ここでは、ドラマ「メゾンドポリス」の9話のあらすじをネタバレで紹介しています。

9話では、ひよりが父親が務めていた高遠建設のことを調べ始めます。

そこで、警察から天下りした常務取締役・野間仁と青幸興行社長・大黒毅との密会現場を写真に収めることに成功します。

しかし、ひよりに危険が迫っていました。

今回は、ドラマ「メゾンドポリス」の9話のあらすじをネタバレで紹介していきます。


スポンサーリンク


メゾンドポリス9話あらすじネタバレ

ひより(高畑充希)はメゾンドポリスのおじさま達やフリージャーナリストの真琴(東風万智子)と一緒に改めて高遠建設を調べることにしました。

夏目(西島秀俊)と迫田(角野卓造)が清掃員として高遠建設に潜入捜査をしたことで次第に事件の真相が明らかになってきました。

ひより達は3年前に市野沢譲と池原慎吾が亡くなった事件に関与しているのは、警視庁から天下りした常務取締役と渉外部部長を兼務する野間仁(佐野史郎)と見ていました。



3年前に高遠建設の経理部長をしていた市野沢の遺体が河川敷で発見されました。

死因は溺死で目立った外傷がないことから警察は酔って川に転落したことによる事故だと処理。

しかし、夏目は市野沢の妻から、市野沢が会社のことで悩んでいたと聞いていたことから事故とは納得できないでいました。

そこで夏目は池原が何か隠していると思い、任意で事情聴取をすることにしました。

池原を執拗に追い詰めてしまい、その後池原は飛び降り自殺をしてしまったと言うのです。



ひより達は市野沢の死には野間が関わっていると見ていました。

野間は警察上層部と強いパイプがあり、次の社長候補と言われている人物。

もともと高遠建設の渉外部は地元の暴力団との調整役として機能しており、最近では暴力団・青戸組のフロント企業である青幸興行に仕事を発注する事案が多くなっていました。

ひより達は野間と青幸興行の社長である大黒毅(中野英雄)が癒着し、私腹を肥やしているのではないかと見ていました。

野間は大黒からキックバックをもらっており、その不正会計の処理に市野沢や後任の池原が加担させられていたのではと言うのです。

市野沢がその仕事を辞めたいと言い出したか警察にリークすると言ったことから野間が自分の身を守るために大黒を使って市野沢を殺し、口封じのために池原も殺されたと見ていました。

そして、野間と大黒が密会しているところを真琴が撮影したことから、この仮説が証明されたのです。



ひより達は市野沢の妻である和子に話を聞きに行くことにしましたが、和子は何も話そうとしません。

しかし、後日和子(宮地雅子)からひよりの元へ連絡が入り、話を聞くことができました。

和子は市野沢が不正な経理に加担していたと言うのです。

その不正な経理とは、高遠建設から下請けの会社に支払うお金の一部を野間にキックバックしているというものでした。

野間から夫の名誉のためにも何も話さないで欲しいと言われ、さらにお金を受け取ってしまったために今まで打ち明けられなかったと言うのです。

さらに市野沢とひよりの父親は同期で親しくしていたことから、不正会計のことを相談していたと。

もしかしたらひよりの父親の死にも夫のことが関係しているかもしれないと話すのでした。



しかし、この会話は全て録音されており、真琴によって野間に流されていました。

そして和子が殺され、ひよりやおじさま達も命を狙われることになってしまうのでした。



最終回のあらすじはこちら
メゾンドポリス最終回あらすじネタバレ!警察の内通者は?ラストの結末は?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「メゾンドポリス」の9話のあらすじをネタバレで紹介しました。

いよいよ、ひよりの父親の事件について調べ始めましたね。

ひよりとメゾンドポリスのメンバーたちは解決することができるのでしょうか。


9話の動画を無料で見るには?
メゾンドポリス動画9話を無料視聴する方法を紹介!ひよりが父親の事件の真相を追う




出演者の関連記事


スポンサーリンク