朝ドラ「カーネーション」あらすじ・キャスト・視聴率を紹介


ここでは、朝ドラ第85作目である「カーネーション」について、あらすじ・キャスト・視聴率をまとめて紹介しています。

尾野真千子さん主演の「カーネーション」は、2011年10月3日~2012年3月31日までの半年間にわたり全151回が放送されました。

このドラマの原案は、コシノヒロコ・ジュンコ・ミチコの「コシノ3姉妹」を育てた小篠綾子さんの生涯を実話にしたフィクションストーリーです。

気になるあらすじやキャスト、視聴率などをまとめて紹介します。


スポンサーリンク


朝ドラ「カーネーション」ってどんなドラマ?あらすじを簡単に紹介

物語は、大正13年9月、岸和田だんじり祭に向かう父・小原善作を見送る場面から始まります。

大正2年、岸和田の呉服商でひとりの女の子が生まれました。

その女の子がこの家の長女・糸子です。

だんじりでにぎわう町に生まれましたが、女の子が参加できない不自由さを感じながら育った糸子は「女性だけにしかできないこと」を探し、裁縫の道を見つけ出します。

ある日、ふとしたことで運命のミシンに出会った糸子は、父の反対を押し切り、女学校を中退。

枡谷パッチ店・店主にミシン修行をしたいと頼み込み、修行を開始します。

約2年の修行を終えた糸子は、20歳で夢に見た洋装店を開店。

服を作る楽しみに充実感を覚えつつ、店を切り盛りする毎日をおくります。



22歳になった糸子。

父の勧めた結婚相手・川崎武一と結婚をし2人の娘をもうけ幸せな日々を過ごしますが、3人めの子どもを妊娠中に、夫に召集令状が届き、出征。

夫は帰らぬ人となります。

女手ひとつで3人の娘を育てなければならなくなった糸子でしたが、持って生まれた才覚を発揮し、徐々に店を大きくしていきます。

終戦を終え、ようやく岸和田界隈も落ち着きを取り戻してきた頃、糸子は運命の相手に出会います。

紳士服職人・周防龍一と泉州繊維商業組合で顔を合わすうち惹かれあう間柄になり、糸子が周防に「好きです」と告白。

周防も糸子の想いに応えますが、周防には長崎に残してきた妻子がいたため、2人は不倫関係になります。

周囲の反対を押し切り、糸子は隣町に周防の店を開店。



糸子の影響を受けながらすくすくと育った3人の娘は、それぞれに独立し、三人三様の個性が光るブランドを立ち上げます。

3人の娘を育て上げ、74歳にて自身のブランドを立ち上げた糸子は、92歳で脳梗塞に倒れます。

2006年3月26日、糸子永眠。


スポンサーリンク


メインキャスト

小原糸子・・・二宮星、尾野真千子、夏木マリ

小原善作・・・小林薫

小原千代・・・麻生祐未

小原ハル・・・正司照枝

小原静子・・・柳生みゆ

小原清子・・・坂口あずさ

小原光子・・・杉岡詩織

小原勝(川崎武一)・・・駿河太郎

長女 優子・・・新山千春

次女 直子・・・川崎亜沙美

三女 聡子・・・安田美沙子

松坂清三郎・・・宝田明

松坂貞子・・・十朱幸代

安岡玉枝・・・濱田マリ

安岡泰蔵・・・須賀貴匡

安岡勘助・・・吉岡竜輝、尾上寛之

安岡八重子・・・田丸麻紀

桝谷幸吉・・・トミーズ雅

木之元栄作・・・甲本雅裕

北村達雄・・・ほっしゃん。

周防龍一・・・綾野剛

花村喜一・・・國村隼

三浦平蔵・・・近藤正臣


スポンサーリンク


スタッフ・主題歌

脚本・・・渡辺あや

音楽・・・佐藤直紀

主題歌・・・椎名林檎「カーネーション」

語り・・・尾野真千子、夏木マリ

視聴率は?

全話の平均視聴率は19.1%、最高視聴率は25.0%でした。

まとめ

朝ドラ「カーネーション」のあらすじ、キャスト、視聴率を紹介しました。

「コシノ3姉妹」の母・小篠綾子さんの生涯をもとにつくられたドラマでしたが、このドラマでお母さんがファッションデザイナーだと知った方も多かったのではないでしょうか。

74歳で自身のブランド「アヤコ・コシノ」を立ち上げ、94歳で亡くなるまで現役のデザイナーとして活躍されました。

ちなみに、朝ドラ「カーネーション」は綾子さんが亡くなった後の放送となっています。


朝ドラの歴代ヒロインをまとめました!
朝ドラ歴代ヒロイン一覧!年齢が最年長と最年少のキャストは?