ここでは、ドラマ「グッドワイフ」8話のあらすじをネタバレで紹介しています。

7話では、壮一郎の情報提供者が見つかってしまい絶体絶命に。

不倫関係にあった亜紀が南原のことで何かをにぎっているのではないかと思った壮一郎ですが、杏子が会いに行くと言います。

8話では、杏子が亜紀と対面します。

どんな展開が待っているのでしょうか。

また、壮一郎の裁判が始まります。

無事に冤罪を晴らすことができるのでしょうか。

ここでは「グッドワイフ」8話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


グッドワイフ8話あらすじネタバレ・裏切り者

壮一郎(唐沢寿明)の不倫相手とされる亜紀(相武紗季)が何か知っているかもしれないと、杏子(常盤貴子)は亜紀に会いに行くことにしました。

しかし、亜紀は何も話そうとしませんでした。



そんな中、壮一郎の第一回公判の日を迎えます。

トミオカ精巧の元社長が証人として現れ、全ては壮一郎の指示だったと証言します。

壮一郎の自白が無い分、検察は証拠をガッチリと固めていました。

このままでは勝ち目がないと考えた杏子は再び亜紀について調べることにしました。

毎朝新聞時代の上司である上森(松尾貴史)に亜紀の調べていた事件について何か知らないか尋ねますが、上森は何も聞いていないと答えます。

しかし、亜紀には結婚していた過去があることがわかりました。

そこで杏子は円香(水原希子)に亜紀について追加調査して欲しいと頼むことにしました。



ある日、多田(小泉孝太郎)が杏子の自宅を突然訪ねてきました。

多田は壮一郎に弁護の協力をさせて欲しいと言うのです。

裁判に負ければ杏子がクビになってしまうかもしれないと伝え、これ以上杏子をあなたの犠牲にしないで欲しいと言うのでした。

それを聞いて壮一郎は多田に協力を頼むことにしました。



資料を見た多田は発想を変えてみようと提案します。

なぜ南原(三遊亭円楽)がイーデンスを選んだのか、その理由を考えようと言うのです。

経済特区の候補にはイーデンスを含めて5社の名前が挙がっており、イーデンスだけが非上場企業でした。

そこで多田はインサイダー取引を疑うのでした。



円香が調べた情報によると亜紀は3年前に離婚しており、4歳の娘がいることがわかりました。

別れた夫と暮らしているという娘の小春はアメリカで心臓移植の手術を受けていたのです。

その手術のために亜紀は数千万円のお金を用意していました。

杏子はそのお金が政治家の不正証拠の口止め料だったのではないかと、直接亜紀に問い詰めました。

初めはとぼけていた亜紀ですが、小春からの手紙を受け取ると涙を流すのでした。

そして、お金をある政治家から受け取ったと告白します。

しかし、そのお金は口止め料ではなく、壮一郎の社会的信用を落とすために壮一郎と関係を持つことを条件にもらったものでした。

そこで薬を使って壮一郎を眠らせて関係があったかのように思わせたと言うのです。

壮一郎の保釈中にインタビューを受けたのも南原の秘書の指示であることもわかりました。

さらに亜紀は南原の不正の証拠を掴んでいました。

情報提供者から受け取った文章も持っていると言うのです。

その文書とは経済特区についての決済文書であり、杏子は亜紀からその文書を受け取る約束をしました。

しかし、亜紀が駅の階段から落ちて意識不明の重体になってしまいます。



多田は特命推進事務局長の宮前(春海四方)から政治家の汚職の証拠となる文書を手に入れることに成功。

その文書は南原が株を買う前にイーデンスの上場を知っていたことを証明できるものでした。

しかし、佐々木はその文書が本物か怪しいと言うのです。

そこで壮一郎はこの文書は見送ろうと提案し、本当の裏切り者は誰なのか確かめに行くことにしました。


裏切り者は誰!?予想してみた
グッドワイフ・裏切り者は誰?壮一郎の部下・佐々木が有力?


スポンサーリンク


8話の要点

  • 南原はインサイダー取引を行っていた
  • 亜紀と壮一郎は関係を持っていない
  • 亜紀は壮一郎にハニートラップを仕掛けていた
  • 亜紀は以前結婚していて1人娘がいた


9話のあらすじはこちら
グッドワイフ9話あらすじネタバレ!裏切り者が判明!多田と壮一郎の闘いは?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「グッドワイフ」8話のあらすじをネタバレで紹介しました。

8話では物語が一気に進展します。

壮一郎の裁判もですが、円香の過去についても分かる回になっています。

杏子は壮一郎を救うことができるのでしょうか。

そして、多田との三角関係はどうなるのでしょうか…。






キャスト情報!



スポンサーリンク