ここでは、ドラマ「イノセンス冤罪弁護士」5話のあらすじをネタバレで紹介しています。

5話では名門高校のフェンシング部の顧問から依頼が入ります。

部活中に顧問が生徒を突いたことで心停止を引き起こしたとして業務上過失傷害で在宅起訴されてしまいます。

この出来事が多くの人間を巻き込んでいくことになります。

ここでは「イノセンス」5話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


イノセンス5話あらすじネタバレ

かつて楓が所属していた大手弁護士事務所のベテラン弁護士のセクハラを告発する記事が週刊誌に掲載されました。

その音声を聞いた楓は当時のセクハラ被害を思い出して嫌な思いをします。

そんな楓の元に週刊誌からの取材以来が殺到。

楓はセクハラ事件がぶり返されたことで、当時の辛い記憶がフラッシュバックして悩んでしまうのでした。

そんな中、開南高校フェンシング部の顧問である高松洋介が弁護士事務所を訪れます。

練習中にエースで部長の藤里瞬が不整脈による心停止を起こしてしまい、業務上過失傷害で在宅起訴が決定してしまったので助けて欲しいと言うのです。

そして拓と楓がこの案件を担当することになりました。

早速拓と楓は藤里の自宅を訪れますが、母親に門前払いされてしまいます。

そこで開南高校の校長や部員から話を聞くことにしました。

学校側は高松の指導に問題はなく、フェンシング部の実績は高松のおかげであると証言します。

部員のひとりである田代も練習中に特に変わった様子はなく、高松のために裁判で証言しても良いと言うのでした。

聡子はフェンシング部の練習風景が映された動画を手に入れますが、肝心なところノイズが入っており特に新たな情報を得ることはできませんでした。

しかし、その指導方法は厳しく、体罰を疑われても仕方がないと思えるものでした。

実際、高松は藤里の指導に入れ込みすぎて他の部員からは苦情が出ていたと言います。

そして迎えた裁判当日。

弁護側証人尋問で田代が高松は体罰を行なっていたと驚きの証言します。

今回の事故もそれが要因だと言うのです。

田代が拓たちに事前に話さなかったのは学校側が揉み消すかもしれないと考えたからでした。

実際、高松が藤里に対して手を挙げている映像も持っていました。

しかし、高松に話を聞くと手を挙げたのはその一度きりで、それも藤里の目を覚ますためだったと言います。

拓は藤里が練習中にタイミングよく心停止が起こったことが気になっていました。

さらに田代が盗撮した動画も明らかに高松を陥れるために作られたものだと感じていました。

そこで秋保に協力を依頼して実験を行うと、ある真実が明らかになりました。

なんと科学部の森吉が高松本人に頼まれて心停止を起こすように剣に仕掛けを行なっていたと言うのです。

藤里は監督からの期待を重荷に感じており、フェンシングを辞めたいと考えていました。

しかし、親も高松もそれを許してはくれず、もう死ぬしかないと考えるようになります。

そして田代の発案で、高松からフェンシングを奪う計画を立てたのでした。

しかし、藤里は自分のしたことの重大さに気づき、後悔していました。

そんな藤里に拓は「生きて償ってください」と伝えるのでした。

さらに報道陣に「批判ではなく、真実をありのまま正確に伝えて欲しい」と頭を下げます。

それは第三者の偏見や憶測が今回の事件の関係者をこれ以上追い詰めることが無いようにという思いからでした。



6話のあらすじはこちら
イノセンス5話あらすじネタバレ!晴斗の誘拐犯は?事件の真相は?


スポンサーリンク


5話のゲストキャストは?

高松洋介…豊原功補
藤里瞬…清水尋也
田代智樹…柾木玲弥
高松良子…岩橋道子
森吉直也…木村風太
舟木幸
鈴之助
伊藤梨沙子
久松信美
木下政治
谷藤太
鳥谷宏之
信國輝彦
山田慎覇
木村はるか
中田華月

詳しいプロフィールはこちら
イノセンス5話ゲストキャスト!フェンシング部員役は?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「イノセンス」5話のあらすじをネタバレで紹介しました。

生徒によるいじめ、嫉妬、絶望など…、いろいろな要素が組み合わさった内容でしたね。

辛い結果になるとしても事実を明らかにする黒川の信念が感じられました。





「イノセンス冤罪弁護士」キャスト情報!