ここでは、ドラマ「QUEEN」5話のあらすじをネタバレで紹介しています。

5話では、経済評論家のコメンテーター・木村よう子が事務所にやって来ます。

木村はタレントで夫の中山昌平と離婚したいが応じないため、氷見たちに離婚に応じさせるように依頼します。

離婚の理由は夫のDVのようですが、実は夫には隠された秘密がありました。

ここでは「QUEEN」5話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


QUEEN5話ネタバレ

経済評論家であり、鬼嫁コメンテーターとして活躍している木村よう子(遠野なぎこ)は夫が離婚に応じてくれないから何とか離婚を成立させて欲しいと、氷見(竹内結子)たちを訪ねてきた。

氷見は離婚専門の弁護士を呼ぼうとするが、夫にDVを受けているため危機管理部にお願いしたいと言うのだった。

木村の腕には大きなアザがあった。

木村は裁判や調停をせずに、すぐに夫と縁を切りたいと主張。

危機管理部は長期休みに入る予定でしたが、木村の強い要求により仕方なく依頼を受けるのだった。



与田(水川あさみ)は週刊文新の記者である東堂裕子(泉里香)に協力を依頼することに。

中山(デビット伊東)は文新に記事が出たことで世間から大バッシングを受けてしまう。

それを受けて中山が生配信で釈明をおこなうことに。

中山はDVは事実無根であり、離婚するつもりはないと主張するのだった。

さらに木村のことをまだ愛していると言うのだ。



木村が何かを隠していると考えた氷見たちは木村と中山の周辺を調査することに。

真野(斉藤由貴)はボディガードとして木村の家に潜入する。

そこで木村の携帯を調べると、腕のアザを自分でつけていたことがわかった。

一方、氷見と与田は中山の後をつけていた。

すると中山が高級ジュエリーを購入している現場を目撃する。

その帰り道に借金取りに追われた中山を氷見たちが助けるのだった。

そして、中山に離婚しない理由を尋ねると、妻を愛しているの一点張り。

しかし、ジュエリーを渡す相手を尋ねると言葉を濁すのだった。



そこで藤枝(中川大志)が中山の自宅を張り込んでいると、不倫現場を抑えることに成功する。

木村は中山が不倫していることを知って離婚をしたがっていたのだ。

しかし木村の立場上、仕事に影響が出ることを恐れて離婚は公にしたくないと主張する。



しかし、本心は違っていた。

中山の不倫相手とされている女性は神田貴理子(冨樫真)という拝み屋で、中山はその女性に洗脳されていた。

木村は、中山が洗脳されたのは自分のせいだと責任を感じていたのだ。

離婚して突き放すことで中山が目を覚ましてくれるかもしれないと思い、離婚を切り出したのだった。

それを聞いた氷見は木村に不倫を持ちかける。

木村が不倫をしたことで仕事が激減すれば、神田は中山に離婚を勧めてくると言うのだ。

そして中山から離れていくと氷見は考えていた。



氷見の計画通り、木村の不倫現場がニュースになり木村は謝罪会見を開くことになった。

そして莫大な慰謝料を支払って中山との離婚が成立する。

一方、真野は神田に美味しい話があると嘘のメールを送り、神田はまんまとその話に乗って金融商品取引法違反で逮捕されるのだった。



木村は中山に「もう一度やり直したい」と伝え、二人は新たな人生をスタートさせることに。



その頃、氷見は東堂と会っていた。

東堂はフリーランス記者の茂呂(佐野岳)から「氷見さんには気をつけろ」と言われたのが気になっていた。

その後、茂呂は姿を消してしまい、連絡も取れないことから氷見が何か関係していると考えていた。

それを聞いた氷見は意味深に笑って去って行くのだった。



6話のあらすじはこちら
QUEEN(ドラマ)6話あらすじネタバレ!秘書の秘密とは?


スポンサーリンク


5話のゲストキャスト

木村よう子・・・遠野なぎこ

中山昌平・・・デビット伊東



詳しいキャストの情報はこちら
QUEEN5話キャスト!拝み屋・神田貴理子役は?不倫相手のイケメンは?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「QUEEN」5話のあらすじをネタバレで紹介しました。

今回も芸能人がたまに陥ってしまう「洗脳」がテーマになっていました。

この問題を氷見の巧みな戦術で解決していくところは、けっこうスカッとしましたね。

回を追うごとに氷見の戦略がすごくなっているようにも感じます。

それを支える与田、真野、藤枝も、いい味を出していますよね!



5話を見逃した!もう一度見たいなら…
QUEEN(ドラマ)動画5話を無料で視聴する方法を紹介!






スポンサーリンク