ここでは、ドラマ「イノセンス冤罪弁護士」1話のあらすじをネタバレで紹介しています。

「イノセンス」は冤罪事件を取り扱ったドラマです。

冤罪とは、無実にもかかわらず犯罪者として扱われてしまうことです。

1話では警察に脅迫され自白を強要された人物を助けるため、弁護士・黒川拓が問題を解決していきます。

ここでは「イノセンス冤罪弁護士」1話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


イノセンス冤罪弁護士1話ネタバレ

保駿堂法律事務所で刑事事件を担当する、若手弁護士の黒川拓(坂口健太郎)は日本の司法制度の下では異例の3年で5件もの逆転無罪を勝ち取っている凄腕弁護士。

冤罪事件に関心を持っている報道ディレクター・有馬聡子(市川実日子)から取材の依頼を受けるも、取材嫌いの拓はそれをドタキャンしてしまいます。

大手事務所をクビになり、ひと月前から保駿堂法律事務所で働く新米弁護士の和倉楓(川口春奈)は事務所の物置に住み着いている変わり者である拓の独特のペースに振り回されてストレスが溜まっていました。



そんな中、依頼人の阿蘇恵美子(中島ひろ子)が事務所を訪ねて来ます。

恵美子の夫である重雄(吉田栄作)は自宅に放火をした容疑で逮捕された後、犯行を自白。保険金目当ての犯行だと見られていますが、恵美子は夫の犯行とは思えないと言うのです。

早速、拓と楓は重雄に話を聞くことに。

重雄は5年前に10歳で亡くなった息子である幸雄(岩田琉聖)の部屋に放火したと見られていました。

しかし、それは全て警察が考えたもので、重雄は虚偽の自白をさせらたと言うのです。

拓が現場となった阿蘇の自宅を訪れると、集まって来た小学生たちから「幸雄の呪い」で火事が起きた、と気になることを言われます。

幸雄は廃工場で花火をしていた際の失火が原因で亡くなっており、そのために「幸雄の呪い」と言われていたのです。



そして迎えた公判初日。

重雄の取り調べをした刑事の下呂(阪田マサノブ)が証人として出廷します。

拓は弁護側証人尋問で警察によって強要された自白だとして下呂を問い詰めますが、下呂は真っ向から否定するのでした。

さらに下呂は重雄のことを挑発し、それに乗った重雄は法廷で暴れて心証を損なってしまうのでした。

拓と楓は改めて恵美子から話を聞くことにしました。

すると幸雄は生まれつき体が弱く、そのせいで学校でいじめられていたことを知ります。

息子の辛い思いを気付いてあげられなかったことに夫婦はずっと罪悪感を持っていました。

息子を守ってあげられなかったことをずっと後悔していたのです。



そして検察側証人尋問の日を迎えます。

検察側は弁護側が主張する1階の押入れにあったストーブからの失火を科学的に否定し、重雄の保険金詐欺による放火を主張するのでした。

拓は物理学科准教授の肩書を持つ偏屈な科学者・秋保恭一郎(藤木直人)の元を訪ね、事件と同じ状況で実験を行います。

そしてサバイバルゲームで使用された無線機の違法電波が原因でストーブが出火し、火災が起きたことを突き止めます。

子供達が言っていた「幸雄の呪い」とは、その違法電波によってテレビがついたり消えたりする現象のことでした。

さらに幸雄が亡くなった火災もそれが原因だったことがわかりました。

拓は警察、検察による不十分な捜査が重雄やその家族に多大な精神的苦痛を与え、家族の絆に危機を及ぼしたとして重雄の無罪を主張します。

そして見事に逆転無罪を勝ち取るのでした。

重雄たちは拓らに感謝し、息子との思い出の地を売って新たなスタートを切ることにしたのでした。


1話のキャスト情報はこちら
イノセンス冤罪弁護士1話キャスト!依頼人や被告・息子役は?


スポンサーリンク


1話の感想

美男美女が揃踏みでした。主人公役の坂口君は弁護士役には少し年齢が足りない印象をうけましたが、思っていたよりも好印象でした。脇をかためる藤木直人や川口春奈も好演していて見ていて違和感を受ける事なくドラマに入り込めました。


本来ならば無実の人に罪を被せること自体、あってはならないと思います。重雄の無罪を勝ち取った黒川も恐らく、複雑な思いだったはずです。今後も重雄の様に苦しんでいる人、困っている人が出てくるでしょう。黒川にはそんな人たちを一人でも多く、救ってほしいです。


冤罪を証明するために、現場検証や実験を行った結果、まったく関係のないことが原因だということがわかりました。今回はサバゲーが原因だったようですが、この現象が以前から起きていた時点で、何らかの対策があっても良かったのではないかと思いました。
それにしても、警察や検察側の偏った捉え方や、黒川弁護士の父親が言った言葉が気になりました。現実ではこういうことがないようにしてほしいものだと思います。証拠不十分で冤罪になってしまうケースはたあると思いますが、改めて問題の難しさを感じました。

スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「イノセンス冤罪弁護士」1話のあらすじをネタバレで紹介しました。

黒川拓のやり方に戸惑う和倉楓と完全サポートの城崎穂香。

2人の拓への対応がまったく違うところが非常に面白かったです。

拓と楓のコンビはこれからという印象でしたが、2人がどんな関係になっていくのかもドラマ内で注目していきたいと思います。