ここでは、ドラマ「イノセンス冤罪弁護士」8話のあらすじをネタバレで紹介しています。

9話では、聡子から依頼があります。

それは24年前に受けた事件で獄中生活を送っている式根の冤罪を晴らしてほしいというものでした。

再審は「開かずの扉」と言われているだけに、拓はこの冤罪事件を解決できるのでしょうか。

ここでは「イノセンス」8話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


イノセンス8話あらすじネタバレ

拓(坂口健太郎)は聡子(市川実日子)に頼まれて式根大充(片岡鶴太郎)の支援者である玉造修三と会うことになりました。

式根大充は24年前に起きたイトエ電機社宅殺人事件で死刑判決を受けた人物で、玉造は元同僚である式根の冤罪を晴らすために「無実の式根大充を支える会」を作り活動してきました。

しかし、今まで協力してくれていた弁護士が亡くなったためにその会はほとんど機能していませんでした。



イトエ電気殺人事件とは、式根が暮らしていたイトエ電機の社宅のクリスマスパーティーでシャンパンにシアン化カリウムが混入されて6人が亡くなったというものでした。

さらにその中には式根の妻も含まれていました。

聡子はこの事件を調べていくうちに当時の警察の捜査がずさんであったことを知り、何か協力できないかと式根と手紙のやり取りをしていました。

ところが最近になって式根に癌が見つかり、生きている間に冤罪を晴らしてほしいと言うのです。



拓と楓(川口春奈)は式根と接見することに。

しかし、式根は今の自分にとって希望は毒だからそっとしておいて欲しいと言うのでした。

そこで式根の娘の玲子から話を聞こうとしますが、これ以上苦しめないで欲しいと頭を下げられてしまうのでした。



式根が疑われた理由はシャンパンを用意していたことと、一番長く現場にいたことからでした。

さらに犯行に使用されたシアン化カリウムを総務課の責任者だった式根なら簡単に入手できると見られていました。

拓は団地から毒物を捨てた現場まで式根に案内させた「引き当たり捜査」の写真を見て違和感を覚えます。

そこで秋保(藤木直人)に協力を依頼すると、17枚のうち16枚の写真に不自然な点が見られました。

式根は毒物の捨てた場所を知らなかったが、警察はまるで式根が案内しているかのように写真を入れ替えていたことが発覚しました。



決定的な証拠を手に入れたことで再審請求を勝ち取ることができると意気込む拓らですが、秋保はこの程度では逆転勝利は難しいと助言します。

さらに事務所に玲子(星野真里)が現れ、中途半端な正義感で人の人生を振り回さないでと涙ながらに訴えきました。



そんな中、式根が獄中で倒れてしまいます。

しかし、聡子当てに式根から再審請求に同意するという旨の手紙が届いたことから拓らは再び事件を調べることに。

すると、真実が明らかになりました。



毒物を捨てたのは事件で父親を亡くした榛名由美(酒井美紀)でした。

由美の父親はリストラにあってから暴力を振るうようになり、母親は父親を殺すためにクリスマスパーティーで毒物を混ぜたのでした。

由美は母親に頼まれてその毒物の瓶を捨てに行っており、知らない間に証拠隠滅に協力していました。



そして迎えた再審請求審の日。

拓は失った24年間が取り戻せなかったとしても、式根や玲子のこの先の未来まで奪うことは許されることではないとし、真実に即した決定を強く望むと発言しました。

しかし、その発言も虚しく再審請求は棄却されてしまいます。

理由は無罪を言い渡す明らかな証拠を新たに発見したと認定できないからというものでした。

拓はこの結果を受けて怒りをあらわにするのでした。


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「イノセンス」8話のあらすじをネタバレで紹介しました。

9話の結末は、よくあるドラマなら冤罪が晴れるパターンですが、イノセンスはそうはいかなかったですね。

ラストの裁判所を睨んでいるシーンに拓の気持ちがすべて表現されていたようにも思います。

たとえ冤罪だとしても、現状を変えないことを選んでしまうのは、人間の心理としては自然なことかもしれませんが、それに立ち向かう勇気も必要なんじゃないかと感じました。





「イノセンス冤罪弁護士」キャスト情報!