ここでは、ドラマ「獣になれない私たち」に登場するクラフトビールについて紹介しています。

ドラマ内で主人公の深海晶が行きつけで通っているビールバー「5top」。

ここでは、クラフトビールが飲めるのですが、実際に存在するのでしょうか?

見ていると飲みたくなったので調べてみました。


けもなれの視聴率は?
ドラマ視聴率ランキング2018秋10月~12月!【最新版】


スポンサーリンク


1話で登場したクラフトビールは?実在する?


ドラマ「獣になれない私たち」(以下けもなれ)の1話ラストで、主人公の深海晶がクラフトビールを飲みまくるシーンがありました。

そのときに登場したビールの名前がこちら。


レアード ペールエール
志賀草原 ポーター
しかとら セゾン
京都みのる IPA
太平洋倶楽部 ヴァイツェン


クラフトビールの名前は確かに実在しますが、ブルワリーは架空の名前のようです。

ただ、「志賀草原」も「志賀高原」という実在するものがあるので、ちょっとパロディっぽく名付けているみたいですね。

「しかとら」も「うしとら」ならありました(笑)


獣になれない私たちに登場した銭湯の場所はどこ?4話のあらすじも


スポンサーリンク


最終回で飲んでいたビールは?

最終回で晶と恒星が久しぶりに再会した場所がビール工場でした。


最終回のロケ地や内容についてはこちら
獣になれない私たち・ネタバレ最終回!晶たち5人のラストは?ロケ地情報も

そこで飲んでいたビールというのが、ドラマ内で5tapの2周年記念でも飲まれていた「ナインテイルドキャッツ」と呼ばれるビール。

これはおそらく那須高原ビールの「ナインテイルドフォックス」をモデルにしていると思われます。

ナインテイルドフォックスはヴィンテージビールで、ワインのように何年ものなどと呼ばれて販売されています。

平成最後の2018年ものも人気があるようなので、気になる人はチェックしてみてください。

那須高原ビールの公式サイトへ


スポンサーリンク


ドラマ内に登場するクラフトビールについて


クラフトビールとは小規模ビール醸造所で造っているビールのことです。

キリン、アサヒなどの大手ビールメーカーが造っていないビールで、いろんな種類があるのが特徴です。

ちなみに、ビールは大きく分けると「エールビール」と「ラガービール」の2種類あります。

ラガーはスッキリとした飲みやすさが特徴で、日本のビールはほとんどがラガービールです。

一方のエールはフルーティで香りが豊かなのが特徴。

どちらも原材料は麦芽・ホップ・酵母・水ですが、酵母が違います。

エールは「エール酵母」、ラガーには「ラガー酵母」が使われます。

この酵母の違いで味わいや香りが変わってくるのです。



「けもなれ」1話で登場したビールでは、ペールエールというのがクラフトビールの中では入門的なビールです。

そして、最近人気のクラフトビールがIPA(アイピーエー)

これはペールエールをもっと強くしたビールで苦みが強いです。

ヴァイツェンは、小麦から作られたビールでフルーティな香りで苦味がないのが特徴。


ポーターは黒ビールのことで、スタウトと言われています。

ギネスビールが有名ですよね。


セゾンはベルギーの農家で造られているビールのことで、ほんのりとした酸味とフルーティな味わいが特徴のエールビールです。


ドラマのキャストについてはこちら。
ドラマ「獣になれない私たち」キャストとあらすじ!新垣結衣×野木亜紀子のコンビが復活

まとめ


ドラマ「獣になれない私たち」で登場するクラフトビールについて紹介しました。

新垣結衣さん演じる晶が仕事で疲れたあとに飲むビールは格別に美味しそうです。

ぜひ、ドラマを見る時はクラフトビールを飲みながら見てください。


放送を見逃した人はこちら。
「獣になれない私たち」の動画を無料視聴する方法を紹介!