ここでは、ドラマ「ストロベリーナイトサーガ」10話のあらすじをネタバレで紹介します。

暴力団組織・秋庭組組長の河村丈治が池袋の貸しビル内で遺体で発見されました。

姫川は生活安全課の江田と共に組織関係者以外への聞き込みにあたることに。

すると「ブルーマーダー」と呼ばれる謎の男が容疑者に浮上してきました。

ここでは「ストロベリーナイトサーガ」10話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


ストロベリーナイトサーガ10話あらすじネタバレ

池袋の貸しビル内で男性の他殺体が発見されました。

殺害されたのは暴力団組織・秋庭組二代目組長の河村丈治(湯江タケユキ)であることが判明。

両腕、両足が動かない状態にされた上で長時間に及ぶ暴力を受けたものと見られていました。

しかし、出血は見られず、鉄パイプのようなもので後頭部を執拗に殴打したことが直接の死因と判明。



姫川(二階堂ふみ)は池袋界隈に詳しい生活安全課の江田(久保田創)と組むことになりました。

さらに暴力団がらみの案件ということで、組対四課と合同で捜査することが決定。

組対四課が組員に聞き込みをすると、河村殺害の前々日から秋庭組の若頭・谷崎とその補佐・白井の姿が見られなくなっていることが判明。

二人が共謀して河村を殺害した可能性があると見ていました。

一方、姫川は河村が殺害されたと見られる日に喫茶店の防犯カメラに映る河村の姿を発見。

河村は誰かに呼び出されて現場に向かったものと見ていました。



繁華街で聞き込みをする姫川は、大塚(重岡大毅)の亡くなった現場に立ち寄ることに。

すると偶然、指名手配犯の岩渕を追う菊田(亀梨和也)に遭遇します。

姫川は菊田が結婚指輪をしていることに気づき、動揺。

また飲みにでも行こうと言ってその場を立ち去りました。

その時、刑事課長の東尾(宮川一朗太)から王子南署管轄内で全身を鈍器で全身をメッタ打ちにされた他殺体が発見されたと連絡が入ります。

被害者は新東京連合の元メンバーであることがわかりました。

さらに練馬区の飲食店でも撲殺死体を発見。

さらに西池袋路上でパトロール中の大竹巡査部長が何者かに襲われて負傷。

これらを受けて、東尾は連続撲殺事件は暴力団がらみの抗争事件とは筋が違うと判断。

通常の殺人犯捜査の手法に戻すことを決定しました。



姫川は入院中の大竹から話を聞くことに。

大竹も鎖骨を狙われていたことがわかり、姫川は一連の事件と同一犯と確信しました。

繁華街で聞き込みをする姫川の元に、ひとりの外国人女性が「私を守って欲しい」と寄って来ました。

ヤクザのボスを殺したのは間違いなく「ブルーマーダー」という人物だとその女性は言うのです。

ブルーマーダーは池袋界隈では有名で、行方不明となっている裏社会の人間は沢山いると。



笹塚署の下井正文警部補(陰山泰)はブルーマーダーの正体が元警察官の木野(要潤)だと気付いていました。

木野は暴力団組織を壊滅させて業界全体の地盤沈下をするために、警察官を辞めてチンピラとつるんでいる木野に諸矢組のスパイになるよう声をかけていたのです。

木野は二年もの間、諸矢組の情報を引き出していましたが、誰かが木野を売ったために半殺しにされてしまいました。

木野は下井が命じたのだと思い、殺害しようと試みますがそこへ勝俣(江口洋介)が乱入。

勝俣から逃走しようとする木野を引き止めようとして、勝俣と組んでいた葉山(葉山奨之)が重傷を負ってしまいます。

葉山のことが心配な姫川は、現場となったアーバンプラザホテルへと向かうのでした。



結末は?
ストロベリーナイトサーガ最終回あらすじネタバレ!ブルーマーダー後編

ブルーマーダー役は誰?指名手配中の青年は?
ストロベリーナイトサーガ10話・最終回キャスト!指名手配の青年役は?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「ストロベリーナイトサーガ」10話のあらすじをネタバレで紹介しました。

姫川が池袋東警察署へと異動になり、ついに最終章へ突入します。

10話で容疑者に浮上した青い仮面の連続殺人鬼「ブルーマーダ」を演じるのは要潤さんです。

仮面を付けた正義の味方を演じたことがある要さんが、今度はダークサイドに落ちた仮面の男に。

さわやかなイメージのある要さんがどのような演技を見せてくれるのか楽しみです。




キャスト情報


スポンサーリンク