ここでは、ドラマ「イノセンス冤罪弁護士」最終回のあらすじをネタバレで紹介しています。

最終回では、楓を刺した男が自首をしてきます。

拓は、その男から接見室で11年前の被害者を殺したのは自分だと言われます。

果たして、11年前の真相は明らかになるのでしょうか。

真犯人は誰だったのでしょうか。

ここでは「イノセンス」最終回のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


イノセンス最終回あらすじネタバレ

元理工学部で3年の時ときに法学部に転身した経歴を持つ黒川拓(坂口健太郎)は、父親が無実の罪で収監されて獄死した過去を引きずっている。

拓をかばって楓(川口春奈)が刺される事件が、拓が追い続けていた11年前の真相がついに結びつくのだった。



拓に協力するテレビ局員の聡子(市川実日子)は殺された京香と殺人容疑者である富士田のSNSの共通の友達「KooZ」が11年前に殺された彩花と自殺した浅間の両方のブログにコメントを残していたことに気付く。

「KooZ」のSNS画像に被害者の傷と同じ形を模した勾玉の模様があるのを秋保(藤木直人)は見た。

勾玉を英語で表すと「アポストロフィー」であり、所有者を表し、「アポストロフィー」に酷似していることから被害者は自分の所有物だという犯人のメッセージであり、主張なのかもしれないと推測したのだった。



そんな中、楓を刺した男、神津一成(武田真治)が自首するのだった。

拓は、神津が京香の通っていた大学の職員で、読みの「こうづ」が「KooZ」に似ていることが偶然ではないと感じて接見するのであった。

翌日、接見室での何気ない会話に11年前の事件との関係を匂わせていた神津は、立会いの警察官の隙を見図り、席を外した警察官を狙って、今回の二つの事件と11年前の事件の被害者を殺したのは自分だと拓にささやいた。



神津を真犯人と決定つける証拠が見つからないことに、苛立ちを感じていた拓は11年前の捜査に当たっていた元刑事である草津(佐藤B作)に出会う。

遺留品であるタバコの吸い殻が、浅間の喫煙者でなかったための証拠として採用されなかった事実を知った。

拓は地裁に証拠品の開示と再審を要求するのだが、吸い殻が第三者による偽装工作だと言い、反論を逆手にとる秋保は、検察側が富士田の犯行の根拠にしている状況証拠についても同様の危ういと指摘するのである。



そして、法廷に現れた真(草刈正雄)が見守る中、弁護側証人として神津が証言台に立って、DNAが神津であるもの、事件現場付近の監視カメラに映る姿、言い逃れができない神津は開き直った態度で犯行を認める。

日本の警察や検察の問題、罪をきせる人間を選び計画的に犯行を及んだと法廷はざわつきを始めたのだった。

拓は免罪の苦しみを誰よりも分かっていたはずの神津が他人に罪を着させ、反省しない神津に激しくぶつかる。

そして拓が主尋問が終えた後、真が11年前の事件の担当検察として手を上げる。

真は明らかになった真実をかつて自分が有罪を主張したことで無実の浅間を自殺に追い込んだ過ちを心から謝罪する。

拓は込みあがる思いを胸に改めて富士田と自殺した浅間の無実を主張する。

裁判を終えて、積年の心のつかえが取れながらも帰ってこない被害者の事実に、モヤを抱えたままの拓に秋保は亡くなった妹と浅間の死が解決できて救われたと話した。

真は検察の請求権を使い、11年の前の事件を再審を決意する。

立場を心配する指宿(小市慢太郎)に「過ちを正す必要がある」とこたえた。



数日後、裁判の結果を受けて、刑事の依頼が殺到し、石和(赤楚衛二)と穂香(趣里)は拓の特集番組を作る準備をする。

一方、秋保は民間の科学捜査機関の立ち上げ、拓と楓は次の仕事に一歩踏み出すのだった。


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「イノセンス」最終回のあらすじをネタバレで紹介しました。

11年前の真犯人があっさり出てきたことには意外でしたが、それよりも拓の父親の態度が変わったことが意外でした。

2人の関係に溝があったのはやはり裏で後ろめたい気持ちが真にあったのかもしれません。

秋保と拓の関係もスッキリできて最終回としてはきれいな終わり方だったのではないでしょうか。





「イノセンス冤罪弁護士」キャスト情報!



スポンサーリンク