ここではドラマ「リピート」6話のネタバレを紹介します。

鮎美(貫地谷しほり)と圭介(本郷奏多)によって坪井(猪野広樹)の悪事を防げたものの、リピート仲間の殺人については以前謎のまま。

そして、由子(島崎遥香)は鮎美の部屋にあったリピートの内容を写真に撮り怪しみ始めます。

6話ではついに由子が行動をおこします。





スポンサーリンク

ドラマ「リピート」6話のネタバレ


由子にバレる

由子は鮎美の部屋にあったリピートのノートを見て怪しみ、リピートメンバーの天童のカフェを訪れます。

そこで、由子は天童にノートに書いてあった未来のことを話し、天童を驚かせます。


一方、圭介は鮎美と一緒にいたところに天童から連絡が入ります。

天童は由子がお店に来たことを話し、圭介がリピートのことを話していないか問い詰めます。

さらに大森からも連絡がはいり、由子から連絡があったと言われ圭介は困惑します。

すると、圭介と鮎美の前に由子が現れます。

由子は圭介の彼女だと鮎美に言い、鮎美は立ち去ってしまいます。


鮎美が坪井にさらわれる

鮎美は一人歩いていると後ろから何者かに襲われます。

気づいたときには、坪井の秘密の部屋にいました。

坪井はこの前のことを恨み、鮎美をさらったのでした。

一方、圭介は由子に交際を迫られたのですが、リピート前のことがあったため拒否し別れます。


圭介と鮎美が結ばれる

鮎美は坪井にさらわれ秘密の部屋に連れてこられます。

由子と別れた圭介は鮎美に連絡をするのですが、繋がりません。

すると道にさっき鮎美にあげた写真が落ちていました。

圭介は天童に連絡をし鮎美の行方を聞きます。

そして坪井が怪しいと気づき、急ぎ鮎美のもとに向かいます。


圭介はギリギリのところで間に合い鮎美を救い出します。

そして鮎美の自宅まで送り、そこでお互いの気持ちを伝え合います。


由子が鮎美を襲う

圭介と鮎美が結ばれた翌日、天童のカフェに行った圭介は、天童から部屋に何かを仕掛けられているのじゃないかと聞かれ、自宅に戻ります。

そして隠しカメラが仕掛けられていることに気づきます。


一方、鮎美の自宅に由子が。

鮎美はもう会わないから最後にお別れをという由子の願いを聞き、扉を開けると、包丁を持った由子が襲いかかります。

そして、鮎美を階段から突き落としたのも由子だということが分かります。

由子は鮎美に包丁を振りかざし、何度も刺そうとします。

そこへ圭介が駆けつけますが、由子は圭介にも包丁を向けます。


やがて、由子が鮎美を刺そうとした瞬間、2人は倒れてしまいます。

鮎美が起き上がって見ると、包丁が腹に刺さって動かなくなった由子がいました。

なんと由子は死んでしまったのでした。


まとめ


ドラマ「リピート」6話のネタバレを紹介しました。

今回のぱるるは本当に狂気でしたね。

見ていて恐ろしかったです。

一方で、圭介と鮎美のシーンはほのぼのしていて対照的でした。

由子が亡くなるのは原作通りですが、この後はどうなるのでしょうか。

次回が気になります。





スポンサーリンク