ここでは、ドラマ「メゾンドポリス」の8話のあらすじをネタバレで紹介しています。

8話では、メゾンドポリスに一人の少女がやって来ます。

その女の子は祖父がオレオレ詐欺に遭った祖父のために犯人を捕まえてほしいというのです。

さらに、送り主不明の謎の小包が届きます。

その中には謎のスマホが…

今回は、ドラマ「メゾンドポリス」の8話のあらすじをネタバレで紹介していきます。


8話を見逃した人はこちら
メゾンドポリス動画8話を無料視聴する方法は?Pandoraで視聴できる?


スポンサーリンク


メゾンドポリス8話あらすじネタバレ

祖父が詐欺に遭ったので犯人を捕まえてほしいと、メゾンドポリスにひとりの少女がやってきました。

ちょうど同じ頃、宛名も送り主もない謎の小包が届きます。

中から出てきたのは2台のスマホでした。

着信音が鳴り、夏目が出ると東堂を誘拐したと言うのです。

身代金として1億円用意できなければ東堂の命は無いと。

しかも指定時刻まで30分しかなく、身代金を用意できなければ藤堂の命はないと脅してきました。

夏目が何者かと問うと、とある組織に属していると犯人は言いました。



そこへひよりが美砂を連れてメゾンドポリスにやって来ました。

夏目に高遠建設の事件を追うことにしたと告げますが、夏目は人の命がかかっているからとにかく中へと二人を案内します。



桃香がキッズケータイを持っていることを知り、母親の真琴に連絡をすることにしました。

警察に連絡して欲しいと告げて電話を切ると、すぐに犯人からキッズケータイに電話がかかってきました。

真琴を誘拐したと言うのです。

さらに拳銃の音がして、東堂は死んだと言います。

犯人が求めているのは高遠建設の事件についての資料でした。

ひよりが資料を探し始めると、高遠建設と関わっていたのは自分だと伊達が名乗り出ました。

伊達は高遠建設の資料を集めていました。

それを犯人に見せますが、犯人は納得しません。

疑うならここに直接来ればいいと、館林真琴の名前を呼びます。

伊達らは犯人がフリージャーナリストの真琴で、狂言誘拐であることに気付いていました。

真琴は高遠建設の事件をずっと追っていたのです。

さらにはひよりや美砂も協力者でした。



ひよりは2週間前に美砂に会った時に真琴を紹介され、その時に伊達が高遠建設に深く関わっていることを聞かされました。

伊達が全ての真相を知っていると思い、それを聞き出すためにこの計画を練ったのでした。

伊達に自分の父親が死んだ本当の理由を問うと、伊達が話し始めました。

伊達が刑事部長だった頃、高遠建設の建設現場で不審死がありました。

亡くなったのはひよりの父親でしたが、充分な証拠がなく事故として処理するしかありませんでした。

伊達はずっとその事件のことが気になっており、真相を探るために高遠建設に天下りしました。

しかし、何もわからないまま2年で退職したと言うのです。



ひよりはそんな伊達の説明に納得できず、まだ何か隠しているのではないかと詰め寄ります。

ですが、伊達が夏目やひよりをメゾンドポリスに呼んだのは高遠建設の闇を暴くことができると思ったからでした。

全てを聞いたひよりは混乱していました。

そんなひよりに草介は自分の素性を明かし、自分たちも警察と高遠建設の癒着を疑っていると告げます。

それを聞いたひよりはメゾンドポリスのリーダーである自分はメンバーのことを信じると伝え、彼らと一緒に必ず事件の真相を突き止めると宣言するのでした。


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「メゾンドポリス」の8話のあらすじをネタバレで紹介しました。

藤堂が誘拐されるという事件が起きましたが、瀬川が関係しているのでしょうか。

いよいよ、ひよりの父親の事件の真相が分かりそうですね。


8話を見逃した人はこちら
メゾンドポリス動画8話を無料視聴する方法は?Pandoraで視聴できる?




出演者の関連記事


スポンサーリンク