ここでは、ドラマ「トレース科捜研の男」10話のあらすじをネタバレで紹介しています。

10話では、真野が真相を追う「武蔵野一家殺人事件」に関係する人物が現れます。

一方、虎丸は真野に武蔵野一家殺人事件について協力を申し出ます。

ここでは「トレース科捜研の男」10話のあらすじをネタバレで紹介します。



スポンサーリンク


トレース科捜研の男10話あらすじネタバレ

元テニスプレーヤーの原田恭一(上杉柊平)が歩道橋から転落死しました。

原田は2年前にライバルだった春日部芳彦(柾木玲弥)の食事に禁止薬物を混入して実業団チームから解雇されていました。

早川(萩原聖人)はその実業団チームのオーナーである佐保優作(袴田吉彦)が自分の教え子だと言うのです。

しかも新妻と一緒に真野の兄をいじめていた主犯グループの一人だと。

佐保は高校卒業後クラスメイトとの交流を一切絶っており、そのことが早川は引っかかっていました。



虎丸(船越英一郎)から、真野が武蔵野一家殺人事件でただ一人生き残ったことを聞いたノンナ(新木優子)は真野のことが気になっていました。

そんな時、虎丸が科捜研にやって来ました。

虎丸は新妻の件が気になっており、もし武蔵野一家殺人事件と関連があるなら真相を突き止めたいと言うのです。

それを聞いたノンナは真野(錦戸亮)に協力を申し出ますが、真野に「お前には関係ない」と言われてしまうのでした。



新妻の事件に打ち切り命令が出たことを知った真野は虎丸に協力を頼むことにしました。

そしてノンナを部屋から追い出した上で、虎丸に兄のいじめの首謀者である佐保のことを調べて欲しいと依頼。

さらに姉の司法解剖を担当した解剖医の島谷正和の行方を探していることを話しました。



虎丸の調べで佐保は四葉食品の現会長の娘と結婚して社長に就任していることがわかりました。

さらに虎丸は原田の捜査資料を真野に見せました。

原田はドーピング事件で世間から激しくバッシングされ、精神的に追い詰められて薬に手を出していました。

そのため薬物中毒で歩道橋から転落したものと警察は見ていました。

しかし、この事件も打ち切り命令が出ていました。



真野のことが気になるノンナは一人で原田の事件を捜査することにしました。

すると原田が歩道橋から転落する前に工場の跡地にいたことが判明。

工場跡地でテニスのトレーニング中に毒物が混入されたゼリーを口にしてショック状態に陥り、歩道橋から転落したことがわかりました。

原田と一緒に居た女性が毒物を飲ませており、その女性は佐保から依頼されて犯行に及んだのでした。



実は2年前、ドーピングをしたのは春日部自身でしたが、佐保が肩を故障していた原田に大金を支払う代わりに罪をかぶるように命じて原田はそれを受け入れたのでした。

春日部は原田を犠牲にしたという事実がプレッシャーとなっていました。

その苦しみから解放されたいとずっと思っていたと言うのです。

本当の王者の資格を持っているのは原田だったと悲しむのでした。

春日部は謝罪会見を開いて全てを打ち明け、テニスを引退することを決意しました。



虎丸は解剖医の島谷の居場所を突き止めました。

そこで真野は海塚と一緒に島谷に会いに行くことにしました。

島谷から姉のお腹にいた胎児の絨毛を受け取った真野はその絨毛のDNA鑑定をすることに。

すると両親と姉を殺害した人物が姉のお腹の中にいた子供の父親の可能性が高いことが明らかになるのでした。

それが佐保かもしれないと思った真野は佐保から話を聞くことにしました。

しかし、佐保が遺体で見つかってしまうのでした。


最終回のあらすじはこちら
トレース科捜研の男最終回あらすじネタバレ!真犯人は誰?事件の真相は?


関連記事
トレース科捜研の男キャスト!真野の兄・義一役は?姉・仁美役は?礼二の幼少期は?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「トレース」10話のあらすじをネタバレで紹介しました。

10話ではついに真野と壇(千原ジュニア)が対面します。

武蔵野一家殺人事件の鍵を握っているはずの壇は真野をどうするつもりなのでしょうか。

虎丸の協力を得た真野は真相にたどり着けるのでしょうか…。





キャスト情報!