ここでは、ドラマ「集団左遷」1話のあらすじをネタバレで紹介します。

「集団左遷」は福山雅治さん演じる、銀行に勤める普通のサラリーマン・片岡洋と、そこに生きる人間をコミカルかつユーモラスに描くエンターテインメント性の高いドラマです。

大手メガバンクに勤めるごく普通のサラリーマン・片岡洋はある日、蒲田支店の支店長の昇任人事を受けることに。

しかし、赴任先の蒲田支店は廃店が決定していたのです。

上層部から「頑張らなくていい」と言われる片岡ですが、人生で初めて「頑張るな」と言われて片岡は困惑してしまいます。

ここでは「集団左遷」1話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


集団左遷1話あらすじネタバレ

大手メガバンク・三友銀行の業務統括店舗開発室次長である片岡洋(福山雅治)は人事部から連絡を受け、蒲田支店の支店長に昇任が決まりました。喜ぶ片岡ですが、実は蒲田支店は廃店候補に挙がっていたのです。

片岡は常務取締役人事担当の横山輝生(三上博史)から「頑張らなくていい」と言われ、複雑な思いを抱くのでした。

支店長としての出勤初日、朝礼が始まったところで融資していたYCSの社長がいなくなったと連絡が入ります。

そこで片岡は部下の滝川晃司(神木隆之介)と一緒にYCSに向かうことに。

そこへ副支店長の真山徹(香川照之)から二日後に蒲田支店に臨店が入るとの連絡があり、支店に戻るように指示を受けるのでした。



片岡はYCS担当者の平正樹(井之脇海)と共に必死で社長の米山を探します。

そしてついに米山(平山浩行)を発見し、何とか臨店までに融資金を回収することができました。

しかし、臨店初日に検査部次長の鮫島正義(小手伸也)から「YCSの件は横山に報告しておいた」と言われてしまいます。

さらに最終日、収支の計算が合わないと指摘されます。

ある町工場の返済の延滞報告書が一つ見当たらないと言うのです。

そして、融資金を直ちに全額回収してくるようにと滝川に指示。

滝川が報告書を隠したことを鮫島は見抜いていたのです。



その町工場は滝川が本部から蒲田支店に異動して初めて担当した所でした。

滝川は思い入れの強いこの町工場をどうしても守りたくて延滞報告書を隠してしまったのです。

それを聞いた片岡は支店統括部の部長に掛け合うことにしました。

しかし、支店統括部部長の宿利雅史(酒向芳)からは「それは無理だ」ときっぱりと断られてしまうのでした。

それでも諦められない滝川は、五郎丸商会に取引を再開してくれないか交渉を始めます。



片岡は真山に言われて半期業務目標を発表することに。

「純増100億円」と聞いて真山らは驚きます。

実は真山は蒲田支店を廃店にすることを前支店長から聞いて知っていました。

そして行員がリストラになるかもしれないことも。

真山は本店に逆らったら自分たちの身が危なくなるから頑張らない方が良いと考えていました。

そのために滝川に協力することも反対していたのです。

「今を諦めるのは未来のためだと思いましょう」と言われた片岡は悩んでしまうのでした。



滝川は何度も五郎丸商会に通ってやっと良い返事をもらうことができました。

融資が継続になったと聞いて片岡は喜びますが、羽田支店がその融資をすることになったのです。

それが横山の指示だと知った片岡はやるせない気持ちになります。

横山のやり方に納得できない片岡は、頑張らせて欲しいと頭を下げます。

さらに「ノルマを達成して廃店にしたくない店舗にしてみせる」と言ってその場を去りました。

冷静になった片岡は、自分がした事の重大さに気付きます。

しかし、もう後戻りはできないところまで来てしまいました。

そんな片岡の姿を真山は遠くから静かに見ていました。


2話のあらすじはこちら
集団左遷2話あらすじネタバレ!蒲田支店に本部からの報復が


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「集団左遷」1話のあらすじをネタバレで紹介しました。

福山雅治さんが日曜劇場に初主演。

さらに香川照之さんと「龍馬伝」以来9年ぶりのタッグを組みます。

2人の息の合った掛け合いもドラマの見どころの一つになりそうですね。


1話の動画を見逃した人はこちら
集団左遷・動画1話から最新話までをまとめて無料視聴する方法を紹介!