ここでは、ドラマ「グッドワイフ」(日本版ドラマ)2話のあらすじをネタバレで紹介しています。

2話では、杏子が働く事務所の名誉顧問で神山佳恵の父・大輔が酔っぱらい運転と公務執行妨害で起訴されます。

その弁護を担当することになった杏子ですが、大輔にはある秘密がありました。

ここでは「グッドワイフ」2話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


グッドワイフ2話あらすじネタバレ

弁護士事務所の経営者・神山佳恵(賀来千香子)の父で事務所の名誉顧問・神山大輔(橋爪功)が、飲酒運転で事故を起こしたうえ公務執行妨害で起訴され、蓮見杏子(常盤貴子)を弁護人に選ぶ。

状況から大輔は有罪になる可能性が高く、復帰したばかりの杏子に荷が重いのでは、と神山の共同経営者で杏子の元同期・多田征大(小泉孝太郎)は心配するが、大輔の思惑は、まだ新人同然の杏子を思い通りに動かすことだった。

杏子は弁護を引き受けるが、案の定大輔に振り回される。



一方、汚職容疑で逮捕されている杏子の夫・壮一郎(唐沢寿明)は、代理人に多田のことを調べさせていた。

壮一郎を自白させたい特捜部長の脇坂(吉田鋼太郎)は、杏子に接触して揺さぶりをかける。



大輔の裁判が始まり、杏子は検察側の証人への質問をうまく使って公務執行妨害での逮捕が違法であったことを証明。

大輔の飲酒を見たという証人も、逆恨みによる偽証ではないかと杏子たちは見る。

大輔は今まで弁護士としてかなり強引な裁判をしてきており、多数から恨まれていると言うのだ。



壮一郎に接見した杏子は、脇坂から耳打ちされた、トミオカ精巧からの賄賂の受取について壮一郎を問い詰めたが、壮一郎はあっさり受け取った、しかし直後に送り返したと言う。

さらに杏子に、自分を信じられないなら仕方ないと告げ面会室を後にする。

壮一郎は特捜部の部下・佐々木(滝藤賢一)から情報を得ていたが、それは脇坂にバレており牽制されてしまう。



パラリーガルの円香みちる(水原希子)と共に大輔の当日の行動を調べていた杏子は、ある疑念を持ち大輔の自宅へ。

飲んでいた薬から、大輔が認知症であることに気づいたのだ。

そしてその薬の影響で事故を起こしたのなら無罪になれるという杏子に、無罪になっても弁護士を続けられないなら意味がない、法廷でも娘の佳恵の前でもその事は明かすなと大輔は頑なに言うのだった。



守秘義務があるため、多田にも打ち明けられない杏子だが、依頼人である大輔の希望に添おうと、なんとか認知症のことを明かさずに勝てる方法を模索。

そんななか、壮一郎の部下・佐々木が杏子に会いに来て、自分は壮一郎の意向に沿って動いている、だから脇坂から接触されたら連絡をと言うが、杏子は夫に対する疑念をさらに深めた。



多田から神山と大輔の確執を聞いた杏子。

弁護士としての姿勢が違うこと、仕事ばかりで母親に寂しい思いをさせたまま死なせたことから、神山は大輔を許せないでいた。

しかしそこからヒントを得て、杏子は大輔の当日の行動を割り出す。

大輔の自宅にあったファイルから、事故当日に大輔が妻との思い出の店を回っていたことを探り当てたのだ。

さらに事故直前に、警察が大輔に職務質問と飲酒検査をしており、その数値がゼロであったことを報告されていたのにも関わらず、検察が握りつぶしていた事実も裁判で暴露し、完全勝利を得たのだった。



認知症の薬のことは公表せずに無罪を勝ち取った杏子を、大輔は認めた。

そして自分の口から打ち明け、娘である神山と心を通わせることができたのだった。



その喜びもつかの間、杏子は以前、壮一郎から贈られた宝飾品の店舗を訪れ、そのプレゼントの支払いをしたのがトミオカ精巧であることを確認してしまう。

それは夫・壮一郎への疑惑を確定させるものだった。



3話のあらすじはこちら
グッドワイフ(日本版ドラマ)3話あらすじネタバレ!事件の真相に隠されたものとは?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「グッドワイフ」2話のあらすじをネタバレで紹介しました。

2話では少し成長した杏子を見ることができました。

それにしても壮一郎は一体何を隠しているのでしょうか。

杏子の疑心がどんどん強くなっていくのが分かります。


法廷でのシーンも見ごたえがあり、逆転勝利を勝ち取るまでの過程が面白かったです。

ストーリーもですが、法廷シーンも注目して行きたいと思います。





2話のゲストはこちら
グッドワイフ2話キャスト!宝飾店の店員役は?裁判長や検事は?



キャスト情報!