ここでは、ドラマ「メゾンドポリス」の1話のあらすじをネタバレで紹介しています。

1月11日(金)、初の刑事役に挑戦する高畑充希さん主演のメゾンドポリスが始まりました。

脇には数々の映画やドラマで刑事役をこなしてきた西島秀俊さんや小日向文世さん、近藤正臣さん、角野卓造さんなど、個性的な役者さんたちが勢ぞろいしています。

原作は、テレビドラマ化され人気を博したインディゴの夜やモップガールの作者・加藤実秋さんです。

やる気満々の新人刑事と5人の個性的なおじさんたちがいつの間にかタッグを組み、事件を解決していくことになります。

1話では過去に起きた「デスダンス事件」に酷似し殺人事件が発生します。

今回はドラマ「メゾンドポリス」1話のあらすじをネタバレで紹介したいと思います。


スポンサーリンク


メゾンドポリス1話あらすじネタバレ「デスダンス」

物語の始まりは、ショッキングな場面から始まります。

火をつけ、火だるまにされたのは、腕を後ろに拘束された天ぷら「そのだ」店主の園田政二(岩寺真志)。

なぜか、1セントコインが胸ポケットに入れられています。



とある古びた洋館の庭に現れたのは、茶色のエプロンを身に着け、箒とちりとりを手にもった夏目惣一郎(西島秀俊)。

夏目に近づいた牧野ひより(高畑充希)は挨拶も早々に「夏目さんですよね?5年前の事件について教えてほしい」と声をかけますが「ここにはそんな人はいない」とクールに言われます。

ここでタイミングよく登場するのが、この洋館のオーナーである伊達有嗣(近藤正臣)。

伊達に請われ、洋館へお邪魔した牧野ひより(高畑充希)は、ここに住む迫田保(角野卓造)、藤堂雅人(野口五郎)、高平厚彦(小日向文世)を紹介され、彼らが元警察関係者であることを知ります。



牧野ひより(高畑充希)とおじさんたちはリビングに集まり、今回の事件の捜査会議。

ちなみに、5年前のデスダンス事件とは、両手首を結束バンドで縛られた男性2人、女性1人が灯油をかけて火だるまにされ、その様子を動画サイトに投稿された事件です。

その事件の犯人は、一審二審ともに死刑判決を受けている本間弘喜(小久保寿人)。

伊藤から「1セントコインをもっていなかったか?」と問われたひよりは腹を決め、今回の事件のあらましを説明します。

デスダンス事件の被害者全員が1セントコインをもたされていたことは犯人、一部の警察関係者しか知り得ない情報なのに、なぜ、今回の被害者がもたされていたのか?

このことを知ったおじさんたちは俄然やる気になり、夏目惣に捜査に協力するよう、強く要請します。



翌朝の捜査会議で、園田政二に5000万円の保険金が掛けられていたこと、息子と対立していたこと、愛人クラブサイトの利用者であったことが判明しますが、ひよりは前回のデスダンス事件の犯人は本間でないかもしれないと疑問をもちます。

その疑問を晴らすため、夏目とともに園田政二の店に向かった帰り道、花を置く本間弘子(手塚理美)に出会います。



弘子から話を聞いたひよりは思うことがあり、園田政二の息子・園田義政(伊島空)をつけますが、その途中、スタンガンで眠らされ拉致されてしまいます。

連絡の取れなかったひよりから「犯人は園田義政(伊島空)」と連絡を受けたおじさんたちは、彼らの独自ルートを使い、彼女を助けるべく行動を起こします。



柳町北署は園田義政を確保しますが、彼は知らないの一点張り。

なぜって?

今回の犯人は、息子に操られた弘子だったからです。

間一髪で、おじさんたちに助け出されたひよりは後日、東京拘置所で本間弘喜(小久保寿人)に謁見します。

ひよりは、1セントコインの話から、彼が母親を誘導し事件を起こさせたこと、5年前の犯人であることを確信するのでした。


デスダンス事件の犯人役は?
メゾンドポリス(ドラマ)1話のゲストキャスト!被告人と母親役は?


スポンサーリンク


1話の感想

物語はシリアスなのに、ところどころに笑いもはいり、読者を飽きさせないテンポの良さは痛快。

おもしろシリアスなドラマづくりは、今の基本とも言うべきスタイルかもしれません。

話のテンポがよくて、思わず、主人公と一緒になって犯人探しをした方も多いのではないでしょうか。

新人刑事とおじさんたちのドタバタコメディかと思いきや、推理の基本はきちんと通してある本格的な刑事ドラマでしたね。

個人的には、あるドラマで落語家を演じた竜星涼さんに大注目。

今回も、ドラマを明るくしてくれる存在みたいなので、期待して観たいと思います。


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「メゾンドポリス」1話のあらすじをネタバレで紹介しました。

なみに、原作となった「メゾンドポリス 退職刑事のシェアハウス」は発売開始からわずか半年足らずで5度の重版になっているという人気作品です。

続編も発売されていますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。


スポンサーリンク