ここでは、ドラマ「イノセンス冤罪弁護士」9話のあらすじをネタバレで紹介しています。

9話では、11年前の事件と同じ刺し傷のある被害女性が見つかります。

拓は、その事件の被疑者を弁護することになるのですが、新たな遺体が発見され弁護人が再逮捕されることに。

連続殺人事件として扱われることになり、11年前の事件にも注目が集まるようになります。

ここでは「イノセンス」9話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


イノセンス9話あらすじネタバレ

拓(坂口健太郎)は再審請求を棄却されてから塞ぎこむようになっていました。

11年前に秋保(藤木直人)の妹が殺害された事件の死後再審を考えていた拓は、過去の事件を再検証することの難しさを思い知らされていたのでした。



そんな中、11年前の事件に酷似した事件が発生しました。

都内の美大生・花巻京香が殺害され、ストーカー行為をしていた富士田順平(坂本真)が逮捕されました。

富士田は犯行を自白して起訴もされましたが、聡子(市川実日子)は被害者がつけらた喉元の傷跡が秋保の妹の傷跡に似ていると言うのです。



そこで拓と楓(川口春奈)は富士田に接見することにしました。

すると富士田は犯行を全面的に否認。

取り調べ中に刑事に責められて仕方なく認めてしまったと言うのです。

拓は11年前に富士田が何をしていたのかと問うと、富士田は11年前も今も人は殺していないと否認。

それを聞いた拓は富士田の弁護を担当することにしました。



富士田が逮捕されたのは、自宅に京香の学生証があったこと、さらに富士田の勤務先のゴミ置場に京香の血液が付着したスケッチブックが発見されたことからでした。

しかし、学生証は公園で偶然拾っただけでスケッチブックに関しては身に覚えがないと富士田は言うのです。

富士田は学生証を拾ったことや犯行現場となった写真もSNSに投稿していましたが、拓は怪しまれる内容をわざわざ投稿したことに違和感を覚えます。

11年前の事件も同じようなことがあったと拓は言うのです。



しかし、茨城県の山中で若い女性の遺体が発見され富士田が再逮捕されてしまいます。

さらに被害女性の山代奈々が殺害されたのは京香より前であることが警察の調べで明らかになりました。

しかし、富士田は奈々とは面識がないとこの事件の犯行も否認。

しかし、連日の執拗な取り調べに精神的に参っていました。

そこで拓や楓は富士田と奈々の接点がないことを証明することにしました。

すると秋保の実証実験によって死亡推定日には大幅なズレがあり、奈々は富士田が逮捕されている間に殺されていたことが明らかになったのです。



秋保は真(草刈正雄)から、検察庁直轄の科学捜査機関設立の主要メンバーになって欲しいと打診を受けていました。

拓が逆転無罪を勝ち取ってきたのは秋保の協力があったからだが、必ずしも拓と秋保が抱いている思いは同じではないと真は言います。

それを聞いた秋保の心は大きく揺れ動くのでした。



そして裁判当日を迎えます。

拓は奈々の友人を証人に呼び、死亡推定日以降も奈々と会っていたことを主張します。

しかし、検察は死亡推定時期のズレはただの仮説であると否定し、さらに拓は11年前の事件と本件を結びつけており弁護人としての姿勢に大いに問題があると非難されてしまうのでした。



聡子は真犯人につながるかもしれない情報をつかんでいました。

それを聞いた楓が拓に知らせようとすると、何者かが拓の命を狙っていることに気付きます。

そして拓を助けようとしてその身代わりに楓が刺され意識を失ってしまうのでした。



最終回のあらすじはこちら
イノセンス最終回あらすじネタバレ!11年前の事件の真犯人は?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「イノセンス」9話のあらすじをネタバレで紹介しました。

いよいよ、11年前の事件の真相が明らかになりそうですね。

これまで拓を支えてきた秋保が検察側につくかもしれない状況で拓はどうやってこの問題を解決していくのでしょうか。

そして、11年前の事件の冤罪を晴らすことができるのでしょうか。





「イノセンス冤罪弁護士」キャスト情報!



スポンサーリンク