ここではドラマ「アンナチュラル」6話で登場したキャストを紹介しています。

6話では、なんとヒーロー戦隊や仮面ライダーに出演していた俳優たちが多く出演しましたね。

ここでは、6話のキャストを紹介したいと思います。




スポンサーリンク

6話の犯人役は?

6話では、ミコト(石原さとみ)の同僚・東海林(市川実日子)が殺人容疑にかけられ、警察から逃げながら、死体の痕跡から真犯人をさがすというストーリーでした。

その6話で中心になったのが4人の男性です。

まず1人目は、東海林が一夜をともにしたとされる権田原。

権田原を演じたのは、「仮面ライダーオーズ/OOO」で 仮面ライダーバースを演じた岩永洋昭さん。


岩永洋昭さんは、市川実日子さん演じる東海林と同じ高級ジムの会員で、合同パーティーに参加していました。

そして、東海林に(睡眠薬入りの)お酒を飲ませホテルに連れ込みました。

しかし、ホテルの部屋に着いてから殺害されたため、おそらく関係は持っていないはず…。

鍛え上げられた肉体が見られなかったのは残念ですが、死顔もイケメンでしたよね。



2人目は細川を演じた中野剛さん。

中野剛

この方は残念ながらヒーロー作品には出演していませんが、「トドメの接吻」や「FINAL CUT」などいま放送中のドラマにたくさん出演しています。



そして、3人目は真犯人の岩永を演じた竹財輝之助さん。

竹財輝之助さんは、仮面ライダー剣で白井虎太郎を演じていました。

竹財輝之助さんは2004年に「仮面ライダー剣」で俳優デビューし、2007年の映画「未来予想図 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜」では数千人の応募の中から、オーディションを突破し、松下奈緒の相手役に選ばれました。

その後もドラマや映画に数多く登場、最近では「奥さまは、取り扱い」に出演していました。

今回「アンナチュラル」6話では企業家として登場し、自身の会社の製品を使って2名を殺害しました。

イケメンなうえにITも強いなんて、怖いものなしですよね。



最後の4人目は立花を演じた鈴木裕樹さん。

鈴木裕樹さんは「獣拳戦隊ゲキレンジャー」で主役の漢堂ジャン(ゲキレッド)を演じていました。

鈴木裕樹さんといえば、イケメングループ「D-BOYS」のメンバー。

D-BOYSといえば、以前城田優さんや中村優一さんがいたグループ。

吉木りささんと結婚した和田正人さんもD-BOYSですよね。



ここまでもヒーロー作品に出演した人が集まったのは珍しいですよね。

これはわざとキャスティングしたんじゃないでしょうか!?

最近の仮面ライダーはイケメンが多いので、6話は女性にとって魅力的な回だったかもしれませんね。



ちなみにレギュラーで出演している竜星涼さんも「獣電戦隊キョウリュウジャー」で主役の桐生ダイゴ(キョウリュウレッド)を演じていました。


6話では竜星涼さん演じる木林も、車を疾走させるという大活躍をみせていましたね。


6話のあらすじ


高級ジム主催の合コンパーティーに参加した東海林は、翌朝見覚えのないホテルのベッドで目を覚まします。

隣には昨夜の合コンに参加していた権田原が。しかも死んでいる!

混乱した東海林は、ミコトに連絡をしホテルに来てもらいます。

しかし、ミコトが詳しい状況を聞くのですが、東海林は店を出た後の記憶がなく、気付いたら朝だっと話します。

そんな中、ミコトは権田原の遺体を見て、窒息死したことに気づきます。

一方、UDIでは、中堂と六郎が道端で突然死した男性の解剖を行っていました。

その男性というのが、なんと権田原と同じ高級ジムの会員で学生時代からの友人の細川でした。

警察は連続殺人事件とみて捜査を始めていて、その容疑者として疑われているのが権田原と一緒にいた東海林だったのです。

東海林は警察に見つからないよう逃げ、ミコトらとともに容疑を晴らすため死因を探すのですが…。




スポンサーリンク

まとめ

ドラマ「アンナチュラル」6話に登場したキャストを紹介しました。

ここまでイケメンがそろった回はないのでは?と思います。

5話がかなり重い話しだっただけに、今回は少しスカッとするシーンがあったように思います。

ミコトと東海林の関係性も女子らしくないさっぱりしたもので見ていて気持ちよかったです。

中堂さんもかなり丸くなって、なんだかチームワークがよくなってきましたが、六郎が心配ですね…。




スポンサーリンク