ここでは、ドラマ「インハンド」10話のあらすじをネタバレで紹介します。

紐倉と高家が相羽村を訪れると、BSL4施設の誘致をめぐって反対運動が行われていました。

そんな中、高家の幼馴染・美園の父親が吐血をして倒れてしまいます。

症状を聞いた紐倉はエボラ出血熱の可能性があると指摘。

そして村を閉鎖することに…

ここでは「インハンド」10話のあらすじをネタバレで紹介します。

最終回はこちら
インハンド最終回あらすじネタバレ!ラストの結末は?内通者は誰?


スポンサーリンク


インハンド10話あらすじネタバレ

福山(時任三郎)が、高家(濱田岳)の故郷・栃木県の相羽村に危険な病原体を取り扱う科学研究所・BSL4施設を建設する計画を立てていることが判明。

さらに紐倉(山下智久)にその施設の副センター長になって欲しいと言うのです。

しかし、副センター長を引き受けるにはサイエンス・メディカル対策室のアドバイザーを辞退しなければならないと聞き、紐倉は答えを保留にするのでした。



長期休暇をもらった高家は相羽村に帰省することに。

さらに紐倉も高家と一緒に相羽村を訪れてみることにしました。

その頃、相羽村役場ではBSL4施設建設の反対運動が行われていました。

村長の市原(遠山俊也)は安全の確保はできていると必死に説明をしますが、青年会会長の棚橋(平岡祐太)を始めとする村人達は聞く耳を持ちません。

「もっと日本全体で議論すべき」と言う棚橋に、紐倉は「近くに住む人間には住環境を守る権利があり、建設場所としては無人島が一番」と答えるのでした。



そんな中、牧野(菜々緒)は建設予定地の地質調査報告書を手に入れることに成功。

数値的には問題なく全て基準を満たしているが、建設予定地は大雨で地崩れのあった場所であることがわかりました。

厚労省が自分たちに都合の良い業者を選んでいることが発覚。

さらに牧野は、紐倉が厚労の瀬川(利重剛)と一緒に居たことが気になっていました。

網野(光石研)に相談すると、自分たちの手柄をいつも厚労に持っていかれるのは紐倉が情報を流しているからではないのかと言うのです。

それを聞いた牧野は、紐倉はそんなことはしないと肩を持ちます。

そして、紐倉が相羽村を訪れていることを知った牧野も相羽村へと向かうことに。



高家は入院中の陽子(市毛良枝)が院長を務める相羽病院を訪れることに。

そこへ偶然、高家の幼馴染である美園(石橋杏奈)の父・実喜男(中本賢)が受診してきました。

風邪と診断されてバスで帰宅する途中、実喜男が突然吐血。

病院へ救急搬送されましたが、亡くなってしまいました。

その頃、紐倉は相羽小学校で福山と会っていました。

返事を聞かせて欲しいと言われた紐倉は、自分よりもっと相応しい人間がいると副センター長の話を断りました。



実喜男の病状を聞いた紐倉は、エボラ出血熱の可能性があると判断。

そこで相羽病院に隔離病棟を作ることに。

実喜男を診断した医師や接触したバスの運転手、記者などが次々に感染。

美園も接触者病棟に隔離されることに。

さらに美園が棚橋との子供を妊娠していることがわかりました。



相羽村で感染拡大しているエボラが、福山が入谷の研究室から持ち出した新型エボラであることが判明。

福山は息子の新太(磯村勇斗)を後継者として育てるために、全てを見せようとしました。

しかし、政治家に媚びる福山に納得がいかない新太は福山に黙って抗ウイルス剤を作ろうとしていたのです。

棚橋がBSL4を阻止するために実験したいから協力して欲しいと頼まれ、新太に山小屋を貸していたことが判明しました。



東京では緊急参集会議が開かれ、相羽村が全面閉鎖されることになりました。

しかし、紐倉は5年前のケジメをつけるために村に残ることを決意。

棚橋が新太と接触していたことを知り、紐倉と福山がその山小屋を訪れると、新太の仲間である柏木が吐血して亡くなっているのを発見するのでした。

高家もエボラに感染!どうなる?
インハンド最終回あらすじネタバレ!ラストの結末は?内通者は誰?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「インハンド」10話のあらすじをネタバレで紹介しました。

いよいよ最終章に突入。CDC時代の元上司である福山と紐倉の対決の行方が気になります。

10話では相羽村に住む濱田岳の幼なじみ・美園役で清純派女優の石橋杏奈さんが出演。

高家と相羽村の方言による掛け合いシーンもあるとのことで楽しみです。

10話に登場するゲストキャストについてはこちらでまとめて紹介しています。
インハンド10話キャスト!棚橋役に平岡祐太!高家の幼馴染・杉山美園役は?



スポンサーリンク