ここでは、グッドワイフの8話に登場するゲストキャストについて紹介しています。

8話では、いよいよ壮一郎の裁判が始まります。

杏子は裁判のため、壮一郎と関係があった亜紀のもとを訪れます。

一方、多田も壮一郎のところへやって来て、あることを宣言します。

亜紀の上司・上森孝明役の松尾貴史さんは、8話でも登場します。

かなり重要な情報を得ることになりそうです。

8話のタイトルは「裏切り者」です。

どんなお話が展開されるのでしょうか。

ここでは、グッドワイフ8話に登場するゲストキャストをまとめて紹介します。


スポンサーリンク


円香の過去を知る男・木内幸久役に丸山智己

神山多田法律事務所のパラリーガルの円香みちる(水原希子さん)の過去を知る謎の男・木内幸久を演じるのは、丸山智己さんです。

長野県出身、1975年3月27日生まれの43歳。

雑誌モデルとして活躍中も平行して地道に俳優活動を行っていましたが、そんな大役には恵まれませんでした。

その丸山さんがブレイクした作品は、2005年9月公開の映画「NANA」のヤスこと高木泰士。

興行収入40億円を超える大ヒット作となった作品には、主演・主題歌を中島美嘉さん、宮崎あおいさん、松田龍平さん、成宮寛貴さん、松山ケンイチさん、玉山鉄二さん、平岡祐太さんという豪華なキャストが出演していました。

主人公・ナナを支えるヤス役を好演した丸山さんは、この映画で一躍全国区へ!

その後、連続ドラマ「神はサイコロを振らない」「ホテリアー」「ホタルノヒカリ」「Around40~注文の多いオンナたち~」「絶対零度~未解決事件特命捜査~」などに続々と出演。

「サイコダイヴ」ではテレビドラマ初主演を果たしています。

その後も、「花咲舞が黙ってない」「HERO」「銭の戦争」「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season」「記憶」「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」など、話題のドラマに出演しています。


スポンサーリンク


亜紀の新聞社時代の上司・上森孝明役に松尾貴史

7話に続いて、8話にも登場する上森孝明(松尾貴史さん)。

上森孝明は、壮一郎の不倫相手・遠山亜紀(相武紗季さん)の新聞社時代の上司になります。

杏子は亜紀に会うために訪れた新聞社で、上森から亜紀の隠された過去を聞き、亜紀に会いに行きます。

壮一郎の事件に関係のない立ち位置に居ながら、亜紀の過去をすんなりとばらす上森。

松尾さんにうってつけの役どころかもしれません。

もしかしたら、壮一郎の危機を救う本当の情報提供者ではないのか?!

8話の登場シーンに期待ですね。

松尾貴史さんのプロフィールは、グッドワイフ7話キャスト!映画に出演している女優役は?店長役は?で紹介しています。


スポンサーリンク


宮前文昭役に春海四方

宮前文昭を演じるのは、東京都出身、1959年3月22日生まれの春海四方さんです。

春海さんは元劇男一世風靡、一世風靡セピアの一員として活躍した後、俳優に転身しています。

元劇男一世風靡とは、のちに小木茂光さん、哀川翔さん、柳葉敏郎さんたちと結成した一世風靡セピアの母体ともなる男性路上パフォーマンス集団です。

毎週日曜日に路上でパフォーマンスを披露していましたが、1989年7月31日に創設メンバー(春海さんたち7名)が退団した後、解散しています。

1984年、春海さんは小木さんらと一世風靡セピアを結成し、1989年まで活動していました。

その後は、俳優としての活動を広げ、さまざまなテレビドラマ、映画などに出演しています。

2018年は、映画「響-HIBIKI-」、テレビドラマ「アンナチュラル」「越路吹雪物語」「隣の家族は青く見える」「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」「警視庁・捜査一課長シーズン3」「ヘッドハンター」「おっさんずラブ」「黄昏流星群」「SUITS」と大活躍。

朝ドラ「半分、青い。」では、主人公たちが通う高校の勅使河原(クラゲ先生)を好演していました。

これからも長く活躍してほしいベテラン俳優の一人ですね。

亜紀の娘・小春役に五條千衣

亜紀は過去に結婚をしていて一人の娘がいました。

それが小春ちゃん。

小春ちゃんは大病を患っていましたが、アメリカに行って手術をし無事に成功します。

亜紀は小春ちゃんが1歳半のときに離婚したため、顔を知りません。

本当の情報提供者役は?

7話では、情報提供者と見られる内閣府の職員が脇坂に捕まってしまいました。

8話では本当の情報提供者が現れるということですが…。

分かり次第、追記します。

まとめ

グッドワイフ8話のゲストキャストを紹介しました。

8話では、円香みちるに大きなトラブルがありそうな雰囲気。

円香の過去を知る男とは?

それは、壮一郎とも関係があるのでしょうか。

タイトルが「裏切り者」なので、誰かが誰かを裏切るみたいですが、裏切り者はやはり佐々木?!

ネットでは、裏で壮一郎が脇坂と手を組んで、南原次郎(三遊亭円楽さん)の汚職の証拠をつかむために画策しているとか?

次回、壮一郎の事件のカギとなる情報提供者が判明するみたいですので、事件に進展がありそうですね。



スポンサーリンク