ドラマ「半分、青い」で正人(中村倫也)は鈴愛(永野芽郁)に別れを告げて吉祥寺に引っ越しましたが、それ以来登場シーンがありません。

その後正人は再登場するのでしょうか?

今回は正人はその後再登場しないのか?ということについて紹介していきたいと思います。



「半分、青い」は何位?2018年夏ドラマの視聴率はこちら
ドラマ視聴率ランキング2018夏7月~9月!


スポンサーリンク


正人役は中村倫也!役どころは?


朝井正人役を中村倫也さんが演じます。

中村さんは1986年12月24日生まれの俳優で、トップコートに所属しています。

高校1年生のときに所属事務所からスカウトを受けます。

俳優でタレントの中村昌也さんとの血縁関係が噂された時期もありますが、まったくのガセネタだそうです。

所属事務所の養成所Artist☆Artistにて演技を学び、2005年映画「七人の弔」で俳優デビュー。

芸能生活10周年の2014年に「ヒストリーボーイズ」にて舞台初主演を果たし、第22回読売演劇大賞優秀男優賞受賞しています。

2016年の「闇金ウシジマくんSeason3」では光宗薫さん演じる上原まゆみに近づき、じわじわと苦しめる神堂大道役を見事に演じ、その狂気性を大胆に表現しました。

同年の「お義父さんと呼ばせて」では花澤葉理男役を演じ、5話で見せた女装姿が可愛すぎると反響を呼びました。

「半分、青い」と同時期に放送していた「崖っぷちホテル!」では口の悪い苦労人の料理人、江口竜二役を演じました。

ハキハキと男らしい口調で話す竜二は、ゆったりした口調で話す優しい正人とは180度違う役で、中村さんの演技力を感じましたね。

とんでもないサイコパスの殺人鬼からゆるふわなマシュマロ男子までその巧みな演技力でさまざまなキャラクターを演じ分け、じわじわと人気を上げてきている期待の若手俳優です。

2018年公開の映画「オズランド 笑顔の魔法おしえます」では小西俊郎役を演じます。



今作では西北大学の法学部に所属する朝井正人役。

律(佐藤健)の同級生で、上京後にできた最初の友達でした。

ふわっとした雰囲気でつかみどころがなく誰にでも優しいのですが、ソフトな外見とは裏腹に女性に遊び慣れている様子を見せています。

一部の女性には「マア君」と呼ばれており、律とは同じマンションの向かい同士であり、自室で飼っている子猫の「ミレーヌ」を介して知り合います。

北海道出身であるが言葉の訛りを気にし、単語を区切って話すようにしており、一時期は律も真似していました。

叔父の母校でもあった名古屋の「海藤高校」を受験して不合格となりましたが、その日に律が助ける前に犬を道路の脇に避難させていたのが、正人でした。

喫茶「おもかげ」でアルバイトを始め、店で意気消沈し悩みを吐露する鈴愛を優しく励まし、恋心を寄せられます。

鈴愛とはデートをしたりキスをする寸前になる程に交流を深めていきますが、彼女からの愛の告白を断る形で6月の終わりに振ります。

理由として、鈴愛を過去付き合った女性たちと同じ境遇にさせたくないことや、律と鈴愛が両想いであると判断したこと、律との友情を優先したい旨を律にのみ打ち明けます。

その後、海外出張する親戚宅の留守番をする為に吉祥寺へ転居しますが、それから鈴愛の前に現れていません。


スポンサーリンク


正人は引越し後もう出ない?再登場の可能性は?ネタバレあり


正人が再登場するのは2010年のようです。

2年前、律はロボットの研究でアメリカへ行き、より子(石橋静河)と翼(山城琉飛)も呼び寄せますが上手くいかずに離婚。

菱松電機はロボット部門閉鎖となり、日本に呼び戻されます。

律は東京に戻ってきて正人に勧められたツタが絡まるレトロなアパートに住み始めます。

正人が退場してからも律との関係は続いており、20年来の親友になっていて、正人は法律関係の出版社に就職して普通のサラリーマンになっていました。

まだ独身ですが、10歳年上の彼女がいるらしく真剣に恋している様子です。

あいかわらず正人は恋多き男なんですね。

その頃律は菱松電機を辞めて鈴愛と会社を立ち上げるか悩みますが、その際正人は良き相談相手になります。

会社立ち上げの際2人を見守ったり、花野(山崎莉里那)を預かったりと色々と世話を焼くことになります。


スポンサーリンク


正人の再登場についてまとめ


正人の再登場はあるのか、ということについて紹介しました。

2010年となるとまだ再登場するのは先だと思いますが、また正人の姿が見られるのかと思うと今から楽しみですね。

再会した時の鈴愛の反応も気になるところです。

正人は律と鈴愛の恋が上手くいけばいいと思っていたようだったので、結婚していない2人を見たらがっかりしていまいそうな気もしますが、また良い友達として楽しくやっていければいいのではないかと思います。






スポンサーリンク