ここでは、ドラマ「家売るオンナの逆襲」4話のあらすじをネタバレで紹介しています。

4話では企業戦士だった父親が娘夫婦のために家を購入するために、テーコー不動産へ。

娘夫婦のためにお金を出すという父親の話を聞くサンチーですが…。

今回は、ライバル・留守堂との戦いで衝撃展開が待っています。

ここでは「家売るオンナの逆襲」4話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


家売るオンナの逆襲4話あらすじネタバレ

憧れの留守堂(松田翔太)から「三軒家万智(北川景子)の気を引きたい」と言う言葉を聞いた足立(千葉雄大)は、万智に対して嫉妬心を抱く。

そんな万智に足立は「なぜフリーにならないのか?」と質問すると「課長を愛しているから」とい言う答えが返ってきた。

それを聞いた足立はホッとするのだった。



そんな中、テーコー不動産新宿営業所では4月から始まる働き方改革に向けて勤務時間の見直しをすることになる。

残業を減らし、売り上げを上げろという会社の方針に足立は反発するのだった。

労働時間を縛られることで頑張ることを許されない会社での働き方に不満を持った足立は留守堂に相談する。

留守堂のように好きな時に働いて休むときは休む、フリーの不動産屋に憧れるようになるのだった。



万智は父親から資金援助を受けて家を買う若い夫妻を担当することになった。

父親である山路(佐野史郎)は企業戦士であり、娘の花(北原里英)には計画性がないため自分が代わりに家の候補を絞ると言うのだ。

残業を減らすことと売り上げを上げることの板挟みに苦しむ屋代(仲村トオル)は、仕事ができない新人の鍵村(草川拓弥)を成長させることが重要だと考えていた。

そこで鍵村に万智の下について勉強するように指示するのだった。



早速、万智はクライアントである山路や花たちに物件を紹介することに。

山路の希望を満たした物件を3件用意するが、どれも花や夫の健太郎(田村健太郎)は気に入りません。

上昇志向のない健太郎や花は、家はステータスそのものだと言う山路とは意見が真っ向から対立します。

資産価値よりもカッコいい物件に住みたいと言う花夫婦から、万智の勧める物件はダサいと言われてしまうのだった。



仕事終わりにバーで飲んでいた鍵村はそこで偶然花夫婦に会う。

花夫婦からおしゃれな物件を紹介して欲しいと言われた鍵村は、携帯で物件を探して翌日内見をすることになるのだった。



翌朝、朝礼に鍵村の姿がない。

無断欠勤かと噂をしていると、そこへ鍵村から電話が入り内見中で朝礼には出られないと言うのだ。

帰ってきた鍵村から花と健太郎に家を売ったという報告を受けた屋代は喜ぶのだった。

しかし、そこへ山路が怒鳴り込んでくる。

万智に家を探して欲しいと頼んだのに、自分の知らないうちに新人が娘に家を売ったことが気に入らないと言うのだ。

その家にするならお金は出さないと言う山路を屋代は飲みに誘う。

そして今時の若者の働き方に苦言を呈するのだった。



後日、万智は山路に物件を紹介することに。

花たちに援助する予定のお金を自分たちのために使ってはどうかと提案するのだった。

下の階が喫茶店になっている物件に住み替え、夢だった喫茶店を開いてはどうかとアドバイスする。

万智の考えに納得した山路は購入を決めるのだった。



さらに花夫妻にはお洒落にリノベーションされた団地を案内する。

すっかり気に入った二人ですが、そこへ留守堂が現れる。

留守堂はその部屋番号が健太郎が二股をかけた女性の名前と同じだと指摘し、同じ団地の830号室を案内する。

二人は矢沢永吉の大ファンだったためにすぐに購入を決めるのだった。

そして万智は「負けた」と残して去って行くのだった。



4話のゲストについてはこちら
家売るオンナの逆襲4話キャスト!若夫婦・健太郎と花役は誰?



5話のあらすじはこちら
家売るオンナの逆襲5話あらすじネタバレ!留守堂の秘密が明らかに


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「家売るオンナの逆襲」4話のあらすじをネタバレで紹介しました。

4話ではついにサンチーが留守堂に負けてしまいましたね。

若い夫婦のことを調べ上げた上での横取りはなかなか見事でした。

「落ちた」が「負けた」になったセリフがとても印象的でしたね。

その後、サンチーは留守堂のことを思い出していたようですが、過去になにかあったようですね。

2人はどんな関係だったのでしょうか。

次回は見逃せませんね。



4話を無料で見るなら…
家売るオンナの逆襲・動画4話を無料で視聴する方法を紹介!




キャスト情報