ここでは、ドラマ「メゾンドポリス」の3話のあらすじをネタバレで紹介しています。

1月25日に3話が放送されました。

今回のゲストは橋本マナミさん、矢野聖人さん、川俣しのぶさん、今本洋子さん、多田木亮佑さん、誠一郎さんでした。

今回は、ちょっとショッキングな場面から始まりますが、おじさんたちのコミカルなシーンも盛りだくさん。

そして、あのクールな夏目惣一郎(西島秀俊さん)が橋本マナミさんにデレデレ?

ここではドラマ「メゾンドポリス」3話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


メゾンドポリス3話あらすじネタバレ

ある日、猫が殺害され、青いペンキがかけられるという事件が相次いで発生します。

通称、青猫事件。

生活安全課からの要請を受けた柳町北署の牧野ひより(高畑充希さん)の上司は、その事件をシェアハウスに住むおじさんたちと解決するよう、指示します。

牧野がシェアハウスを訪ね、おじさんたちに、青猫事件のことを説明すると、「俺たちは街の万事屋じゃないから」と乗り気じゃない様子。

しかし、そよかぜの編集者・大槻仁美(橋本マナミさん)が訪ねてくると、態度は一変。

おじさんたちは大歓迎。

あの夏目まで、大声でいつもの決め台詞「ようこそ!メゾンドポリスへ」。



大槻は、青猫事件の投稿があり、警察に相談しても何もしてくれないから、相談にきたと説明します。

青猫事件の真相を知るため、迫田 保(角野卓造さん)、藤堂雅人(野口五郎さん)、夏目の3人のおじさんたちと牧野、大槻は夜に見回りを決行します。

お弁当をつくってくる大槻の気遣いに夏目は「女性らしい気遣いだなー」とデレデレ。



見回りに出た牧野と大槻は、ある倉庫で青いペンキをかぶった死体を発見します。

大槻と3人のおじさんたちは、現場に駆け付けた柳町北署の署員たちから、第一発見者として事情聴取を受けます。

元の部下に散々嫌味を言われながら受ける事情聴取に、夏目は「青猫事件は追わせてもらう。あんたたちがこっちに振ったんだろ」とキレ気味に宣言。

ちなみに、被害者は歌田圭吾(誠一郎)。



捜査会議では、青猫事件のペンキと同じものが使用されていることから、青猫事件の犯人と同一人物であるとの可能性が高いと判断します。

シェアハウスではおじさんたちが、青猫事件の捜査会議の真っ最中。

そこへ現れた牧野はおじさんたちから、「青猫事件のペンキと同じものか?」「死因は?」「頭部に損傷があったのか?」「死亡推定時刻は?」と質問責めにあい、すべてを告白します。

そこへ、またまた大槻登場。

おじさんたちから依頼されたそよかぜへの投稿を持参します。

大槻は、工藤千代子(今本洋子さん)、瀬戸俊樹(矢野聖人さん)、山崎 翠(川俣しのぶさん)、土屋亮治(多田木亮佑さん)の4人の常連投稿者をピックアップします。



翌朝、夏目は牧野を誘い、4人の投稿者たちの事情聴取を行うために出かけます。

まず、工藤から。

猫が好きで、猫の絵を描くのが趣味である。

車いすに乗る彼女は青猫事件のことに憤慨しており、地獄に落ちるべきだと強い口調で答えます。

2人めは、ビル警備員の瀬戸は、犯行があった24日夜は勤務中だったと証言。

3人目は、自宅から見える富士山の写真を投稿している山崎。

旦那さまを亡くした後は自宅で一人暮らしのため証人はいないが、事件発生時間は自宅に一人でいたと証言します。

4人めは、クレーマー気質の土屋。

話を聞こうにも取り付く島もないほどの剣幕で、追い返されます。

4人の投稿者に会った牧野は、もっとも疑うべき人物は最後に会った土屋だと判断します。



その夜、牧野と夏目は土屋の家の近くで張り込みを行い、彼の跡をつけますが、向かった先にいたのは猫たち。

土屋は、猫が好きでエサをあげていただけだったのです。

柳町北署で、上司から叱責を受ける牧野のもとに、夏目から「上司を連れて現場に来い」と連絡があり、現場に向かうと、藤堂がある実験を申し出ます。

藤堂は、殺人現場で見たペンキの乾き具合が気になっていたのでした。

その実験から、ある看板の下に書かれた建設反対の文字を発見します。

その建物が建設されると富士山が見えなくなることを理解した牧野たちは山崎のもとへ向かいますが、彼女はいません。

彼女は、建設予定地と書かれた看板に建設反対の文字を赤いペンキで書きに行った際、偶然現れた歌田ともみ合いになり、彼を突き飛ばしてしまったことを告白します。



ですが、まだ、青猫事件は解決していません。

牧野は、青猫事件の現場に再び足を運び、そこで猫の首にロープをかける瀬戸を発見します。

牧野は瀬戸を事情聴取した際、歌田の遺体にかけられていたペンキが左からかけられていたことから、左利きの彼が青いペンキをかけたのではないかと予想していたのです。

瀬戸は、歌田の遺体を発見した際、ネットで猫しか殺害できないとバカにされたことが悔しくて、ネット民を見返してやろうと思い、遺体に青いペンキをかけたと告白するのでした。


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「メゾンドポリス」3話のあらすじをネタバレで紹介しました。

今回のテーマは、自己中心的な愛でしょうか。

旦那さまとの思い出である富士山が見えなくなるという寂しさから起こってしまった事件でした。

その事件と青猫事件が合わさり、事件は複雑化したのですね。

おじさんたちからひよっこと呼ばれる牧野ですが、何だかベテラン刑事のような狡猾さがちらほら見え出しましたね。



次回は、牧野の父・牧野尚人(水橋研二さん)登場でしょうか。

そろそろ、転落死したとされている尚人の事件が明るみになってくるかもしれません。




出演者の関連記事