リピート


ここではドラマ「リピート〜運命を変える10ヶ月」第1話のネタバレを紹介しています。

2018年1月11日にドラマ「リピート〜運命を変える10ヶ月」の第1話が放送されました。

そこで、ここでは第1話をネタバレで紹介したいと思います。






スポンサーリンク

ドラマ「リピート」のネタバレ


突然謎の人物から連絡が

篠崎鮎美(貫地谷しほり)は、図書館司書として働く女性。

ある時、非通知の着信があり出てみると、「1時間後に地震が起きる」と男は話します。

半信半疑だった篠崎ですが、予言通りに地震が起こります。

その男からまた電話がかかってきます。

その男は「風間」(六角精児)と名乗り「未来から過去のある時点へと戻って人生をやり直したことがある」と話します。

風間はこの時間旅行(リピート)に鮎美をゲストとして招待したいと言います。


リピートの説明会

鮎美は半信半疑だったものの、説明会があるという横浜の回龍亭に行くことに。

そこには鮎美を含めて8人の男女がいました。

そして、主催者である風間が登場します。

風間が言うには、リピートで戻れるのは10ヶ月前。正確に言うと2月24日の夜。

風間は10ヶ月戻ってやり直す人生を「リピート」と呼んでいます。


彼が言うにはある時空の歪みを発見したことで、リピートをすることができるようになったとのこと。

風間はそのリピートを繰り返しているうちに、この幸運を独り占めするのはもったいないと思い、8名を1回限り招待することを決めたと話します。

ただし、条件として「リピートしていることを人に話さない」「なるべく今と同じように過ごしてほしい。人の生き死に関わることはタブー」をお願いしたいと言います。


ここで、風間はもう一度、地震の予告をします。

そして参加するかどうかはその時に決めてくれと8名に伝え、去っていきます。


鮎美がリピートすることを決意

説明が終わった後、鮎美はリピートしなくても充分今の人生で幸せだと思い参加しないと、毛利圭介(本郷奏多)と天童太郎(ゴリ)に話していました。

ところが、ある時、彼氏の久瀬一樹(松田悟志)から突然別れを告げられます。

ショックを隠せない鮎美でしが、ちょうど風間が予告した時間に地震があったことをきっかけにリピートすることを決意します。


8名がリピートへ

年明けの1月11日。

風間が指定した横浜港のシンボルタワーには8名の参加者が集まりました。

指定時間に現れた風間の車で8人は移動をします。

途中からは車を降り、目的の場所へ。

リピートをする場所に到着した風間と8名。

風間は過去に戻ったら連絡をしてくれと話します。

そして、光の中に9名は包まれていきます。


過去に戻ってみると異変が

鮎美は自宅のベットで意識を取り戻します。

慌てて日付を確認すると、たしかに2月24日に戻っていました。

風間に連絡をした鮎美は2日後にまた集まるように連絡を受けます。


翌日、鮎美は一樹と別れるきっかけになった鮎美の誕生日をやり直すため、これから起こる出来事に対応をします。

そして、無事に一樹と一緒に誕生日を過ごすことができ、プロポーズを受けることができたのです。


幸せいっぱいの鮎美でしたが、指定された日に集まってみると、風間からトラック運転手・高橋和彦(福田転球)が亡くなったことを知らされるのでした。


まとめ

ドラマ「リピート」第1話のネタバレを紹介しました。

第1話から波乱の展開が起こりました。

オープニングのシーンも、謎でしたが一体どんなことが待ち受けているのでしょうか。





スポンサーリンク