ここでは、ドラマ「インハンド」7話のあらすじをネタバレで紹介します。

牧野には娘がおり、さらに娘の美香は生まれつき免疫に欠陥があるPID(原発性免疫不全症候群)で入院していることがわかりました。

PIDの有効な治療法は骨髄移植しかありませんが、ドナー提供者は見つからず、さらに牧野とも一致しませんでした。

そこで牧野は紐倉に、PIDの治療法を見つけてほしいとお願いすることに。

ここでは「インハンド」7話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


インハンド7話あらすじネタバレ

牧野(菜々緒)に娘がいると知って驚く紐倉(山下智久)と高家(濱田岳)。

牧野はアメリカ研修時代、妊娠したことが原因で上司から嫌がらせを受けていました。

網野(光石研)は、牧野が外務省からとばされたのもおそらくその上司の仕業だと言うのです。

さらに娘の美香(吉澤梨里花)が生まれつき免疫に欠陥があるPID(原発性免疫不全症候群)で入院していることも発覚。

夫の賢一(永岡卓也)は科学者でPIDの研究をしていたが、すでに他界していました。

網野は牧野のことを友人として支えて欲しいと紐倉と高家に頼むのでした。



二人は早速美香が入院している陽育こども医療センターを訪ねることに。

そこへ牧野もやってきました。

牧野は美香のためにPIDの治療法を見つけて欲しいと紐倉に懇願。

その頼みに紐倉はベストを尽くすと答えます。

そこで紐倉と高家は賢一の研究所であるたちばな研究所に行くことにしました。

賢一の父親・将之によると、賢一もPID遺伝子を持っていましたが発症しておらず、自分の体の謎を探っていたと言います。

賢一の精子を冷凍保存していることを知った紐倉は、美香を救うために牧野が新たに子供を作るつもりであることに気付くのでした。



牧野は排卵誘発剤の影響でお腹の痛みを感じるようになっていました。

高家が診察すると、卵巣過剰刺激症候群による腹痛であることが判明。

もう少し自分の体を大事にしたほうが良いとアドバイスしますが、牧野は全く聞き入れようとしません。

そんな中、美香の腸炎が悪化し、緊急手術が行われました。



その頃、紐倉はたちばな研究所の論文に片っ端から目を通していました。

そして、HLA型が一致しなくてもインファーゼという新薬と組み合わせれば免疫の部分的再構築が見込めるとあるのを発見。

美香の治療に応用できるかもしれないと考えた紐倉は、その論文と引用文献を取り寄せることに。

しかし、インファーゼとの併用はまだ思うような研究結果に至っていないことがわかりました。

さらに牧野が採卵した卵子は一つも受精しておらず、牧野は途方に暮れてしまいます。



紐倉は高家の言葉をヒントに糞便に目を付けます。

人の腸内では無数の細菌が共生しており、そのバランスが崩れるとさまざまな病気を発症してしまいます。

そのバランスを元に戻すために健康な人の腸内細菌を別の患者に移植する、糞便移植で美香を助けられるかもしれないと考えたのです。

通常のPIDは糞便移植では治りませんが、美香のPIDは消化器症状に限定した特殊なPIDのためこの治療法が有効だと言うのです。

そこで冷凍保存してあった賢一の糞便を移植することに。

美香の移植は無事に成功し、退院することができました。



牧野は網野から、フューチャージーンのCEOであり、紐倉の元上司の福山(時任三郎)について調べるように命じられます。

国内外の優秀な科学者が相次いでフューチャージーンに引き抜かれており、福山が何かを企んでいると言うのです。

その頃、紐倉はまた一緒に組まないかと福山から誘いを受けていました。



8話のあらすじはこちら
インハンド8話あらすじネタバレ!鬼の血伝説の真相は?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「インハンド」7話のあらすじをネタバレで紹介しました。

牧野に娘がいるという衝撃な事実が発覚しました。

さらに娘の美香はPID(原発性免疫不全症候群)という病気で入院中。

仕事をバリバリこなす牧野の姿しか見たことがないので、どのような母親の顔を見せてくれるのか楽しみです。

いつもとは違う意外な一面が見れそうです。



スポンサーリンク