ここでは、ドラマ「ストロベリーナイトサーガ」3話のあらすじをネタバレで紹介します。

殺害された高岡賢一がまったく別の人間である可能性が出てきました。

内藤和敏こそが高岡の本当の名前である可能性が浮上。

姫川はなんらかの理由で内藤と高岡が戸籍ごと入れ替わったのではないかと推測しますが、橋爪俊介管理官からは裏付けがないと反論されてしまいます。

ここでは「ストロベリーナイトサーガ」3話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


ストロベリーナイトサーガ3話あらすじネタバレ

姫川(二階堂ふみ)は高岡(寺脇康文)が和敏ではないかと考えていました。

しかし、橋爪俊介管理官(岡田浩暉)はそれは姫川の推測に過ぎず、本件とは関係ないと叱責。

そこに日下守(神保悟志)が口を挟みます。

鴨下総業の保険担当は戸部真樹夫という人物だが、高岡が殺害された日以降出勤されていないと。

仮に高岡と和敏が入れ替わっていたとすれば、それに戸部が関わっていた可能性は十分にあると発言するのでした。

姫川は美智子から話を聞くことにしました。

そして、美智子が父親の借金を理由に戸部から関係を迫られていたことが判明。

それを聞いた姫川は自分と美智子の姿を重ねてしまいます。

そして、高岡殺しとは関係ないため捜査会議では発表しないことを決めるのでした。



そんな折、菊田(亀梨和也)から連絡が入り、高岡のガレージの扉についていた指紋と戸部の指紋が一致したことがわかりました。

さらに高岡の胴体が川岸から発見されたのです。

しかし、その胴体を見た姫川は何か違和感を感じます。

過去に爆発事故に遭った高岡の胴体にしては綺麗すぎることがその違和感を生んでいることが判明。

さらに頸部にある皮膚の欠損も気になっていました。

そこで専門家にみてもらうと、皮膚の欠損は電流によって出来たやけどが水に溶けて出来上がったものであることが明らかになったのです。



一方、日下守(神保悟志)は戸部の恋人の部屋をガサ入れすることに。

恋人を逮捕すれば戸部の情報を何か引き出せるかもしれないと考えていました。

菊田は慎重派の日下守が見切り発車で動いたことに驚きを隠せないでいました。

日下守になぜガサ入れしたのかを問うと、日下守は本音を話し始めました。

日下守は刑事にも勘は必要不可欠だと考えていますが、姫川のようにそれで絞り込むのは危険であり姫川のミスで誰かが傷つくの恐れていたのです。

実は日下守は過去に誤認逮捕をした経験があり、それ以来一切の予断を排除するようになったのでした。



高岡の事故当時の執刀医に確認すると、体に火傷痕とガラスの破片などが刺さった跡が残っているはずという回答をもらいました。

しかし、発見された胴体にはそのような跡は見られず、姫川はこの胴体は高岡のものではないと断言。

しかし、今泉(山口馬木也)はDNA鑑定の結果、高岡の物だと明らかになっていると反論。

姫川はそこに今回のミスがあったと言うのです。

高岡は戸部を殺し、さらに自らが死んだと見せかけるために手首を切り落としていました。

そのため手首や胴体は高岡のものであり、高岡は死んだと思い込んでいたのです。



高岡はまだどこかで生きていると考えた姫川は、高岡の気持ちになって今まで捜査で知り得た情報を思い返していました。

そして自分が高岡に会っていたことに気づいたのです。

実は多摩川の河川敷で手首が発見された際に話を聞いたホームレスが高岡だったのです。

姫川は耕介を連れて高岡に会いに行きました。

しかし、高岡はすでに亡くなっており、耕介は冷たくなった高岡を見て涙を流すのでした。



2・3話のゲストはこちら
ストロベリーナイトサーガ2・3話キャスト!耕介役は誰?日下役は?

4話のあらすじはこちら
ストロベリーナイトサーガ4話あらすじネタバレ!「右では殴らない」犯人は女子高生?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「ストロベリーナイトサーガ」3話のあらすじをネタバレで紹介しました。

高岡と和敏がなぜ入れ替わることになったのか?そこには他人にはわからない複雑な事情が隠れていそうです。

姫川らは果たして真実にたどり着くことができるのでしょうか?多くの謎がどのように解決されていくのか注目です。


3話をもう一度視聴するなら
ストロベリーナイトサーガ動画3話を無料視聴する方法を紹介!ソウルケイジ後編




キャスト情報


スポンサーリンク