ここでは、ドラマ「家売るオンナの逆襲」3話のあらすじをネタバレで紹介しています。

3話では、3つの売れにくい家を売ることになった万智たち。

そのお客としてやって来たのがLGBTの人たちでした。

万智はどうやって家を売ったのでしょうか?

ここでは「家売るオンナの逆襲」3話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


家売るオンナの逆襲3話あらすじネタバレ

屋代(仲村トオル)、庭野(工藤阿須加)や白洲(イモトアヤコ)は、三軒家万智(北川景子)がホームレスだったことを留守堂(松田翔太)が知っていたことに驚く。



新宿営業所では、現地販売ウイークで、3つの売りにくい家を売ることになる。

公道に面した道が狭い旗竿地を足立(千葉雄大)と布施(梶原善)が、作りが大きい元大関の家を鍵村(草川拓弥)と宅間(本多力)、画家のアトリエだった家を庭野と八戸(鈴木裕樹)が担当することに。

現地販売所で、足立は、留守堂にSNSで連絡をとっていると、万智はこの家は自分が売ると宣言する。

元大関の家では、関取が見に来るが、不祥事を起こした元大関・錦木の家だと分かると厳が悪いと帰り、一般人には売れない嘆く宅間。

元アトリエの家では、ゲイだという中丸がやってきて、庭野は戸惑い失礼なことを言ってしまうが、中丸は家を買うと。

LGBTの研修を受けてきた屋代は、やる気のない鍵村に説明するが聞く気が無い、万智は、不動産屋として知っておくべきだと叱る。



足立は、真島みどり(沢井美優)と車田智代(芳野友美)に内見案内をするが、持ち主は二人がレズであることが分かると売ることを拒否する。

足立が、別の物件を提案しようとするが、万智が足立には売れないと横取りをしようとする。

足立は、留守堂といっしょに、もう一度担当させてくれとお願いに行き、真島と車田は、二人がゲイだと勘違いして同じLGBTとして再度任せることに。



一方、庭野は外資系エリートの木村真奈美(佐藤仁美)から、夫・剛史(池田鉄洋)と娘の家を探していると相談を受ける。

真奈美は、夫は総合商社で忙しいので、家探しは任されていると。

しかし、庭野は万智に家を売るために、夫・剛史に会うように言われ、いっしょに会社に行く。

剛史が出てくると、なぜか隠れ、顔を覚えるように言われる庭野。

剛史が会社から帰社するところを待ち伏せる後をつけて行くと、女性ものが干してある部屋に入って行く。

万智は、庭野と不動産屋だと言い、剛史の入って行った部屋を尋ねると、女性の着物を着た剛史が出てくる。

剛史は、娘も妻の真奈美も好きだが、だんだん、女性でいたいという気持ちが抑えられなくなったとトランスジェンダーであると告白。

家に帰ると良き夫を演じ、会社でもスーツ姿で我慢しているこの部屋で女装している時間が幸せと、家を買うならそういう家が良いと。

剛史の部屋を出た庭野は、離婚した方が良いのではと言うと、万智からお悩み相談が仕事か、家を売ることだけ考えろと言われる。

帰宅した剛史は、真奈美から娘の前では夫を演じて欲しいと言われ、剛史は家を買うのは良いが、ずっと男でいることを求められると辛いと泣きだすのだった。



新宿営業所で、屋代は、現地販売の状況を聞く。

布施は、旗竿地は難しいと嘆く。

鍵村と宅間も元大関の家は売れないと話す。

庭野は、夫がトランスジェンダーで奥様は理解できないだろう言う。

すると、万智は「人の気持ちを理解しようとするのが傲慢である」と言い、屋代と万智の夫婦間も確かに分からないと妙に皆納得し帰るのだった。



万智は、家を売るためとなぜか鍵村、宅間、八戸、庭野を呼び止めスリーサイズを採寸する。

足立は、趣味のフェンシングの帰り道、留守堂に足立は万智が人の気持ちを理解しようとするのが傲慢といった話をし、優しくないと。

留守堂は、さすが万智、と独り言を言い、万智はそれほど冷たくないのではと意味深に言うのだった。



翌日、万智は真奈美と剛史を良い物件が見つかったと、元大関の家に連れて行く。

女装した庭野、鍵村、宅間、八戸が、大広間は、真奈美が海外の人を呼ぶのに良いと言い、大きな箪笥は、剛史の着物を入れると良いと紹介。

すると、真奈美「夫を馬鹿にしないでと、人の気持ちを知らないで」と怒り出す。

万智は、二人の気持ちは分からないが、二人が人間として理解しあっていることは分かるから、いっしょに暮せば良いとすすめる。

真奈美と剛史は娘がいるからそれは無理だと言うと、万智は隠れていた娘の美月を呼ぶ。

実は、美月は剛史がトランスジェンダーだと気づいていたが、友達からも良いパパだと言われていて、ママとママがいてもいいと思っていることを打ち明けるのだった。

真奈美と剛史は、元関取の家を買うことになった。

万智は、すぐに次の旗竿地に向かう。



足立は、布施と留守堂とともにレズの真島と車田に旗竿地を隠れて愛し合える家だと説得する。

万智は外で成り行きをじっと聞く。

真島はいいと言うが、車田はコソコソしたくないと譲らない。

留守堂は、人の気持ちを理解しようとしなくて当然と話す。

そして、真島はこの家でコソコソ愛し合えば良いし、車田は外で愛し合えばよく、対立しながら愛し合っているのが2人だと納得させる。

こうして、2人は家を買うことになった。

それを聞いた万智は、その場を去りながら、留守堂へのライバル心を燃やすのであった。



足立は、フェンシングに行き留守堂になぜ優しくしてくれるのか聞くと、留守堂は
万智に興味があるからだと意味深に笑う。

一方、屋代は、留守堂と万智の関係が気になり聞くが、万智は知らないとただ答えるのだった。



3話に登場したゲストについてはこちら
家売るオンナの逆襲3話キャスト!LGBT役を演じていたのは?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「家売るオンナの逆襲」3話のあらすじをネタバレで紹介しました。

3話はLGBTがテーマでしたが、父親がトランスジェンダーだということを簡単に理解している娘に驚きました。

今は、履歴書の性別の欄に「男」「女」「答えたくない」という選択肢がある時代。

そういう時代を生きている若い子たちは、トランスジェンダーに違和感を感じないと万智は話していました。

一方で高齢者にはまったく理解できないというのも現実。

全員に理解できるのは難しくても、周囲の人が理解できるのであれば、それは幸せなことなのも確か。

家を売ることでこんなにも人間について考えさせられるとは思いもしませんでした。



3話をもう一度見たいなら…
家売るオンナの逆襲・見逃した3話を無料で視聴する方法を紹介!




キャスト情報