ここでは、ドラマ「白衣の戦士」6話のあらすじをネタバレで紹介します。

本城のことを真剣に考え始めた夏美でしたが、そんな時に元見合い相手の里中が入院してきました。

里中はナースとして生き生き働く夏美の姿を見て、「結婚したら仕事をやめてほしい」という自分の考えが間違っていたことに気づきます。

そして夏美も再び里中に会ったことで気持ちが揺れ動いてしまいます。

ここでは「白衣の戦士」6話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


白衣の戦士6話あらすじネタバレ

はるか(中条あやみ)は後輩の七海(富田望生)から彼氏ができたという報告を受け、羨ましい気持ちでいっぱいでした。

七海の話を聞いたはるかは、自分の斎藤(小瀧望)への想いが恋であることを改めて実感。

七海から、自分から行くしかないとアドバイスされたはるかは斎藤に気持ちを伝えようと決意しました。



同じ頃、夏美(水川あさみ)は結婚相談所にいました。

担当者から本当に結婚する気があるのかと聞かれた夏美は、本城(沢村一樹)のことを思い出していました。

しかし翌日の申し送りで元お見合い相手の里中(田中幸太朗)が検査入院することを知った夏美は激しく動揺。

それを知った本城も二人のことが気になって仕方がありませんでした。



そんな中、はるかと夏美は洋食屋を経営する胡桃沢(金田明夫)の担当に。

蜂窩織炎でしばらく入院することになった胡桃沢でしたが、お店を閉めるわけにはいかないからと退院を申し出ます。

そこではるかと胡桃沢が言い合いになってしまいます。

夏美が止めに入りましたが、大声で怒鳴っているところを検査を終えて病室に戻ってきた里中に見られ気まずい雰囲気に。

しかし、里中はテキパキと仕事をこなす夏美の姿を見て、夏美のことを見直していました。

看護師はやりがいのある素晴らしい仕事であり、仕事を続けたいという夏美の気持ちにも理解を示すようになっていたのです。

改めて結婚を前提に付き合って欲しいとプロポーズされた夏美は、本城と里中の間で心が揺れてしまいます。

噂を聞きつけた同僚たちは夏美を祝福しますが、夏美は戸惑ってしまうのでした。



そんな中、胡桃沢が病院からの脱走を試みます。

胡桃沢はお店のことが気になって仕方がなかったのです。

担当医の柳楽(安田顕)から、悪化したら手術することになり、そしたら退院までもっと時間がかかると言われた胡桃沢は治療に専念することに。

しかし、お見舞いにきた常連客から胆石の持病のある妻が一人でお店を開いていると聞いた胡桃沢は再び病院を抜け出してお店へと向かいます。

それを聞きつけたはるかと夏美もお店へと急ぎ、胡桃沢を無事に発見。

3人がお店に入ると妻が意識を失って倒れていました。

しかし、幸い命に別状はありませんでした。



胡桃沢夫婦の絆を目の当たりにした夏美は、改めて結婚について考えていました。

そしてある決断を下します。

夏美は里中のプロポーズを断り、結婚相談所も退会しました。

自分にとって一番居心地の良い場所は本城の隣であることに気づいたのです。

里中のプロポーズを断ったと聞いた本城は安堵するのでした。



はるかが七海と食事をしていると、偶然そこに斎藤がやって来ました。

まだ斎藤に告白していないことを知った七海は、はるかと斎藤の二人きりにすることに。

はるかが「私のことどう思っている?」と斎藤に聞くと、斎藤からは「もう少し部屋を片付けた方が良いと思う」と見当違いな答えが返ってきました。

それを聞いたはるかは斎藤の鈍感ぶりに呆れてしまいます。

しかし、諦めきれないはるかは酔った勢いで斎藤にキスをしてしまうのでした。



7話のあらすじはこちら
白衣の戦士7話あらすじネタバレ!貴子の一人息子・佑輔が登場

各話のゲストはこちら
白衣の戦士に登場するゲストキャストまとめ!本城の元妻と娘役は?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「白衣の戦士」6話のあらすじをネタバレで紹介しました。

元お見合い相手の里中と再会したことで、夏美は本城と里中の間で気持ちが揺れてしまいます。

夏美がどちらの男性を選ぶのか気になります。

さらにはるかと斎藤の関係にも急展開がありそうで楽しみです。

6話のゲストは金田明夫さん。

金田さんが演じるのは頑固オヤジということで、元ヤンのはるかと対立する姿が目に浮かびます。


1話からまとめて無料視聴する方法、知ってますか?
白衣の戦士・動画1話から最新話までをまとめて無料視聴する方法を紹介!




キャスト情報



スポンサーリンク