ここでは、ドラマ「グッドワイフ」(日本版ドラマ)5話のあらすじをネタバレで紹介しています。

5話では、壮一郎をハメた人物が特定されます。

一方、杏子はロックスター・東城数矢の離婚訴訟で妻のちなみの弁護を担当することに。

数矢の代理弁護士は多田の元恋人。

さらに数矢が事故で意識不明の状態になってしまいます。

複雑な問題をどうやって杏子は解決するのでしょうか。

ここでは「グッドワイフ」5話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


グッドワイフ5話あらすじネタバレ・夫婦の条件

蓮見杏子(常盤貴子)はロックスターである東城数矢(宇崎竜童)とその妻ちなみ(銀粉蝶)の離婚訴訟を担当することになりました。

東城は若い恋人の小川唯奈(松本まりか)と結婚するつもりだと言うのです。

東城の総資産は20億円あり、杏子は11億円の財産分与を請求しますが、東城の代理人弁護士である栗山美咲(芦名星)は6000万円が妥当だと主張します。

美咲は多田の元彼女であり、多田を知り尽くしているため交渉も難航するのでした。

しかし、東城たちが来週末に結婚式を挙げる予定を入れていることから急いで離婚したがっていることを掴みます。

それを逆手に取って財産分与を5億円まで引き上げることに成功しました。



ところが、東城がバイクで事故を起こして意識不明の重体になってしまいます。

それを聞いたちなみは離婚をしないと言い出しました。

ちなみは東城の延命治療を望みますが、唯奈はそれに反対します。

さらに唯奈のお腹には東城の子供がいると言うのです。



そんな中、脇坂の妻である怜子(峯村リエ)が杏子を訪ねてきました。

脇坂との協議離婚を希望しており、杏子に代理人をお願いしたいと言うのです。

しかし、脇坂は離婚はしないの一点張り。

そこで怜子は離婚に応じなければ脇坂のパソコンの中にあった壮一郎に関する情報を杏子に話すと脅すのでした。



どうやら壮一郎の逮捕は政治絡みの可能性が出てきました。

杏子はそれを知って、壮一郎は自分が思っている以上に大変な立場にいるのかもしれないと考えるようになります。

杏子は壮一郎との離婚を決意していましたが、保釈されてから話し合おうと思うようになりました。

一方、イーデンスの社長・井出は内閣官房副長官・南原次郎と頻繁に会っており、イーデンスを通じてトミオカ精工に賄賂を送りこませた黒幕であると、佐々木達也(滝藤賢一)は話すのでした。



杏子が東城のお見舞いに行くと、そこに警察が現れてちなみに東城の事故について事情聴取したいと言ってきました。

東城の体から睡眠導入剤が検出され、ちなみがその睡眠導入剤を飲んでいたことから犯人だと疑われてしまったのです。

さらにちなみにはアリバイがありませんでした。



杏子たちは何とかちなみの無実を証明しようとしていました。

そこで杏子があることに気づきます。

事故当日、東城が録画した動画にちなみの作った東城の限定グッズが映っていたのです。

その限定グッズは東城とちなみとマネージャーの三宅博之(阿南健治)しか持っていない物でした。

三宅は東城から遺言書を預かっており、そこには財産はちなみと三宅の二人に残すと記されていました。

しかし、東城に子供が出来たことから財産はちなみと唯奈そしてその子供に託すと書き換えられていました。

それを知った三宅は離婚が成立する前に東城を殺そうと考え、実行に移したことがわかりました。



最初に作った遺言書が有効になることから、全ての財産はちなみが相続することになりました。

しかし、ちなみはその権利を放棄して唯奈とその子供に譲ると言うのです。

その代わり、延命治療についてもう一度話し合いたいと唯奈に伝えるのでした。



杏子は怜子から、脇坂が自宅を盗聴していることを聞きました。

壮一郎はこの件を闇に葬る代わりに保釈を請求すると脇坂に伝えます。

そして壮一郎の保釈が決まるのでした。


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「グッドワイフ」5話のあらすじをネタバレで紹介しました。

多田の恋人が登場しましたが、やはり杏子への思いがバレてしまいましたね。

また、杏子が仕事仲間を自宅に招き入れた時、娘が朝飛に明らかに好意を寄せていたのがわかりやすかったですね。

息子はまどかに興味を持っているようでしたし。

これまでとは少し違ったほっこりするシーンで楽しめましたね。



5話のゲストはこちら
グッドワイフ5話キャスト!東城の恋人・唯奈役は?



キャスト情報


スポンサーリンク