ここでは、グッドワイフの7話に登場するゲストキャストについて紹介しています。

7話では、カリスマIT社長・剣持から依頼がはいり、多田、杏子、朝飛の3名で担当することになります。

剣持がモデルのような映画が無断で公開され、さらにそれが剣持を誹謗したかのような内容でした。

そのことから映画会社を訴えることになるのですが、映画会社は剣持をモデルにしたことを否定しています。

果たしてこの依頼を解決することはできるのでしょうか。

カリスマIT社長・剣持役には浜野謙太さん、映画プロデューサーとして田中要次が出演します。

その他、グッドワイフ7話に登場するゲストキャストをまとめて紹介します。


スポンサーリンク


カリスマIT社長・剣持宏光役に浜野謙太

カリスマIT社長・剣持宏光を演じる浜野謙太さんは、神奈川県出身、1981年8月5日生まれの俳優、ミュージシャンです。

ボーカル兼リーダーを務める在日ファンクの活動ほか、映画、テレビドラマ、バラエティー番組と大忙しの日々をおくる、売れに売れている人気タレントのひとりです。

2018年の活躍は特に顕著で、2019年2月1日公開の「雪の華」ほか、3月1日公開「九月の恋と出会うまで」、秋公開の「おいしい家族」と映画3本を撮り終え、ただ今、連続ドラマに出演中。


スポンサーリンク


映画プロデューサー・二見芳郎役に田中要次

二見芳郎を演じる田中要次さんは、長野県出身、1963年8月8日生まれの55歳です。

2001年1月~放送された人気テレビドラマ「HERO」のバーテンダーを演じていました。

「あるよ」のセリフでお馴染みですよね。

このドラマが役者人生の転機となったと語っていましたが、その後、朝ドラ「梅ちゃん先生」「純と愛」「あまちゃん」「べっぴんさん」、大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」「花燃ゆ」「おんな城主 直虎」と立て続けに出演。

そのほかにも、数多くのテレビドラマ、映画に出演しています。

今回、ゲストで出演する浜野謙太さんとは、現在放送中の「面白南極料理人」で共演中です。


スポンサーリンク


店長役に前野朋哉

店長を演じる前野朋哉さんは、auのCMでお馴染みですね。

岡山県出身、1986年1月14日生まれの33歳です。

現在放送中の「フルーツ宅配便」にも出演中ですが、デビューは、中央大学在学中に参加した石井裕也監督作品「剥き出しにっぽん」。

監督・脚本・主演作品「脚の生えたおたまじゃくし」は、第4回福井映画祭で観客賞・田中光敏監督賞を受賞。

また、2010年には、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭のオフシアター・コンペティション部門で、審査員特別賞・シネガーアワードをそれぞれ受賞しています。

朝ドラ「わろてんか」で共演した大野拓郎さんと潮干狩というコンビを組んで出場したM-1グランプリ2017では、見事、予選1回戦を突破。

コメディの才能を存分に発揮されていました。

前野さんお得意のコメディタッチな物語とは程遠いところにある弁護士ドラマですが、どんな場面で登場してくるのでしょうか。

上森孝明役に松尾貴史

上森孝明を演じる松尾貴史さんは、兵庫県出身、1960年 5月11日生まれの58歳。

タレント、コラムニスト、俳優、ナレーターなど、ラジオ、テレビドラマ、映画、エッセイと幅広く活躍するタレントであり、京都造形芸術大学・客員教授でもあります。

2018年10月~放送されていたテレビドラマ「獣になれない私たち」では、クラフトビールバーのオーナー・店長のタクマラカン斎藤を演じていました。

さまざまな肩書をもつ松尾さんですが、大阪、下北沢にカレーショップ「般゜若(パンニャ)」を経営し、実業家としての一面ももちます。

ちなみに、以前の芸名はキッチュ。

落語家の春風亭昇太さんたちと世田谷でバーを共同経営しているとの噂あり?!(たぶん、本当です)

映画出演女優・愛唯役に安倍乙

愛唯を演じる安倍乙さんは、秋元康さんプロデュースの劇団4ドル50セントの劇団員です。

大阪出身、2000年1月18日生まれのまだ19歳のアイドル・女優ですが、AbemaTV「オオカミくんには騙されない シーズン」、ドラマ「海月姫」、ドラマ「おっさんずラブ」、「めざましテレビ」と徐々に出演が増えています。

名前は、「あべおと」さんと読みます。

まとめ

グッドワイフ7話のゲストキャストを紹介しました。

7話では一気にストーリーが進みそうな気配ですね。

壮一郎と多田の対決は、どちらに軍配が上がるのでしょう。

また、壮一郎は、南原次郎(三遊亭円楽さん)の汚職を暴くことができるのか。

徐々にシリアス度が増していく展開ですが、いつの世も犠牲になるのは子どもなんだなーと思ってしまいますね?

保釈されて帰ってきた壮一郎に、長男・隼人(小林喜日さん)が「離婚しろよ」と言うシーンがありましたが、親の事件に振り回される子どもがかわいそうになってきますね。

事件が少しでも早く解決するといいのですが…。


スポンサーリンク