ここでは、ドラマ「グッドワイフ」(日本版)最終回のあらすじをネタバレで紹介しています。

最終回では、贈賄容疑で逮捕された多田を助けるため、杏子は事務所の神山たちと裁判で戦うことに。

多田を逮捕した壮一郎との関係はどうなるのでしょうか。

最後、杏子はどちらを選ぶのでしょうか。

日本版とアメリカでは内容が違うため、オリジナルの結末が待っていると思います。

ここでは「グッドワイフ」最終回のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


グッドワイフ最終回あらすじネタバレ・最後の審判

壮一郎(唐沢寿明)は多田(小泉孝太郎)が小宮裁判官(野間口徹)と個人的な付き合いがあり、癒着しているのではと疑っていました。

そして壮一郎から指示された脇坂(吉田鋼太郎)によって多田は贈賄容疑で逮捕されてしまったのです。

神山(賀来千香子)は多田の逮捕には壮一郎の私情が絡んでいるのではないかと考えていました。

そして事務所を守るために一丸となって検察を相手に裁判で戦うことになりました。



多田と小宮との関係が怪しまれたのは過去に担当した案件が理由でした。

それは一昨年に起きた殺人事件で、多田が主張した正当防衛が一審で認められ、その時の裁判官が小宮裁判官でした。

しかし、二審では判決がひっくり返り依頼人は殺人罪を言い渡されたのです。



多田の保釈が認められて事務所に戻ってきました。

多田は二審の有罪判決が怪しいと言うのです。

癒着をしていたのは二審の裁判官と検察の方であると。

被害者の父親は検事であり、息子を殺した相手を正当防衛で無罪にするわけにはいかなかったのではと多田は考えていました。



円香(水原希子)は朝飛(北村匠海)を食事に誘って何か情報を聞き出そう試みます。

「検察にはどんな切り札があるのか?」と問いますが、朝飛は「すぐにわかりますよ」と答えるだけでした。



そして迎えた第一回公判の日。

神山や杏子(常盤貴子)は多田と小宮は対等な関係であると主張。

しかし、多田は証人にお金を払って証言をさせており、お金で証言を買う弁護士だと脇坂は言うのです。

さらに証人として朝飛が現れました。

朝飛は多田が小宮にお金を渡していることをフットサルのメンバーから聞いたと証言。

さらに多田の口座から定期的に10万円引き落とされており、そのお金が小宮に流れていると脇坂は主張するのでした。

杏子が多田を問い詰めると、小宮にお金は渡していないが過去に証言をお金で買っていたことは事実だと言うのです。

杏子はそんな多田のことを信じきれずにいました。



杏子は多田が渡していたお金が賄賂ではなかったことを突き止めます。

しかし、何のお金かを言ったら小宮の立場が悪くなるため多田は黙っていたのです。

多田は小宮を巻きこんでしまったのは自分のせいであり、迷惑はかけられないためお金の受け渡しはなかったと弁護して欲しいと杏子に頼むのでした。



そして第二回公判の日を迎えます。

脇坂はフットサルチームの飲み会で多田が小宮にお金を渡している写真を見せました。

その写真は多田に法廷で本当のことを言って欲しいと、円香がわざと脇坂に渡したものでした。

そして多田は本当のことを言うことを決意し、お金は小宮が支援している冤罪被害者の会への寄付だと証言。



そんな中、壮一郎が決定的な証拠を手に入れて動き出していました。

それは御手洗が裁判官と癒着しているという証拠でした。

壮一郎は初めから御手洗が狙いだったのです。

壮一郎は私情を絡ませて上から怪しまれないように動いていたのでした。

こうして多田の起訴は無事に取り消しになりました。



杏子は結婚してからの17年より、この1年の方が壮一郎のことも自分のことみ知れた気がしていました。

そして自分の気持ちから逃げずに、壮一郎との離婚を決意するのでした。


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「グッドワイフ」(日本版)最終回のあらすじをネタバレで紹介しました。

最終回で多田を助けるために弁護をすることになるのは意外でした。

原作であるアメリカ版では、何シーズンかに分けて放送されていて、多田役の人物は後々〇〇してしまいます(ネタバレになるので伏せます)。

そのため、日本版の最終回がどんな結末を迎えるのかは、放送をみて確かめるしかなさそうです。

それにしても壮一郎の嫉妬とも思える行動には恐ろしさを感じます。

杏子はどんな決断をするのかも注目ですね。


アメリカ版も日本版も無料でイッキ見できる方法とは?
グッドワイフ動画を1話から最新話まで無料視聴する方法を紹介!




「グッドワイフ」メインキャスト情報



スポンサーリンク