ここでは、ドラマ「グッドワイフ」9話のあらすじをネタバレで紹介しています。

8話では、壮一郎の裁判のために南原の情報を手に入れようとする杏子たち。

亜紀が重要な情報を持っているということでしたが、裏切り者がいたために手に入ることができませんでした。

9話では、その裏切り者が判明します。

その裏切り者は誰だったのでしょうか?

ここでは「グッドワイフ」9話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


グッドワイフ9話あらすじネタバレ・堕ちた正義

杏子(常盤貴子)と壮一郎(唐沢寿明)は本当の裏切り者を確かめることにしました。

そこで壮一郎は多田(小泉孝太郎)に頼んで文書のコピーを持ってきてもらうことにしました。

佐々木(滝藤賢一)は多田が持っている文書がわざと偽物であると主張し、南原(三遊亭円楽)の不正の証拠を握りつぶそうとしていたことが発覚。

亜紀(相武紗季)にお金を渡して壮一郎と関係を持つように指示したのも佐々木でした。



佐々木は大義のためには手段を選ばずやり通せと教えてくれたのは壮一郎だと主張。

検事に有利な司法改革をしている南原は検察にとって必要な政治家だと言うのです。

さらに佐々木は国のために正しい決断をしたまでだと。

それを聞いた壮一郎は「佐々木となら正義を戦えると思っていた」と悲しみます。

すると佐々木は「熱くて強い検察を見せてください」と言い残して自ら飛び降りてしまいました。



インサイダー取引の疑いで南原が逮捕され、壮一郎の起訴は取り消されました。

そんな中、脇坂(吉田鋼太郎)が杏子の事務所を訪れ、壮一郎の件を謝罪しました。

しかし、壮一郎と円香が不適切な関係にあり、そのために円香(水原希子)が検察を辞めたと言ってきました。

円香はこれをネタに前の夫から脅されていると。

それを聞いた杏子は怒りをあらわにします。

壮一郎に円香との件を聞くと「すまなかった」とだけ言うのでした。



全ての疑いが晴れた壮一郎は東京地方検察庁の検事正に就任しました。

そんな中、杏子は神山多田法律事務所で弁護士として正式に採用されることが決定。

それを聞いた朝飛(北村匠海)は納得出来ずにいました。

杏子が採用されたのは壮一郎が検事正に就任したからであり、事務所が必要としたのは実力ではなくステータスだったと多田に食ってかかります。

多田は売り上げは朝飛の方が勝っているが、弁護士としての対応力や人間力は杏子の方が上だと主張。

しかし、神山(賀来千香子)は杏子と朝飛の実力は五分五分であり、だから検事正の妻という肩書きがある杏子を選んだのでした。

だからこそ杏子から離婚することを聞いた神山はがっかりするのでした。



杏子は壮一郎と円香の関係を知ってから円香のことを避けるようになっていました。

それに気づいた円香は、好きになったのは自分の方で一度だけ関係を持ったと杏子に打ち明けます。

杏子はこの事務所に来て円香と友達になれたことが一番嬉しかったのにと涙するのでした。



多田は神山から杏子が離婚しようとしているのを聞いて心配していました。

杏子に声をかけますが、それがきっかけで多田が杏子の電話に入れた留守電を壮一郎が消していたことが発覚。

そのことで杏子は壮一郎と言い合いになり、夫婦の間で亀裂が入るのでした。



そんな中、壮一郎は多田が裁判官と癒着している可能性があると考え、その関係を脇坂に調べさせることにしました。

脇坂は朝飛と接触し、多田の仕事の仕方について聞くことにしました。

自分が選ばれなかったことを根に持っている朝飛は検察に協力することを決意します。

そして円香に巻き込まれないようにと注意を促すのでした。



そんな中、多田に逮捕状が出て、事務所にも検察の捜索が入るのでした。



9話のあらすじはこちら
グッドワイフ最終回あらすじネタバレ!日本版と原作のアメリカで違う?


スポンサーリンク


9話の要点

  • 裏切り者は、佐々木だった
  • 佐々木は壮一郎の前で自殺する
  • 壮一郎と円香は不倫関係にあった
  • 壮一郎が多田の過去について調べる

スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「グッドワイフ」9話のあらすじをネタバレで紹介しました。

裏切り者の判明で、ついに壮一郎の一連の事件が解決に向かいます。

一方、杏子を巡る多田と壮一郎の闘いにも進展が。

原作とは違うストーリーなので、見ごたえがありますよね。






「グッドワイフ」メインキャスト情報



スポンサーリンク