ここではドラマ「アンナチュラル」8話に登場するキャストについて紹介しています。

8話では、雑居ビルで発生した火災で亡くなった焼死体がUDIラボに10体も運ばれてきます。

ミコト(石原さとみ)たちはヘルプできた坂本(飯尾和樹)とともに解剖を進めていきます。

そして、その火災現場で唯一の生き残った男性がいるのですが、その入い先の病院に六郎の父親がいます。

六郎の父親とはどういう人物なのでしょうか。

また、ゴミ屋敷の主人という新たなキャラも登場します。

ここでは8話で登場するキャストを紹介したいと思います。




スポンサーリンク


六郎の父・俊哉役に伊武雅刀


六郎の父・俊哉を演じるのは伊武雅刀さん。

伊武雅刀さんは1949年3月28日生まれの俳優、声優。

1967年に放送された「高校生時代」でテレビドラマに初出演。

当初は俳優としてより、声の良さを買われ声優としての仕事が多かったようです。

その代表作が、宇宙戦艦ヤマトで登場するデスラー総統。

実は、伊武雅刀さんは島大介役を受けて落ちてしまったのですが、その代わりにデスラー総統役に選ばれました。

そのため、最初は投げやりな口調で演じていたのですが、逆にそれが評判が良かったという逸話があります。

俳優としては1995年の「星の金貨」、2003年の「白い巨塔」、2006年の「のだめカンタービレ」など様々な役をこなしています。



アンナチュラル8話では、窪田正孝さん演じる六郎の父で、帝日大学病院の医師であり教授の俊哉を演じています。

俊哉は息子の六郎が医師になることを悩んでいるのが理解できず、法医学に対してはあまり良いふうには思っていません。

六郎は父にどうやって立ち向かうのでしょうか。



スポンサーリンク


ゴミ屋敷の主人役にミッキー・カーチス


神倉(松重豊)の将棋の師匠で、ゴミ屋敷の主人・ヤシキを演じるのはミッキー・カーチスさん。

ミッキー・カーチスさんは1938年7月23日生まれの歌手で俳優。

戦後の日本で音楽活動をし、ロカビリー3人男と呼ばれ人気を博しました。

また、俳優として映画にも出演。

1996年公開の「スワロウテイル」、1998年公開の「お墓がない!」など多数出演。

「カルテット」「やすらぎの郷」などのドラマにも出演しています。



8話ではゴミ屋敷の主人役を演じています。

ゴミ屋敷になったのは奥さんが亡くなってから。

遺体の身元を判明したにもかかわらず、引き取らずにいる主人。

引き取らないことで亡くなったことを受け入れないという悲しい現実をさらりと描かれていましたね。

実は、主人は将棋で神倉に負けたら引き取ろうとしていたのですが、神倉が弱くてなかなか引き取れないでいるとのことでした。



スポンサーリンク


三郎役に一ノ瀬ワタル


三郎役を演じたのは一ノ瀬ワタルさん。

一ノ瀬ワタルさんは1985年7月30日生まれの元プロ格闘家で俳優。

見た目が非常にインパクトがある一ノ瀬ワタルさんは、出演作品も格闘ものが多いです。

また、意外なところでドラマ「99.9」にタクシー運転手役で出演していました。

8話では、火災現場で最後まで救助活動をし助けを待っていました。

火災が起きたビルは三郎にとって帰る場所で、実家に帰れない三郎にはなくてはならない場所でした。

だからこそ、頭蓋骨骨折していても必死に救助をしていたんです。

そのことがUDIラボの死因解明でわかり、両親に伝わったことがせめてもの救いでしたね。


火災で亡くなった三郎の父親役に木場勝己


8話では火災で亡くなった焼死体が10体ありました。

そのうちの最後まで身元がわからなかった遺体・三郎さんの父親役として木場勝己さんが登場。

三郎は若い頃、悪さをしてばかりで逮捕歴があるどうしようもない人でした。

そのため、火災で亡くなった時も、ろくでもない死に方だと父親は言っていました。

ところが、ミコトたちの死因究明の結果、三郎の傷は事故で起きたもので、その上、火災現場に自分から入っていき中にいた人たちを必死に助けようとしていたことが分かりました。

結末は悲しいものでしたが、三郎の最後の姿に両親は涙しました。


火災現場の生き残りの男性役に尾上寛之


火災現場で唯一生き残り、六郎の父が勤める病院で治療を受けていた男性役で尾上寛之さんが登場しました。

尾上寛之さんは1985年7月16日生まれの俳優。

2008年放送の「ROOKIES」では今岡忍を、朝ドラ「ひよっこ」では角谷太郎を演じていました。


スナックの店員役に瑛蓮


三郎が通っていたスナックの店員役を演じたのは瑛蓮さん。

瑛蓮さんは1983年4月22日生まれの女優。

2014年放送の「花咲舞が黙ってない」では坂田美由紀を、2016年放送の「ゆとりですがなにか」では道上ユカを演じていました。


まとめ

ドラマ「アンナチュラル」8話のキャストを紹介しました。

松重豊さん演じる神倉のセリフで「人はたまたま生きている」がありました。

このセリフは、お腹が痛いといって突然亡くなられた大杉漣さんのことを思い出させますね。


第1話から最終話までの動画を無料で視聴できる方法は?
アンナチュラル動画第1話から最終話までを無料視聴する方法を紹介!


スポンサーリンク