ここでは、ドラマ「集団左遷」10話のあらすじをネタバレで紹介します。

結局、横山は副頭取の座にまで上り詰めました。

梅原から最後の手段としてマスコミに告発することを提案された片岡は、真山とともに鮫島の手帳の裏取りを進めていきます。

しかし、それを知った横山からは非情な仕打ちを受けることに。

ここでは「集団左遷」10話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


集団左遷10話あらすじネタバレ

片岡(福山雅治)は横山(三上博史)が副頭取になったことを聞かされます。

手帳を渡して全てを忘れてくれれば誰にも何の処分も下さないと言う横山でしたが、片岡はそれはできないと突っぱねました。

梅原(尾美としのり)に相談すると、マスコミに告発するべきだと提案されます。

梅原は、横山と島津議員(石丸謙二郎)が会っているところに立ち会っているため自分が証言してもいいと言うのです。

さらに横山が賄賂を渡したであろう政治家の名前と場所を記されたメモを片岡に渡しました。

梅原から、会社の不正を自分たちの世代で断ち切るべきだと言われた片岡は告発を決意。

隅田(別所哲也)に相談すると、毎朝新聞の社会部を紹介されました。

そこで片岡は手帳の裏取りを進めることに。

真山(香川照之)に協力を依頼し、横山が政治家と会っていた証拠をつかむことにしました。



二人の動向を知った横山は、真山に出向を言い渡します。

横山が片岡を出向させないのは、片岡がこれからの三友銀行にとって必要な人材だと高く評価していたからでした。

さらにダイバーサーチと共同で立ち上げる新規事業のメンバーに片岡を推薦。

もし、この事業で実績を残して上に上がれば自身の手で真山を引き戻すことも可能だと伝えます。

三友銀行を変えたいのなら同じ土俵に上がって来て下さいと言われた片岡は、告発するべきか悩んでしまうのでした。



片岡は告発するのはもう少し待って欲しいと隅田に告げます。

真山だけでなく、梅原までも出向させられたことを知って責任を感じてしまったのです。

さらに今、横山を告発することが本当に会社のためになるのかと悩んでいました。

片岡が悩んでいることを知った真山は、後悔しないためにも決着をつけるべきだと片岡を説得。

真山の言葉に心を動かされ、新聞社に告発することを決意しました。



横山からどうやって三友銀行を生き残らせることができるのか考えを聞かせて欲しいと言われた片岡は、正しくあるべきだと思うと主張。

正しさにまっすぐ向き合うべきだと。

そして不正や隠蔽を終わらせて、正しい三友銀行に生まれ変わるために次の世代に道を譲って欲しいと横山に頭を下げます。

しかし、横山は不正は疑惑であって確かな証拠はないと主張。

それを聞いていた頭取(市川正親)は、自分が横山の不正を隠蔽したと打ち明けます。

自分は間違った判断を下してしまい、全ての責任は自分にあると。

そこへ横山と頭取から話を聞きたいと、金融庁の白石がやって来ました。



その後、告発は政界を巻き込んだ大スキャンダルへと発展。

それによって三友銀行の株価は暴落し、ダイバーサーチとの資本提携も白紙になりました。

そんな中、隅田が新たな頭取となり、三友銀行は全く新しい業態へ生まれ変わろうとしていました。

片岡は新しく立ち上げた人材育成研修センターのセンター長に就任。

一方、真山は妻の実家の建設会社を手伝うために銀行を退職しました。

片岡、真山を始めとする三友銀行の行員たちは新たな人生を歩み始めるのでした。


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「集団左遷」10話のあらすじをネタバレで紹介しました。

鮫島はなぜ梅原に大切な手帳を託したのでしょうか?

鮫島も実は横山の不正を片岡たちに暴いて欲しいと考えているように思います。

片岡には最後まで会社を守るために頑張って欲しいです。

片岡の頑張りが実を結ぶことを願います。


1話からまとめて見るなら
集団左遷・動画1話から最新話までをまとめて無料視聴する方法を紹介!