ここでは、ドラマ「ミラーツインズ」最終回のあらすじをネタバレで紹介しています。

7話では20年前の誘拐事件の黒幕が捜査一課調の久能であることが判明します。

勇吾は久能が逮捕されたことで復讐を果たすことができました。

一方、圭吾は亡くなった母親の春江が遺した手紙で本当の父親が皆川ということを知らされます。

皆川と圭吾たちの関係は?

ここでは「ミラーツインズ」最終回のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


ミラーツインズ最終回あらすじネタバレ

母親の手紙を読んだ圭吾は、皆川刑事と会い、その真相について問いただしました。

皆川刑事は過去の真実について語りました。

皆川刑事は、妊娠できない人のためへの精子を提供する仕事をしていました。

通常は、ドナーにも家族にもお互いの素性は明かされません。

しかし、勇吾が誘拐されたことにより、勇吾を誘拐した犯人が実の父親でないかという説があがったのです。

その中で皆川刑事は自分が2人の父親であることを知ったのです。

皆川刑事は自分が勇吾や圭吾の両親にもそのことを話しました。

そして捜索し続けたある日、施設で勇吾を見つけます。

勇吾は誘拐犯を殺害していたので怯えていました。

皆川刑事は、正当防衛だから大丈夫、と言いましたが、勇吾は残る犯人にも復讐したいと言いました。

皆川刑事は勇吾の協力をすることになりました。



英里(里美)と勇吾は、全ての復讐が終わったので、2人で逃げる約束をしていました。

しかし埠頭についたところで、英里にはここで終わりだと告げます。

嫌がる英里を縄でくくりつけて、動けないようにして、勇吾はひとりで船に乗り、去っていきました。

一方、圭吾も皆川刑事とともに埠頭へ向かいます。

圭吾は勇吾が、死のうとしていることに気付きます。

走って懸命に、謝罪の言葉を述べました。

そして圭吾、皆川刑事、英里が見ている海の向こうで勇吾は船を爆破して、自殺しまうのでした。



その後、英里は警察に捕まり、厳しく追求されましたが黙秘を続けました。

皆川刑事も自首をする気はないようです。

圭吾は皆川刑事を睨んでいました。その顔は勇吾にそっくりでした。



釈放された英里は花束を持って埠頭へやって来ました。

そこへ圭吾がやって来ます。

英里は圭吾にプロポーズの時にもらった指輪を返します。

泣きだす英里に、圭吾は、俺たち2人が生きている限り、勇吾が消えることはないと言い、励ますのでした。


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「ミラーツインズ」最終回のあらすじをネタバレで紹介しました。

ついに勇吾の復讐が果たされました。

しかし、皆川との関係はどうなるのでしょうか?

最後の結末に注目です。


動画を一気見するなら
ミラーツインズ動画1話から最新話まで無料視聴する方法を紹介!



スポンサーリンク