ここでは、ドラマ「白衣の戦士」2話のあらすじをネタバレで紹介します。

新米ナースのはるかは指導係の夏美から相変わらず叱られてばかり。

仕事のできる同期の斎藤をライバル視していたはるかですが、次第に斎藤を意識し始めます。

そんな中、斎藤の大学時代の元カノである真理子がはるかの勤める病院に胃潰瘍で入院することになり、はるかは動揺してしまいます。

ここでは「白衣の戦士」2話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


白衣の戦士2話あらすじネタバレ

はるか(中条あやみ)は相変わらず指導係の夏美(水川あさみ)からダメ出しされる日々が続いていました。

同期の斎藤(小瀧望)とは差をつけられるばかり。

斎藤が採血を任されたことを知ったはるかは自分にも採血をさせて欲しいと夏美に懇願。

そこで夏美の採血をすることになりましたが、結局失敗してしまうのでした。



仕事帰りにスーパーに寄ったはるかは斎藤にばったり出くわします。

斎藤が鍋を作ると知り、お腹の空いていたはるかは一緒に鍋を囲むことに。

ビールを飲みすぎたはるかは斎藤の部屋で一夜を明かしてしまいます。

斎藤と何かあったのではないかと焦るはるかですが、結局酔っ払って眠ってしまっただけでした。

しかし、それ以来はるかはライバル視していた斎藤のことを意識してしまうのでした。



そんなある日、斎藤の大学時代の元カノである杉野真理子(堀田真由)が胃潰瘍で入院することになりました。

その夜、真理子は胃痙攣で発作を起こしてしまいます。

真理子は治療のために投与された薬を捨てていたのです。

それを聞いた斎藤は真理子に理由を問いますが、「光には私の気持ちはわからない」と言われてしまうのでした。

真理子は銀行員の父親に憧れて同じ銀行に入社しました。

学生時代から勉強もインターンも頑張ってやっと入った銀行でしたが、周りは優秀な人ばかりで自分の無力さに気づいてしまったのです。

病気が治ったら仕事に戻らなければならないが、それが嫌で薬を捨てたのでした。



仕事を辞める決意をした真理子は行員証をゴミ箱に捨ててしまいます。

それを聞いたはるかは集積所で行員証を探すことに。

はるかが患者のためにそこまでするのには理由がありました。

高3の時に親友がバイクの事故で大怪我をして病院に運ばれました。

意識のない親友を目の前にして何もできないはるかでしたが、看護師は親友の手を握って普通に話しかけていました。

結局、親友は亡くなってしまいましたが、その看護師のおかげでちゃんとお別れすることができたのでした。

そしてはるかは、自分もそんな風に誰かの力になりたいと思って看護師を目指すようになったのです。

はるかにとっては行員証を探すことも看護師の仕事と考えていたのです。



夏美もそんなはるかの気持ちを理解して一緒に探すことに。

そして無事に見つけることができました。

はるかから行員証を受け取った真理子は治療を前向きに受けることにしました。

病気を治して仕事に復帰したいと考えるようになったのです。



夏美はお見合い相手の里中(田中幸太朗)から「仕事を辞めて家庭に入って欲しい」と言われたことが気になっていました。

結婚退職を夢見ていた夏美ですが、はるかと出会って看護師の仕事にやりがいを感じ始めていたのです。

結婚か仕事かで悩む夏美。

悩んだ末、夏美は看護師を続ける決意を固めます。

夏美に秘かに想いを寄せる看護師長の本城(沢村一樹)は、夏美から里中との結婚話がなくなったことを聞いて喜ぶのでした。



3話のあらすじはこちら
白衣の戦士3話あらすじネタバレ!元ナースの入院患者の秘密とは?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「白衣の戦士」2話のあらすじをネタバレで紹介しました。

斎藤にライバル心をむき出しにしていたはるかですが、ひょんなことから斎藤を意識し始めます。

さらに結婚退職することに葛藤し始める夏美と、そんな夏美のことが気になる看護師長の本城。

様々な人間関係が動き出します!


白衣の戦士1話からまとめて無料視聴する方法、知ってますか?
白衣の戦士・動画1話から最新話までをまとめて無料視聴する方法を紹介!




キャスト情報



スポンサーリンク