
24週目・・・23.5%
25週目・・・22.9%

まとめ

朝ドラ「マッサン」のあらすじ、キャスト、視聴率を紹介しました。

朝ドラで男優が主演するのは1995年度下期に放送された「走らんか!」以来、19年ぶりだったそうです。

外国人のヒロインは「マッサン」が初めてでした。

この朝ドラのモデルはニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝氏とその妻であるリタさん。

「マッサン」はリタさんが政孝さんをマッサンと呼んでいたことに由来します。

朝ドラ「マッサン」は連続テレビ小説シリーズ最後のテープ収録となった作品です。


朝ドラの歴代ヒロインをまとめました!
朝ドラ歴代ヒロイン一覧!年齢が最年長と最年少のキャストは?