ここでは、ドラマ「トレース科捜研の男」9話のあらすじをネタバレで紹介しています。

9話では、真野が真相を追う「武蔵野一家殺人事件」で新たな展開が。

一方、虎丸は以前逮捕した富樫という男が被疑者となっている事件を担当することに。

ここでは「トレース科捜研の男」9話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


トレース科捜研の男9話あらすじネタバレ

真野(錦戸亮)は亡くなった姉が妊娠していたことを知ります。

早川(萩原聖人)が何か知っているかもしれないと尋ねるが、何も知らないと言われてしまいます。

早川はもう自分たちの力だけではどうにもならないと真野を説得しますが、真野は警察は信用できないと答えるのでした。



ある日、胡桃沢綾乃(美山加恋)という女性が自宅のアパートで遺体で発見されました。

死因は鈍器で殴られたことによる脳挫傷で、凶器は見つかっていませんでした。

頬には傷があり、さらに被害者の携帯などからは血液の付いた指紋が残っていました。

被疑者として浮上したのは綾乃の元恋人の富樫康太(和田正人)。

富樫は傷害致死罪で7年間服役し、おととい仮出所したばかりでした。



富樫は7年前に就職した会社が暴力団と繋がりがあり、利権争いをしていた相手から暴行を受けた際にその中の一人を刺してしまったのでした。

さらに富樫を逮捕したのは虎丸(船越英一郎)だったのです。

綾乃には関口章太郎(長田成哉)という婚約者がいたために痴情のもつれによる犯行だと見られていましたが、虎丸は納得できずにいました。



真野が鑑定をすると綾乃の着衣にバラの花粉が付いていたことがわかりました。

頬の傷はバラの棘によってつけられたものでした。

さらに富樫が黄色いバラの花束を購入していたことも発覚。

それでも虎丸は富樫の犯行とは思えずにいました。



そんな中、富樫が暴行事件を起こしたという通報が入ります。

さらに虎丸の携帯に富樫から電話がかかってきました。

富樫は「俺も奴らに殺される」と言った後に電話が切れてしまいました。



真野が調べる中で、頬の傷は富樫が購入したバラとは違うもので付けられたことが判明しました。

さらに暴行事件も濡れ衣であったことがわかりました。

そこへ再び富樫から連絡が入り、「これからケリをつけてくる」と言うのです。

富樫は自分のせいで綾乃が殺されたと考えていました。

そんな富樫に対して真野は「復讐したいなら好きにすればいいが、もし犯人だという確かな証拠がないのなら罪のない人間の命を奪うことになる」と忠告します。

さらに富樫が犯人ではないと証明するために現場で見たことを教えて欲しいと言うのでした。

しかし、途中で電話が切れてしまいます。



真野が臨場すると、富樫が綾乃の部屋を訪れた時に犯人が部屋に隠れていたことがわかりました。

そしてクローゼットの扉についていた皮脂と関口のDNAが一致しました。

綾乃と関口は付き合っておらず、関口の一方的な片想いだったのです。

関口は富樫に一途で自分に振り向いてくれない綾乃に嫉妬心を抱き、殺害してしまったのです。

綾乃がずっと自分のことを待っていてくれたことを知って、富樫は涙を流すのでした。



10話のあらすじはこちら
トレース科捜研の男10話あらすじネタバレ!武蔵野一家殺人事件の真実は?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「トレース」9話のあらすじをネタバレで紹介しました。

虎丸と真野のコンビは回を増すごとに良くなっていますよね。

虎丸も8話では優しさを見せるなど、新たな一面を見ることができました。

いよいよ、物語も佳境にはいってきました。

気になる武蔵野一家殺人事件の真相はいつ分かるのでしょうか。


9話の動画を無料視聴する方法とは?
トレース科捜研の男・動画9話を無料で視聴する方法を紹介!




キャスト情報!