ここでは、ドラマ「トレース科捜研の男」2話のあらすじをネタバレで紹介しています。

2話では、大学病院の外科医が殺害される事件が発生します。

その事件に関するDNA照合を依頼された真野と沢口。

事件現場で目撃された男性の血痕と一致すれば解決だったのですが…。

ここでは「トレース科捜研の男」2話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


トレース科捜研の男2話ネタバレ・動画を投稿した犯人は?

東凛大学病院の外科医である真田和寿(名高達男)が何者かに殺害される。

事件が起きたのは真田の教授就任を祝うパーティーでのことだ。

娘の有里(関めぐみ)は父親の殺害現場から去っていく、ウェイター姿の男を目撃していた。

真田の首には刃物を突き付けられたような傷があり、男の逃走経路には血痕が残ってた。

さらにバルコニーの手すりには真田の靴の跡があったことから、犯人は真田にナイフを突きつけたが抵抗されて傷を負い、バルコニーを乗り越えて逃げようとした真田を突き落としたのではないかと考えられる。



虎丸(船越英一郎)は防犯カメラの映像から宮永(篠原篤)を拘束。

しかし現場から採取された血液と宮永のDNAを照合したところ、結果は不一致だった。

宮永は誤認逮捕だとして釈放されるのだった。

上層部から呼び出された虎丸は1週間で犯人を捕まえられなけれればチームを解散すると言われて焦る。



そこで特捜が独自のDNAデータべースを持っていることを知っている虎丸は、ウェイターの制服のDNA検査を特捜の知り合いに依頼するのだった。

結果新しく岸田という男が捜査線上に上がる。

ところが、岸田には最近ついたような傷が無く、血痕は岸田のものではなかった。

そこで真野が岸田の身体検査をした写真を虎丸から見せてもらうと、腹部に手術をしたような傷が残っているのを発見する。

そして宮永が過去に岸田から骨髄移植をうけたことを掴む。

最初にDNAが一致しなかったのはこのためだったのだ。



さらに宮永が過去に入院していた病院に真田が勤務していたことも判明。

宮永には当時恋人がいたが、その恋人が宮永のお見舞いに向かう途中に事故に遭って同じ病院に運ばれてくる。

その担当医が真田だったのだ。

当初命に関わるようなものではないと説明を受けが、恋人は容態が急変して亡くなってしまっていた。



宮永はその恋人の死にずっと疑問を持っていた。

そして宮永はある真実を掴む。

有里は元々心臓が弱くて移植の順番を待っていた。

宮永の恋人は骨髄移植のドナー登録をしていたことから、真田はもしその恋人が亡くなったら有里が移植を受けられるかもしれないと考え、免疫抑制剤を投与して殺してしまうのだった。

そのことから宮永は真田に恨みを持っていた。



宮永が真犯人であることがわかった虎丸らは、宮永の自宅に向かうが不在。

自宅に有里の写真が多数あったことから次のターゲットが有里であることを掴む。

そして虎丸から連絡を受けた真野らが、有里の勤務する病院に急いで向かった。



宮永は有里を見つけて首を閉めようとしますが、有里が心臓発作を起こしてしまいます。

もし有里を殺してしまったら恋人も自分が殺すことになるかもしれないと思った宮永はその手を止めるのだった。

こうして有里は助かる。



しかし、全ての真実を知った有里はショックを受ける。

ノンナはこれで良かったのかと悩みますが、そんなノンナに真野は遺族は真実を知らなければ前に進めないと伝えるのだった。


宮永の恋人役を演じている人物は、あのドラマにも出演していた!
トレース科捜研の男2話キャスト!被害者の娘や犯人役は?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「トレース科捜研の男」2話のあらすじをネタバレで紹介しました。

2話ではDNAが一致しないというところから、まさかの「キメラ」という存在が出てきて驚きました。

また、犯人にも殺害する動機があり、それはある意味では間違えていないことで、とても複雑な気持ちになりました。

しかし、真野の最後の言葉がとても的を得ていて、有里は救われていましたね。

沢口とのコンビも徐々に良くなっていて、面白くなってきました。


2話のラストに真野が言った言葉は?
トレース科捜研の男・動画2話を無料で視聴する方法を紹介!




キャスト情報!


スポンサーリンク