ここでは、ドラマ「ミラーツインズ」6話のあらすじをネタバレで紹介しています。

6話では警察の皆川が勇吾に協力していることが明らかになりました。

6話では、圭吾が山沢を追いかけていくうちにある疑問を持つようになります。

一方、勇吾の怪我を心配する里美がマンションで勇吾をかくまっているということがバレてしまう?

ここでは「ミラーツインズ」6話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


ミラーツインズ6話あらすじネタバレ

里美の家を訪れた圭吾が帰ると、里美は皆川から電話を貰い勇吾が車に跳ねられたと聞く。

コチラで面倒をみるからと、圭吾にマークされている可能性がある里美に動くなと話す皆川だった。



その頃赤城は、田島を殺した犯人の居場所を知っているという情報が送られた飲食店を調べていた。

犯人がこの近辺に居ると考える赤城。

山沢の自宅を調べた皆川は、硫酸タウリニウムを見つけ、海野が毒殺された物と同じだと圭吾に連絡する。

山沢のやり方に疑問を持つ圭吾は、単独犯では無いという推理と、山沢のアパートの近くで交通事故があったが、跳ねられた人間が居なくなった話を皆川にするのだった。

その後、事故を起こした人物から勇吾が山沢に背中を押され事故に合ったと気づく。

詩織を事件の報告がてら見舞った皆川は、詩織の父親で捜査一課長の久能と会うと、勇吾の海野達誘拐犯への復讐方法の手際の良さから、捜査関係者の中に協力者が居たのではと聞かされる。

すると皆川は、山沢にも海野を殺すチャンスはあったと答えるのだった。



そんな頃、赤城は近所の住人から里美のマンションに圭吾が一度しか姿を見せていない事を知り調べてみると、賃借人の名義が吉崎英里だと分かる。

その事を圭吾に話すと、圭吾は皆川から聞いた吉崎誠が英里という女の子を養女にしたが所在不明という話を思い出す。

同時に里美との事を思い出していると、赤城は圭吾が勇吾が捕まらない様にと捜査情報をリークしていたと疑うのだった。



赤城の部下達に見張られている中で圭吾は里美のマンションを訪ねる。

勇吾が事故に合った事を話し、20年前から勇吾と繋がっていたコトに気づいていたと話し、本当の事を話して欲しいと迫るのだった。

もう信じる訳にはいかないと言われた里美は、圭吾から貰った指輪を捨てたくないと話し、勇吾の居場所は知らないと答える。

帰り際、罪を犯した人間は誰であろうと容赦はしないと言い残し帰って行く圭吾だった。



そんな頃、山沢の妹・千鶴の所に山沢から連絡があったと勇吾に伝えた皆川は、20年前の誘拐事件との因果関係を探るため逮捕すると言い、復讐しようと考える勇吾を説き伏せる。

その後、勇吾は里美から圭吾に気づかれていた事を聞くと、圭吾は昔から決められた枠から出られない哀れな奴だと答える。



皆川は久能に山沢の身柄確保を進言すると、逃走資金を頼まれた千鶴が山沢を待っている所を赤城達が見張る中、そこへ向かう山沢に何者から電話が入り、背後から近づいていた勇吾は山沢に逃げられてしまう。

山沢は駐車場で電話をくれ、助けてくれた久能と会い金を受け取るのだった。

その後、鑑識から山沢の家にあった粉々の携帯が殺された海野のモノだったという事と、硫酸タウリニウムも犯行に使われたモノと成分が同一だったという報告を受ける皆川と圭吾。

そこへ圭吾を疑う赤城が現れると、警察官として知っている情報は必ず共有すると圭吾は赤城に答える。



間もなくして、山沢が遺書を残しビルから転落した遺体となって発見された。

その事を勇吾に話し、誰かに殺されたと話した皆川は、20年前の誘拐事件の黒幕だと、久能が車の中で山沢を襲っている写真を見せて勇吾に言うのだった。



7話のあらすじはこちら
ミラーツインズ(ドラマ)ネタバレ7話!20年前の誘拐事件の真相は?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「ミラーツインズ」6話のあらすじをネタバレで紹介しました。

久能は皆川を疑っているようですが、どこまで真相を知っているのでしょうか。

また、皆川はいつから、なぜ勇吾に協力をしていたのでしょうか。

そして山沢はどこにいってしまったのでしょうか。

里美が勇吾をかくまっていることもいよいよバレそうで、徐々に20年前の事件の真相が明らかになっていきそうです。


動画を一気見するなら
ミラーツインズ動画1話から最新話まで無料視聴する方法を紹介!



スポンサーリンク