ここでは、ドラマ「メゾンドポリス」の最終回のあらすじをネタバレで紹介しています。

最終回では、高遠建設の野間との闘いに決着がつきます。

ひよりとメゾンドポリスのメンバーはどうやって解決するのでしょうか。

そして、警察内の内通者は誰だったのでしょうか?

今回は、ドラマ「メゾンドポリス」の最終回のあらすじをネタバレで紹介していきます。


スポンサーリンク


メゾンドポリス最終回あらすじネタバレ

協力者だと思っていた真琴が実は野間に情報を流していました。

野間の指示でメゾンドポリスが爆破され、藤堂は火傷を負ってしまいます。

迫田は警察から取り調べを受け、夏目は行方不明、高平は娘のことで脅されるはめに。

さらにひよりは自宅待機を命じられ、ひよりとメゾンドポリスのおじさま達はバラバラにされてしまいました。

ひよりは自分の判断ミスだと後悔し、捜査を諦めかけていました。

しかし、伊達や高平は捜査続行を示唆するのでした。

逃亡中の夏目は若林を殺したとされる大黒の居場所を突き止め、証拠となる靴を没収しました。

そしてそれを入院中の藤堂に届けます。

さらに迫田は新木と原田を呼び出して、警察署内の裏切り者を探して欲しいと頼むのでした。

ひよりらがメゾンドポリスの片付けをしているとそこへ桃香がやってきました。

桃香はお母さんが怖い人に脅されていると言うのです。

ひより達は桃香の発言で真琴が野間に情報を伝えていたことを知ります。

真琴は野間からお金を渡されて情報を渡すようになったと告白。

しかし、真琴は自分のせいで和子が亡くなったことに責任を感じていました。

そこでひよりは野間が真琴を自分の駒だと思っていることを利用しようと思いつきます。

入院中の藤堂がメゾンドポリスに帰ってきました。

夏目から託された大黒の靴を調べると、靴底についていた血痕が殺された若林の物で間違えないことがわかりました。

そこへ迫田も帰宅。

これで夏目以外のおじさま達が再びメゾンドポリスに集まりました。

そんな中、逃亡中の夏目がひよりに接触。

夏目は市野沢が亡くなった日にバーで飲んでいる映像を入手していました。

市野沢は池原と一緒にバーを訪れていました。

市野沢の様子がおかしいと感じた野間は、池原を利用して探りを入れていたのでした。

市野沢が裏帳簿のデータを警察に届け出るつもりだと告白したことから、野間は口封じのために若林を使って市野沢を殺したのでした。

そのことを後悔していた池原が警察に自白してしまうのではと考えた野間は池原も殺害してしまったと夏目は言うのです。

ひよりは和子が持っていた写真に目をつけます。

そこに高遠建設の経理部の封筒が映っていたことからその封筒を調べると、証拠となるデータが残っていました。

ひよりは真琴にこの裏帳簿を公表してもらうことを思いつきます。

しかし、この情報も真琴から野間に流れており、夏目がメゾンドポリスに帰ると野間が待ち構えていました。

野間は殺す前にとひよりやおじさま達の前で自供しますが、それは全てひより達の作戦でした。

全てを聞いていた瀬川の協力もあり、ひよりは野間を逮捕することができました。

野間の逮捕によって高遠建設と青戸組の癒着が明らかになりました。

ひよりは器物損害などの容疑で夏目を逮捕し、それによって捜査一課への異動が決まったのでした。


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「メゾンドポリス」の最終回のあらすじをネタバレで紹介しました。




出演者の関連記事


スポンサーリンク