ここでは、ドラマ「白衣の戦士」1話のあらすじをネタバレで紹介します。

立花はるかは四季総合病院の外科病棟で働き始めたばかりの新米ナース。

はるかはヤンキー上がりで度胸と根性には自信がありましたが、日々失敗を繰り返して先輩ナースで指導係の三原夏美からは叱られてばかりの毎日を送っています。

そんなはるかが初めて担当患者を受け持つことになります。

ここでは「白衣の戦士」1話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


白衣の戦士1話あらすじネタバレ

新米ナースの立花はるか(中条あやみ)は病棟勤務初日から指導係の三原夏美(水川あさみ)にこき使われ、想像していたよりも大変な看護師の仕事にヘトヘトになっていました。

それに比べて同期の斎藤光(小瀧望)は慣れない仕事もそつなくこなして主任からも歓迎されており、はるかは一方的に斎藤をライバル視。



そんなやる気が空回りするはるかですが、初めて担当患者を受け持つことになりました。

担当患者の細川潤也(鈴木仁)は高校生でありながらタバコを吸おうとしたり、医師の言うことを無視するなど問題行動ばかり起こしていました。

新人ナースであるはるかのことを馬鹿にする潤也に対してはるかは元ヤンの血が騒いでしまうのでした。



一方、指導係の夏美は仕事はできるが「35歳までに結婚退職」を目標にしていて婚活まっただ中。

自分がはるかの指導係になったことも納得しておらず、2人の新人が入ったことで逆にストレスが増えると感じていました。

そんな夏美は貯金をはたいて入会した結婚相談所から久しぶりのデートの誘いが来て浮き足立ってしまいます。

お見合い相手の里中詠一(田中幸太朗)から「とても気になっていた」と言われ夏美は有頂天に。

しかし、里中は結婚相手には仕事を辞めて家庭に入って欲しいと考えていました。

それが付き合う条件だと聞いた夏美は「結婚したら看護師を辞める」と二つ返事で承諾してしまうのでした。



潤也は母親の智子(富田靖子)が面会にも来ないことに寂しさを感じていました。

はるかは潤也の反抗的な態度の原因が智子にあるのではないかと、智子の職場を訪れることに。

智子は夫が家を出てしまい、潤也の入院費を稼ぐためにスーパーと居酒屋の二つのパートを掛け持ちしていました。

そのために面会時間に間に合わずにいたのです。

はるかは智子が潤也を見捨てていないことを知って安心するのでした。



そんなある日、もう一人の担当患者である田中の容態が急変。

はるかが点滴交換をした時に落ちるスピードを確認しなかったために、薬が急激に体に入って心臓に負担がかかり呼吸困難を起こしてしまったのです。

「ちゃんと確認したつもりです」と言うはるかに夏美は「この仕事はつもりでは務まらない」と厳しく叱責。

はるかはナース失格だと言われて落ち込んでしまいます。

謝りに行ったはるかは田中から「自分が点滴のスピードを速くした」と打ち明けられますが、自分のせいにして大丈夫だと田中に伝えます。

そんな二人の様子を看護師長の本城(沢村一樹)は陰から見ていました。



そんな中、潤也がトイレにリストバンドを置いていなくなってしまいました。

病院を抜け出して友人たちとハンバーガーを食べた潤也ですが、急に母親が恋しくなって智子が働く居酒屋を訪れます。

潤也は母親が必死で働く姿を見て今までの行動を反省するのでした。

その時、突然激しい腹痛を訴えて倒れてしまいます。

ちょうどそこへ潤也を探していたはるかが現れて応急処置をほどこしたことで潤也は助かりました。

意識を取り戻した潤也は智子に「ありがとう」と伝えます。

さらに「病気を治して学校に行く」と言う潤也の言葉を聞いた智子は涙を流して喜ぶのでした。

夏美ははるかの姿を見て看護師になったときの初心を思い出していました。看護師の仕事は奥が深いと、やりがいを感じ始めるのでした。



2話のあらすじはこちら
白衣の戦士2話あらすじネタバレ!はるかと斎藤の恋の予感?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「白衣の戦士」1話のあらすじをネタバレで紹介しました。

ドラマの序盤、ハチャメチャな行動をするはるかでしたが、後半につれてナースらしくなっていきました。

元ヤンというのも強みとして生かされています。

これから、どんな患者さんたちとのふれあいがあるのでしょうか。

そして、夏美の恋はうまくいくのでしょうか・・・?


白衣の戦士1話からまとめて無料視聴する方法、知ってますか?
白衣の戦士・動画1話から最新話までをまとめて無料視聴する方法を紹介!



キャスト情報



スポンサーリンク