ここでは、ドラマ「白衣の戦士」9話のあらすじをネタバレで紹介します。

はるかは斎藤の両親と一緒に東京見物をすることになりました。

しかし、父親の渡は伊豆の老舗旅館の一人息子である斎藤が跡を継がなかったことを許せず、二人は反発ばかり。

そんな中、渡が突然腹痛を訴えてそのまま入院することになってしまいます。

ここでは「白衣の戦士」9話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


白衣の戦士9話あらすじネタバレ

はるか(中条あやみ)は斎藤(小瀧望)と両想いであることに気づいて舞い上がります。

しかし、仕事ができる斎藤に嫉妬したはるかは対抗心をむき出しに。



休みが重なった夏美(水川あさみ)と本城(沢村一樹)は待ち合わせをしてランチに行くことに。

メニューを間違えた店員をフォローする姿を見て、夏美は本城の優しさを改めて実感しました。

その頃、はるかと斎藤も遊びに行く約束をしていました。

しかし、当日になって急に斎藤の両親が親戚の法事で上京してきて、みんなで東京見物をすることになりました。

父親の渡(寺脇康文)と斎藤は何かにつけて反発しあってばかり。

斎藤の実家は伊豆で小さな旅館を経営しており、一人息子の斎藤が田舎を捨てて東京に行ったことが渡は気に入らないのでした。



スカイツリーに登ろうとしたところで渡が突然腹痛を訴えます。

そこで四季総合病院で診察をしてもらうことに。

柳楽(安田顕)の診断により胃潰瘍が原因で腹痛が起きていたことが判明。

さらに内視鏡検査で腫瘍が見つかり、悪性の可能性が高いことがわかりました。

そのまま入院することが決まり、はるかと夏美が担当を受け持つことに。

渡を心配して様子を見に来た斎藤でしたが、渡はそんな斎藤に厳しい言葉を浴びせます。

母親の芳子(藤吉久美子)から、渡はまだ旅館を継いでほしいと思っていると言われた斎藤は自分の決断は間違っていたのかもしれないと考えるようになっていました。

そしたら父親が病気になることもなかったのではないかと。

しかしその反面、父親とは考え方も生き方も違って分かり合えなくて仕方がないとも思っていました。

そんな斎藤にはるかは「自分の親は世界にたった二人しか居ないのにこのままでいいの?」と問います。

すると斎藤は「何にもわかっていないくせに簡単にそんなこと言うな」と答えるのでした。



渡は家業を継ぐという重圧から逃げるために斎藤が看護師になったと思っていました。

看護師でなくても何の仕事でも良かったのだと。

それを聞いたはるかは、それは違うと反論。

斎藤が看護師を目指したのは、希望を失くした時に勇気を与えてくれた看護師のようになりたいと思ったからだと渡に説明するのでした。



そんな中、渡が突然吐血。

消化管に穴が空いている可能性があり、緊急手術が行われることに。

柳楽の執刀で手術は無事に成功しました。

弱っている父親を見て、斎藤は自分が旅館を継ぐべきかもしれないと悩んでいました。

しかし、看護師を続けたいという気持ちが強く、こんな気持ちで帰ったら人生かけて必死で旅館を守ってきた渡に失礼だと考えるように。

「旅館は継げない」と告げると、渡は「自分でやると決めたことは最後までやり遂げなさい」と進言。

二人は長年のわだかまりを解くことができました。

そして渡の体調も回復し、無事に退院することができました。



斎藤ははるかにいつも助けられていると感じるようになっていました。

そして、ついに「立花のことが好きだ」と告白。

二人は晴れて付き合うことになりました。



はるかに危機が!?
白衣の戦士最終回あらすじネタバレ!はるかが病院をクビに?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「白衣の戦士」9話のあらすじをネタバレで紹介しました。

斎藤もはるかのことが好きだとわかり、ついに二人は両想いに。

やっとはるかの恋が実って良かったです。

そして9話では斎藤の両親が登場。

両親役は寺脇康文さんと藤吉久美子さんが演じます。

どのような親子関係を見せてくれるのか楽しみです。


1話からまとめて無料視聴する方法、知ってますか?
白衣の戦士・動画1話から最新話までをまとめて無料視聴する方法を紹介!




キャスト情報



スポンサーリンク