ここでは、ドラマ「グッドワイフ」(日本版ドラマ)3話のあらすじをネタバレで紹介しています。

3話では、列車事故で死亡した運転士の遺族代理人となった杏子と朝飛。

杏子たちは鉄道会社を相手に賠償金を求めますが、相手の弁護士が妊婦で、それを理由に交渉を混乱させてきます。

ここでは「グッドワイフ」3話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


グッドワイフ3話あらすじネタバレ

専業主婦から復帰した弁護士の蓮見杏子(常盤貴子)は、列車の脱線事故で死亡した運転士・井口の遺族代理人となる。

多田征大(小泉孝太郎)、朝飛光太郎(北村匠海)と共に担当することになった今回の事件で、相手の東神鉄道の代理人を勤めるのは河合映美(江口のりこ)という、妊婦の弁護士。

過重労働を課された井口の疲れが限界に達していたことが事故の原因であると主張し、一億円の賠償金を要求する杏子たちに対し、映美たちは単なる運転士の居眠りだとして50万円の見舞金を提案。

真っ向から主張は対立することに。



強気な意見を繰り返しながらも、形勢が危うくなるとすぐに体調不良を訴える映美に現場は混乱。

さらに映美から、井口が薬物を摂取しながら勤務していた可能性を聞かされるが、結果はサプリの成分によるものでシロ。

杏子たちは映美の揺さぶりに翻弄される。



収賄容疑で逮捕され拘置所にいる夫・壮一郎(唐沢寿明)と面会した杏子は、幸せな過去の思い出話を聞かされる。

当時の穏やかな生活を思い出し、父親として子供達にアドバイスをしようとする壮一郎に、杏子はほんの少し前向きに、二人の関係を見直そうと決意する。

多田はそんな杏子の気持ちを聞き、杏子を想う自分を抑えて激励するのだった。

一方でその壮一郎は、特捜部長の脇坂博道(吉田鋼太郎)にいよいよ追い込まれようとしていた。



井口の残した手帳の書き込みから、ほかにも過重労働によるミスを起こした運転士がいることを知り、話を聞こうとする杏子だが、映美の先回りで話は聞けずじまい。

パラリーガルの円香みちる(水原希子)の助言で退職した社員に接触し、井口の起こした事故を繰り返してはいけないと必死に説得しようとする杏子の様子を、東神鉄道の労務担当者・小川が見ていた。

そして杏子はついに、小川から会社の過重労働の証言を得て、映美を追い込み一億円の賠償金を勝ち取ることに成功したのだった。



しかしここで終わると見られた攻防は、杏子が事故現場を訪れたことで一変する。

事故当時、ホームレスの男性が激しく鳴る警笛を聞いていたことから、井口は居眠りをしていなかったことが判明。

事故は居眠りではなく、ブレーキの故障によるものだとわかり、数件のオーバーランなども同様にブレーキの不具合が原因とわかった。

それを隠すために、東神鉄道はあえて一億円の賠償金を出して事件を収束させようとしていたのだった。

それを知らなかった映美は弁護は不可能であるとして代理人を辞退。

杏子たちは思わぬ完全勝利を手にしたのだった。



弁護を終えて日常に戻った杏子は、テレビの報道に目を奪われる。

東神鉄道のブレーキの不具合に関する一件が、事故が起こるよりもっと前に、横浜地検に内部告発され不起訴になっていたという。

当時の責任者は、夫・壮一郎をあと一歩まで追い込んでいる特捜部長の脇坂。

それがテレビにすっぱ抜かれ、不起訴の責任を問われた脇坂は窮地に陥る。

しかも、井口の事件を杏子が担当することになった経緯に、壮一郎が関わっていたこと、面会の際の会話が杏子に事件のヒントを与えるものであったことを知った杏子は、すべて壮一郎の思惑で踊らされていたことに気づいた。



またしても信じかけていた気持ちを利用され裏切られたことにショックを受けた杏子は、そのことを多田に吐き出して堪えきれずに号泣してしまう。

「もう他の道を選べよ」と、多田は杏子を抱き寄せるのだった。





4話のあらすじはこちら
グッドワイフ(日本版ドラマ)4話あらすじネタバレ!杏子がママ友の息子を救う


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「グッドワイフ」3話のあらすじをネタバレで紹介しました。

妊婦弁護士のやり方が非常にずる賢くて驚きました。

そして、何よりこの事件が、壮一郎のライバル・脇坂を追い詰めることになったこと、それを裏で壮一郎が操っていたことに驚きました。

壮一郎は本当に何を考えているのか、ますます分からなくなってきました。

杏子はどういう決断をしていくのでしょうか。



3話のゲストはこちら
グッドワイフ3話キャスト!妊婦弁護士は?運転士役は?



キャスト情報!