ここでは、ドラマ「家売るオンナの逆襲」9話のあらすじをネタバレで紹介しています。

9話では、万智は高齢の母親と同居するための家を探す独身女性・馬場礼子を担当します。

庭野は同世代の施工会社社員と協力してリノベーションをして家を売ることに。

一方、留守堂は家を売りたいと相談され、偶然その家を足立のお客が気に入ります。

果たして商談はうまくいくのでしょうか。

ここでは「家売るオンナの逆襲」9話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


家売るオンナの逆襲9話あらすじネタバレ

万智(北川景子)は屋代(仲村トオル)と仲直りをし、休みの日に二人でデートを楽しんでいました。

そんな二人の姿を見た留守堂(松田翔太)は寂しさを募らせていくのでした。



万智は独身女性・馬場礼子(酒井若菜)の家探しを担当することになりました。

礼子は自分を女出一つで育ててくれた母親の静江(松金よね子)に親孝行をしたいと、静江と一緒に住める畳のある家を探していると言うのです。

一方、庭野(工藤阿須加)はリノベーションした築45年の古家を担当することに。

しかし、スケルトンのお風呂などエッジの効いたデザインがお客に受けず庭野は苦戦してしまいます。

そこへ万智が全面畳にリノベーションし直して自分が売ると宣言するのでした。



足立(千葉雄大)はできちゃった結婚をした新婚の新垣夫妻の家探しを担当し、留守堂は離婚予定の迫田のぞみ(小野真弓)から家を売りたいと相談されます。

新垣夫婦が迫田家を気に入ったことから早速内見案内をすることに。

離婚することを黙って売ろうとしていた足立と留守堂ですが、そこへのぞみと離婚したくないと夫が駆け込んできたことから新垣夫婦にばれてしまいます。

結局売却の話はなかったことになってしまうのでした。



足立は迫田夫妻が離婚するまで追い詰められたのはこの家のせいではないかと考えていました。

この分譲タウンは幸せな家庭であふれており、子供ができない迫田夫妻は孤独感を募らせてしまったのではないかと言うのです。

そして自分が迫田夫妻にもう一度話をしたいと留守堂にお願いします。

留守堂は自分はのぞみの夫に肩入れしてしまい、不動産屋として家を売るという仕事を一瞬忘れてしまったと反省していました。

そのためもうこの件には手を出さないから好きにして良いと足立に話すのでした。



もう一度やり直すことにしたという迫田夫妻に対して足立は、この家を売って違う家に住み替えたらどうかと提案します。

小さな子供を持つ家庭ばかりのこの環境は、お互いの世界で生活している二人には合わないのではと言う足立の言葉に共感し、迫田夫妻は家を売ることを決意するのでした。

そして無事に新垣夫妻に家を売ることができました。



万智は畳にリノベーションした家を売るために静江の元を訪れました。

静江は礼子の世話にはならないと、一緒に住むことを拒否します。

それを聞いていた万智は娘の夢を叶えるも親の仕事だと一喝。

それでも拒否する静江に今までの生活と何も変わらないと説明し、静江は引っ越しを決意するのでした。



万智は庭野に「家は住む人がいて初めて家であり、内装のデザインも設計デザイナーのためではなくお客様のためだ」と説明。

不動産屋ならお客様にとって代わりのきかない物が何かをきちんと見極めるようにと言うのでした。



足立は留守堂と連絡が取れなくなり、心配していました。

その頃、留守堂は小学校で万智を待っていました。

万智のことを遠くから見ているのはつらいと告白をしますが、万智はあなたは人違いをしていると伝えます。

万智は留守堂に人工呼吸も餃子を届けたこともないと言うのです。

混乱する留守堂に万智は、その人は「やまだかずこちゃんだ」と言って、その人を連れてきます。

そして万智は去って行きました。

留守堂は万智の後ろ姿を見ながら「許せない」と呟くのでした。



最終回のあらすじはこちら
家売るオンナの逆襲・最終回あらすじネタバレ!ラストの結末は?留守堂はどうなる?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「家売るオンナの逆襲」9話のあらすじをネタバレで紹介しました。

いよいよ、来週がラストです。

8話で夫婦喧嘩の末、お互いの本音を言い合った万智と屋代は関係を修復させていますが、それを留守堂がさみしげに見ていました。

留守堂の万智への叶わない愛はどうなってしまうのでしょうか。

恋の行方にも注目ですね。




キャスト情報