ここでは、ドラマ「スキャンダル専門弁護士QUEEN」1話のあらすじをネタバレで紹介しています。

「QUEEN」は日本で初めてスピン・ドクターを題材にしたドラマ。

スピン・ドクターとは情報を自分の有利な方向へ仕向け、人々の心を動かしていく仕事。

主人公の氷見江(竹内結子)は危機管理の専門弁護士でスピン・ドクター。

江が法廷ではない場所でさまざまな問題を解決していくという物語になっています。

ここでは「スキャンダル専門弁護士QUEEN」1話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


スキャンダル専門弁護士QUEEN1話ネタバレ

ある祝賀会、黒いドレスに身を包む弁護士の氷見江が目で合図を送ると仲間の弁護士与田知恵達がお酒をこぼしたりして騒ぎを起こす。

氷見がその隙に総務大臣の林に近づくと息子のミナトテレビの東堂裕子へのセクハラ被害の話をして政治家生命に関わる事をチラつかせ、見返りに「おいしいネタ」を要求するのだった。



人気番組フォレスタジアムの収録中にフォレストという四人組のアイドルグループの一人が歌うのを止めてしまい、別の一人が「フザけんなよ」と突き飛ばしてしまう出来事が起きた。

それをきっかけにネットで不仲説が流れ、杏里VS桃子と騒ぎになり炎上してしまう。

そんな中で「1月10日、ついに血の裁きが下る、杏里を殺す」という殺害予告がテレビ局に届く。



氷見が勤務する鈴木法律事務所で山川議員の不正献金問題のテレビニュースが流れていた。

コレは「おいしいネタ」として氷見が依頼者の裕子に渡した情報だったのだ。

そこへ緊急案件としてミナトテレビのプロデューサー深川が現れ、殺害予告もありフォレストの謝罪会見に備えて氷見達が協力するという依頼だった。

テレビ局に出向くが謝罪会見を拒む杏里と二人きりで話すと今すぐにでも解決したいと杏里は言うのだった。

その後、変装して抜け出した杏里はネットで男がいると騒がれ誹謗中傷の的となっていた。

一方、知恵とパラリーガルの聖子は居なくなった杏里を探していたが見つからない。

収録時間が迫るなか杏里は見つからず、変質者まで現れ、制作部長の加藤はカンカンだ。

氷見はミナトテレビを辞め週刊文新に転職した裕子と連絡を取ると公園で何かしらの封筒を受け取る。

すると知恵達の元へ氷見から杏里と男のツーショット写真が送られてくる。



その頃テレビのワイドショーで違約金12億円で解散出来ないとか、謝罪会見の収録が遅れている事が取り上げられ芸能事務所の社長は誰かが漏らしたと怒りだす。

フォレストの聖地に居ると目星をつけた知恵達は杏里を見つけたが写真の男はたまたま飲んだだけの相手で名前も知らないと言うのだった。

パラリーガルの藤枝がスタッフから不満を持っていたという音信不通になった人物の話を聞き出す。

テレビ局の局長とスポンサーが現れ、深川が謝罪していると、知恵が杏里を連れて帰り、その場は収まる。

その後氷見はある推論を知恵に話す。

「彼女は自ら悪者になって何かを守ろうとしているのかもしれない」と言うのだ。



すると藤枝と聖子が芸能事務所のネットワークをハッキングして情報をリークした人物が元マネージャーの海老原と推察し知恵が会いに行くが否定される。

名刺の住所から杏里が近くに居たため、会おうとしていたのでは?と訪ねる知恵。

ツーショット写真を見せると何かを知っている反応を見せる海老原だったが「よく頑張ったね」と伝えて欲しいと帰っていく。



コトの次第を聞いた氷見はツーショット写真を見直すと鰻屋の紙袋と帽子を深く被った人物を見て「おとこ…」と呟くと二人して何かに気付くのだった。

メンバーだけを残してスタッフを退出させるとツーショット写真を見せ、男が桃子だと指摘する。

すると桃子は真実を語り出す。

彼女は性同一性障害で苦しんでいたがメンバー達は気付いていて、海老原は庇ってくれたがクビにされ、違約金の事もあり桃子を守る為に不仲を装ったり、リーク情報を流したりしたのだった。



そんな中で生放送での謝罪会見となり、リーダーの杏里は解散を口にする。

氷見から「敵が増えても、周りを気にしないで自分らしく生きていくのも悪くないと言われ、あなた達が勇気を出す事でそうゆう人達が一歩踏み出せるかもしれない」とアドバイスされ、協力してくれる深川達のコトを知り会見に望んだのだ。

彼女達がラストステージを行っていた頃、氷見は事務所社長と会うと、山川議員の不正献金問題に社長も関わっていた事に加え、脱税や横領までしていた証拠書類を見せ、この件を秘密にする見返りに解散を認めさせる。

こうしてフォレストのメンバー達はそれぞれの道へ進む事になり無事に解決した。



その後USBメモリが送られてくると氷見と「アズマリョウスケ」という次期首相候補の男性とのツーショット写真が映っていて「私が爆弾だった」と笑って誤魔化そうとする氷見だった…。


スポンサーリンク


スキャンダル専門弁護士QUEEN1話のロケ地

冒頭の政治家が参加しているパーティー会場は、ホテル椿山荘東京にあるボールルームです。

下町ロケットでも使用されていました。

住所:東京都文京区関口2-10-8



知恵と元マネジャー・海老原が話をしていた喫茶店は、コーヒー専門店MAXです。

住所:東京都新宿区西新宿5-6-4



フォレストのメンバーが食事をしていた場所は、どぜう飯田屋です。

住所:東京都台東区西浅草3-3-2


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「スキャンダル専門弁護士QUEEN」1話のあらすじをネタバレで紹介しました。

弁護士ドラマですが、全体的に重い雰囲気にはならずにテンポよく進んでいくので見ていて楽しかったです。

また、それぞれのキャラがかなり個性的(バカリズムさん!)なのも面白いところですね。

竹内結子さん、水川あさみのコンビも息があっていて、安心感のある作品でもありました。

1話のストーリーは、あのアイドルグループを彷彿させる内容で、フジテレビ自身がよくやったなあとも思いました。


また、アイドルグループの歌が思いのほか良かったです。

気になる方は動画でチェックして見てください。
QUEEN(ドラマ)動画1話を無料で視聴する方法を紹介!




スポンサーリンク